ツゲとイヌツゲの違いって?これで間違えないツゲとイヌツゲの見分け方

イヌツゲとツゲの違い

ツゲとイヌツゲの違いが分かりますか?
葉の形や大きさが非常に似ているため、一見見分けるのが困難なように思われます。

非常によく似た樹木ですが、ツゲはツゲ科ツゲ属、イヌツゲはモチノキ科モチノキ属に分類される全く類縁関係のない植物。
ツゲは非常に成長が遅く硬く強度のある性質で、将棋の駒や櫛、算盤の珠や細工物などの材料として用いられる高級木材です。
対してイヌツゲは、成長が早く木材としては役に立たないということから「イヌ」の名を冠することになりました。

そんなイヌツゲですが庭木としては優秀です。
栽培が容易で刈り込みにも耐えるため、生垣やトピアリーによく利用されます。
でもツゲも生垣になっていたりするんですよね(笑)
盆栽や庭木としてイヌツゲが「ツゲ」と呼ばれることもあり、ヤヤコシイことこの上ない…!

そんなツゲとイヌツゲが簡単に見分けられる、両種の違いを解説していきます。

イヌツゲとツゲの違い

よく似たツゲとイヌツゲですが、ポイントさえ押さえれば容易に見分けがつきます。

ツゲの花

ツゲの花の様子

花期は3月~4月。
雌雄同株で淡黄色の花弁のない小さな花を付けます。
花は中心に雌花が1個あり、それを取り囲むように数個の雄花が密生します。

イヌツゲの花

イヌツゲの花

花期は初夏から秋。
白い花弁の小さな花をつけます。
雌雄異株で雄花には4本の雄しべ、雌花には4本の雄しべの中心に雌しべがあります。
ちなみに上の写真は雄花です。

果実

ツゲの果実

ツゲの果実

丸い果実の先には、雌しべの3本の花柱が、角のように残るのが特徴です。
種が熟すと果実は3裂し、種が放出します(裂果)。

イヌツゲの果実

マメツゲの果実

果実は丸く、角はありません。
皮に囲まれた果肉の中に種があります(核果)。
果実は秋になると黒く熟しますが、熟しても割れません。

花も果実もない時期でも簡単に見分けることができます。

ツゲの葉

ツゲの葉の様子

葉は対生です。
枝の同じ高さから向き合うように2枚の葉が出ます。

イヌツゲの葉

イヌツゲの葉の様子

葉は互生です。
葉の出る位置が一枚ずつずれています。

まとめ

葉の形や大きさが非常に似ているツゲとイヌツゲ。
遠目からではなかなか判別し辛い両種ですが、近くで見ると大きな相違点があります。
これであなたもツゲ&イヌツゲマスター!

公園などでも時々イヌツゲを「ツゲ」と表記しているのを見かけます。
そんな時は心の中で「それイヌツゲだし」と呟いて下さい(笑)

関連図鑑

-トピックス

© 2021 ガーデニングの図鑑