ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

病害虫

カイガラムシの種類と駆除、予防方法

更新日:

カイガラムシ

カイガラムシは、植物の分布するほぼ全ての地域に特有の種類が分布する、果樹や庭木の重要な害虫となる昆虫です。
一口にカイガラムシと言っても形態や生態は様々で、非常に多くの種が日本にも分布しています。
東京農業大学河合省三教授による「日本原色カイガラムシ図鑑」には、およそ400種のカイガラムシが記載されていますが、実際にはその倍近くの種が存在すると推察されています。

ここでは、日本で多く見られるカイガラムシの種類と生態、被害や駆除・予防方法などについて紹介しています。

スポンサーリンク

カイガラムシの生態

カイガラムシとは、カメムシ目ヨコバイ亜目腹吻群カイガラムシ上科に分類される昆虫の総称です。
分布の中心は熱帯・亜熱帯地域ですが、地球上で植物が分布するほぼすべての地域で特有の種が生息していると言われています。

カイガラムシの生態

カイガラムシは、糸のように細い口吻を植物の幹や茎などに差し込んで、養分を吸汁しながら生活しています。
多くの種は移動せずその場で養分を継続摂取しているため、足が退化する傾向にあります。
※生涯を通じて移動できる種もいます。

カイガラムシというと堅い殻を背負った虫をイメージしますが、植物に固着して生活しているのは雌成虫で、雄はサナギになって変態し、一対の羽を持った成虫になります。
雄成虫の口は退化しおり、寿命は数時間から数日で、交尾を終えるとその生涯を閉じます。
※カイガラムシの中には雄の見つかっていない種も多くあり、これらの種は雌だけによる単為生殖によって繁殖しているとされています。

交尾を終えた雌は産卵しますが、卵は綿につつまれたような形状のもの、殻の下に産卵するもの、雌成虫の体内で成長し生まれると同時に羽化するものなど様々です。
幼虫は1㎜前後と小さく、注意していてもなかなか目にすることはありません。

カイガラムシのカラ

多くのカイガラムシが背負っているカラのようなものは、虫体被覆物と呼ばれます。
虫体被覆物の主成分は余った養分と排泄物で、ロウ質の分泌物となりカイガラムシの体表から分泌されています。
カラを被っていないように見えるカイガラムシもいますが、その体の表面はロウ質の分泌物で薄くコーティングされています。

カイガラムシの種類

非常に多くの種が存在するカイガラムシですが、雌成虫の形態・生態によって大きくいくつかの科に分類されています。
ここでは比較的よく目にするカイガラムシの種類について紹介しています。

ハカマカイガラムシ

ハカマカイガラムシ

Photo credit: treegrow via VisualHunt / CC BY

最も原始的なカイガラムシのグループと言われています。
やや硬い白い石膏のようなロウ物質で覆われているのが特徴で、カイガラムシの中では非常に立派な脚を持っています。
ただ歩行はあまり得意ではなく、ゆっくりとぎこちなく歩きます。

日本では現在7種の生息が記録されていますが、落葉した葉の下や土中で生活している種もあり、大きな問題となることはありません。

ワタフキカイガラムシ(イセリアカイガラムシ)

ワタフキカイガラムシ(イセリアカイガラムシ)

雌成虫は体長5㎜程度。
体は赤みを帯びた楕円形の部分で、成熟すると後ろに白いロウ物質に包まれた卵のうを有します。
ミカンなどの柑橘類に多く見られますが、ナンテンやモッコクなど約300種と多様な樹木に寄生し、被害を与えます。
原産地はオーストラリアですが、現在では世界中に分布しています。
日本には明治40年代に、苗木について侵入したとされています。

口針を植物に挿して付着していますが、その他の部分はくっ付いている訳ではないので、指で動かすと脚を確認することも出来ます。
羽を有する雄成虫もいますが、ほとんどの場合は雌のみによって繁殖しています。

