ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

低木 庭木

ルリヤナギの育て方

更新日:

学名…Solanum glaucophyllum(Solanum melanoxylon)
和名…ルリヤナギ(瑠璃柳)
別名…リュウキュウヤナギ(琉球柳)
科名…ナス科
属名…ソラナム属
原産国…南アメリカ
花色…薄紫色
樹高…1m~2m
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:Not Applicable

ルリヤナギの特徴

ルリヤナギ

ルリヤナギは、南アメリカに分布するナス科の小低木です。
ブラジル南部、ボリビア、アルゼンチン北部、パラグアイ、ウルグアイに分布しており、日当たりの良い池や沼のほとりのやや湿り気のある土壌を好んで自生しています。
日本へは江戸時代に渡来しています。
琉球をへて入って来たことから「リュウキュウヤナギ」の別名を持ちます。
ヤナギと名前に付きますが、ヤナギの仲間ではありません。

ルリヤナギの花期は7月~9月。
花期になると上部の枝の先端に、散房花序を形成し、花径2.5㎝程度の花を下向きに数輪まとまって咲かせます。
花は先端が5裂しており、ナスの花によく似ています。
花色は薄紫のみ。

▼ルリヤナギの花

ルリヤナギ

葉は長さ10~15㎝程度の長い披針形で、やや白味を帯びた青緑色をしています。
ルリヤナギの名前は、この柳に似た葉姿と花色に由来しています。

▼ルリヤナギの葉

ルリヤナギ

樹高は1~2m程度に成長しますが、強剪定で小さく育てることも可能です。

耐寒性はあまり高くありませんが、関東地方以西では戸外での冬越しが可能で。
寒さで落葉したり、地上部が枯れてしまいますが、根が生きていれば春に再び芽吹きます。
※0℃以上の気温があれば常緑で冬を越します。

スポンサーリンク

ルリヤナギの育て方

ルリヤナギの育て方

栽培環境

日当たりの良く、水はけの良い場所が適しています。
強健な性質なので、土質も特に選ばなくて大丈夫です。

ナス科の植物で連作障害が出やすい性質です。
以前にナス科の植物を植えた場所には植えないようにして下さい。

庭植えで育てていると連作を嫌って地下茎で勝手に移動していきます。
スペースが無い場合は鉢植えで育てた方が無難です。

冬越し

0℃以上の気温があれば常緑で冬を越します。

関東以西なら戸外で冬越し可能ですが、落葉したり地上部が枯れたりします。
鉢植えの場合は、霜の当たらない場所に移動して下さい。
庭植えの場合は、霜よけを設置するか、株元を腐葉土や敷き藁で覆って、防寒対策を施します。
寒さで落葉した場合も、根が生きていれば春に芽吹きます。

苗が小さい場合は室内で管理した方が無難です。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
夏場の水切れには注意して下さい。
冬越し中の株はやや乾燥気味に管理します。

肥料

庭植えの場合は、元肥として用土に緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。
追肥の必要はほとんどありません。
生育が悪いようなら、春と秋に緩効性化成肥料を置き肥して下さい。

鉢植えの場合は、冬の休眠期を除いて緩効性肥料を月に1度程度、施して下さい。

植え付け、植え替え

適期は3月~5月です。

植え付け(用土)

庭植えの場合は、水はけが悪いようなら用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作っておきます。
さらに元肥として用土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで下さい。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え替え

ルリヤナギは連作障害の出やすいナス科の植物です。
鉢植えの場合は毎年新しい用土で植替えを行って下さい。

庭植えの場合は、同じ場所を嫌って地下茎で勝手に移動していきます。
移動した場所で育てるか、植替えを行って下さい。
同じ場所で育てていると、成長も遅く芽の出る数も減っていきます。

切り戻し、剪定

大きくしたくない場合は、花後に切り戻しを行って下さい。
かなり短く切っても芽吹きます。

次々と新しい芽が出てくるので、古い枝を取り除いて株を更新すると、低い樹高で楽しむことが可能です。

増やし方(挿し木、株分け)

挿し木、株分けで増やすことが出来ます。

挿し木

適期は6月頃です。

2~3節の長さで枝を切り取って挿し穂にします。
下の節の葉を取り除いて水揚げをしたら、挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して発根を待ちます。

株分け

掘り上げた地下茎を切り分けて植え付けて下さい。

病気、害虫

まれにコナジラミが発生することがあります。
見つけ次第駆除して下さい。

-低木, 庭木
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.