ミカンなどの柑橘類に壊滅的な被害を与える害虫ですが、現在では天敵であるベダリアテントウの導入によってその数は減少しています。

ベダリアテントウ

ベダリアテントウ

Photo credit: Eran Finkle via VisualHunt / CC BY

オーストラリア原産のテントウムシの仲間で、ワタフキカイガラムシを捕食します。
世界中の柑橘類の栽培地で導入され、密柑栽培を救ったと言われるテントウムシです。

コナカイガラムシ

コナカイガラムシ

Photo credit: entophile via Visual hunt / CC BY

雌成虫は体長3~4㎜程度。
体は楕円形で、白いロウ物質に覆われ、粉を吹いたように見えます。
カイガラムシの中では珍しく、成虫になっても歩行移動します。
葉や果実に寄生して吸汁します。
柑橘類に多く発生し、栽培地では深刻な被害をもたらします。

温室内で栽培されている柑橘類に発生しやすいミカンカイガラムシ、柑橘類に発生するミカンヒメカイガラムシなど、多くの種が分類されており、柑橘類に限らず多様な樹木に寄生します。

露地栽培の場合、幼虫の発生は主に6月中旬~下旬、8月中旬~下旬です。

天敵のクリプトテントウ

クリプトテントウ

Photo credit: gbohne via Visualhunt.com / CC BY-SA

幼虫はコナカイガラムシに擬態しています。
よく似ていますが、裏返すと頭がはっきりと見えるので区別することが可能です。

カタカイガラムシ

体が厚いロウ物質で覆われているカイガラムシのグループです。
多様な形態の種が分類されています。

ルビーロウムシ

ルビーロウムシ

体長4~5㎜で、カキや柑橘類、ツバキ、サザンカ、月桂樹、ヒサカキ、モッコク、チャなど多様な樹木に発生します。
ルビーロウムシが発生するとほとんどの場合、すす病を誘発します。
幼虫の発生は6月頃です。

ツノロウムシ

ツノロウムシ

Photo credit: treegrow via Visualhunt.com / CC BY

体長6~9㎜で、カイガラムシとしては大型です。
ロウ物質は灰白色で、未成熟の時には周囲に8つの突起がありますが、成熟と共に丸みを帯びます。
カキや柑橘類の他、多くの樹木に寄生し、すす病を誘発します。
幼虫の発生は6月頃です。

タマカタカイガラムシ

タマカタカイガラムシ

体長4~5㎜で、ウメやサクラ、アンズ、スモモ、リンゴなどバラ科の植物に寄生します。
幼虫の発生は5月~6月です。
アカボシテントウが天敵で、タマカタカイガラムシが大量発生した時にはアカボシテントウも多数発生します。

ヒラタカタカイガラムシ

ヒラタカタカイガラムシ

体長3~4㎜で、柑橘類、ラン類、チャ、月桂樹、ヤツデなどに寄生します。
極めて広食性で、上記以外にも様々な植物にみられるカイガラムシです。
写真はクリスマスローズの葉に寄生している様子です。

カラは扁平な形で、成熟すると中心に暗褐色の斑紋が現れます。

他にも、タマカイガラムシ、ヒモワタカイガラムシ、オオカタカイガラムシなど、多様な形態の種がカタカイガラムシ科に分類されています。

その他のカイガラムシ

カイガラムシの種類は非常に多く、カラを持たない種や、カラの代わりに袋のようなものの中に入っている種もあります。
カイガラムシの分類学的な研究は遅れており、専門家の間でも意見の一致が得られていないものも多々あります。

スポンサーリンク

カイガラムシの症状と被害

カイガラムシは、植物の枝や幹、葉に付着して吸汁して生活しています。
楕円形やお椀型、扁平な円形で一見して昆虫には見えませんが、つぶすと色の付いた体液が出ます。

寄生された植物は生育に必要な養分を奪われるため生育が悪くなったり、数が多い場合は枝枯れを起こしてしまいます。
またカイガラムシそのものが植物の美観を損ねることも問題になります。

その他に大きな問題となるのが、カイガラムシが寄生することで誘発する植物の病気です。

すす病

カイガラムシの排泄物や分泌液には、植物から摂取した余剰な糖分が多量に含まれています。
この糖分を栄養源として、すす病が発生します。

▼カイガラムシの発生ですす病にかかったツバキ

すす病

すす病にかかった植物は、枝や幹、葉が黒いすすのようなもので覆われ、大きく美観が損なわれます。
また、すすに覆われた葉は光合成が阻害されるため、生育にも影響を及ぼす病気です。

すす病に対する直接的な対策は無く、原因となる吸汁性害虫を駆除することが唯一の対策となります。
すす病はカイガラムシの他、アブラムシやコナジラミなどの吸汁性害虫の排泄物からも誘発されます。

こうやく病

カイガラムシの一部の種では、こうやく病菌と共生して樹木にこうやく病を引き起こすことが知られています。
こうやく病は、カビの仲間であるこうやく病菌によって引き起こされる樹木の病気です。

発病すると、枝や幹の表面に分厚いフェルトのようなカビが生えます。
色は灰色、茶褐色、黒褐色などで、初期には円状ですがやがて幹を包むように広がり、上下にも増殖していきます。
カビに覆われた枝は美観が損なわれるだけでなく、生育も衰え、枝枯れが目立つようになります。

こうやく病は単独で発生することがありますが、カイガラムシによって媒介されていることが多い病気です。
発病した場合は、病変箇所を取り除き、殺菌癒合剤を塗布しますが、発生原因となっているカイガラムシの防除が大切な対策となります。

カイガラムシの防除

カイガラムシは成虫になってしまうと分泌するロウ物質に覆われてしまうため、薬剤の効果の薄い害虫です。
特に堅いロウ物質に覆われている種は、薬剤の効果はほとんど期待できません。
幼虫の時期であれば薬剤を散布することによって駆除することが出来ますが、カイガラムシの発生に気付くのは残念ながら、成虫が葉や枝に付着した段階、あるいはすす病を発病した段階です。

カイガラムシの成虫の駆除

基本的な駆除方法は捕殺です。
気持ちの良い作業ではありませんが、薬剤の効きにくい成虫に対しては最も効果的です。
枝や幹に付着しているカイガラムシを、ヘラやブラシを使ってこすり落として下さい。
傷ついたカイガラムシからは体液が出てくるので、手袋を装着して作業を行います。

剪定可能であれば、密に発生している箇所を剪定してしまうのもひとつの方法です。

その後、成虫にも効果が期待できる浸透性のある薬剤を使用して下さい。
ただし堅いカラを持つタイプのカイガラムシには薬剤の効果はほとんど期待できません。
成虫を見つけたらこすり落とす作業を繰り返すことになります。

カイガラムシの幼虫の駆除

幼虫であれば薬剤がよく効きます。
幼虫の発生時期は種によって異なりますが、おおむね5月~7月の時期に一度は産卵し羽化します。
この時期に薬剤を使用することによって、カイガラムシを幼虫の時期に駆除することが出来ます。

5月~7月の間に2~3度、オルトラン水和剤やアクテリック乳剤、アプロード水和剤などを使用して下さい。

カイガラムシの予防

一度カイガラムシが発生すると、ほとんどの場合翌年も発生します。
冬の間に薬剤を使用して翌年の発生を防ぎます。
冬季は植物が休眠状態にあるため、比較的強い薬剤を使用することが出来ます。

使用するのはマシン油乳剤です。
マシン油乳剤は機械に使う潤滑油を乳化させたもので、昆虫が呼吸をしている気門を塞いで窒息させる効果があります。
成虫で越冬中のカイガラムシにも効果が期待できる薬剤です。

12月~2月の晴れた日を選んで丁寧に散布して下さい。
冬の時期に何度か散布することで、カイガラムシの発生を予防することが出来ます。

※マシン油乳剤は落葉樹と常緑樹で濃度が異なります。
同時に散布する場合は、薬害が出る恐れがあるので常緑樹の濃度に合わせて下さい。
薬液が残っても二度まきをしてはいけません。

-病害虫

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.