宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

低木 庭木

ランタナの育て方

更新日:

学名…Lantana
別名…シチヘンゲ(L. camara)、ランタナ・カマラ
科名…クマツヅラ科
属名…シチヘンゲ属(ランタナ属)
原産国…熱帯・亜熱帯アメリカ
花色…ピンク、白、赤、黄色、オレンジ、複色
草丈…30~200㎝
日照…日なた
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:10 to 11(L. camara)
USDA Hardiness Zone:8 to 10(L. montevidensis)

ランタナの特徴

ランタナ

ランタナの仲間は、アメリカ大陸、アフリカの熱帯地域に約150種が分布するにクマツヅラ科の植物です。
その形態は多岐に渡り、一年草から多年草、低木状に育つものまで様々です。
その中で観賞用として栽培されるのは、低木状に育つランタナ・カマラ種(Lantana camara)と、地面を這うように広がって育つほふく性のコバノランタナ(L. montevidensis)で、この2種を元に作出された園芸品種が流通します。

ランタナの花期は5月~10月。
※一定の温度があれば周年開花します。
花期になると、分枝した茎の上部の葉の付け根から花柄を伸ばし、先端に多数の小花が集まった半球状の花序を形成します。
花は漏斗状で先が4裂しており、花径1㎝にも満たない小さなものです。
花は咲き進むに連れて色が変化するため、一つの花序の外側と内側で花色が異なっています。
「シチヘンゲ(七変化)」の別名は、この花色変化に由来します。
※花色が変化しない品種もあります。

真夏はやや開花が鈍りますが、長い花期の間、花は次々と開花します。
花色はピンク、白、赤、黄色、オレンジ、複色。

▼ランタナの花

ランタナ

葉は、シソの葉に似た卵形で縁に鋸歯があり、対生します。
茎は分枝しながら草丈30~100㎝程度に成長します。
葉にライトグリーンの斑が入る斑入り品種もあります。

▼斑入り葉のランタナ

ランタナ

熱帯植物だけあって耐暑性は抜群です。
寒さにはやや弱く強い霜で枯れてしまうこともありますが、関東地方南部では戸外で冬越ししている例もあります。
安価な苗が流通しているので、冬越しをさせない場合は一年草として扱います。
耐寒性はあまりありませんが、丈夫な性質で病害虫の発生もほとんど無く、育てやすい植物です。

ランタナの主な品種

ランタナ・カマラ(Lantana camara)

ランタナ

中南米原産のランタナで、一般的にランタナというと本種を指します。
元来は中南米に分布する植物でしたが、現在では世界中の熱帯、亜熱帯地域に帰化植物として広がっており、その数は60か国以上にも及びます。
暖かい地域では急速に成長して茂みになるため、世界の侵略的外来種ワースト100に選定されています。
日本には江戸時代末期に渡来し、沖縄諸島、小笠原諸島で帰化植物として定着しています。

ランタナ・カマラは変化する花色が美しい品種です。
斑入り品種や白花品種、草丈の低い矮性種など、数多くの園芸品種が流通しています。
熱帯、亜熱帯地域では密に茂って樹高2m程度に成長するため、生垣などにも利用されます。

コバノランタナ(L.montevidensis)

コバノランタナ

南アメリカのブラジル、ウルグアイに分布するランタナの近縁種です。
現在ではアメリカ合衆国の南部の地域でも帰化植物として定着しています。

コバノランタナの名前の通り葉がランタナより小さく、枝は地面を這うようにほふくして横に広がります。
花色は薄紫、白、黄色。
カマラ種に比べるとやや寒さに強い性質です。

スポンサーリンク

ランタナの育て方

ランタナの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
日照時間が足りないと、花付きが悪くなります。
よく日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し

冬越しには5℃以上の気温が必要だと言われています。
常緑性の植物ですが、日本の寒さで冬場は落葉し、強い霜に当たると枯れてしまいます。

霜が降りない暖地の場合は、そのまま戸外で冬越し可能です。
霜の心配がある場合は、株元をマルチングし、霜よけを設置します。
鉢植えの場合は、同様の防寒対策をして、軒下などに移動して下さい。

熱帯植物のため、基本的に耐寒性はあまり高くありません。
心配な場合は、日の当たる暖かい室内で管理して下さい。
庭植えで株を掘り上げる場合は、霜の降りる前(少なくとも10月中)に鉢上げをして下さい。
その場合は、根を少し切り詰め、地上部の枝を1/2程度に切り詰めて株を小さくします。
冬越し中はやや乾燥気味に管理します。

越冬には5℃以上の温度が必要とされていますが、意外と戸外で冬越ししている株を見かけます。
ちなみに管理人宅(最低気温-3℃、積雪無し)、庭植えで防寒対策をして冬越しをしています。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
開花中は水切れしやすいので、特に夏場は注意して下さい。

肥料

庭植えの場合は、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込みます。
その後は、春と秋に緩効性化成肥料を置き肥して下さい。

鉢植えの場合は、5月~10月の生育期に、緩効性化成肥料を定期的に置き肥します。
株に多数の花が付いている場合は、液体肥料も併用して下さい。

植え付け、植え替え

植え付け

庭植えの場合は、水はけが悪いようなら用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
さらに元肥として、緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの一般的な配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。
あまり土質を選ばない植物なので、細かく気にする必要はありません。

植え替え

生育旺盛で根詰まりを起こしやすい性質です。
鉢植えの場合は、1~2年に一度は植え替えを行って下さい。
根鉢を軽く崩し、新しい用土で一回り大きな鉢に植え替えます。

庭植えの場合は、特に植え替えの必要ありません。

剪定

生育期間中の4月~11月であれば、いつでも剪定することができます。
萌芽力が強く、強い剪定を行ってもすぐに芽吹きます。

枝が長く伸びすぎているようなら半分程度に切り戻します。
一度に株全体を剪定してしまうと、花が付くまでにしばらく時間がかかります。
花が終わった枝の脇芽が出ている上の部分で切り戻して下さい。
小まめな剪定を行う事で、絶え間なく花を咲かせます。

9月中旬以降に剪定すると、年内には花が付かないので注意して下さい。

増やし方(挿し木)

挿し木で増やすことが出来ます。

挿し木

適期は5月~9月です。

枝を2節程度の長さに切り取って挿し穂にします。
下の節の葉を取り除いて、水揚げをしたら下の節が埋まるように挿し木用土に挿して下さい。
水を切らさないように明るい日陰で管理して、発根を待ちます。
1カ月ほどで発根するので、芽が伸び始めたり鉢上げをして下さい。

病気、害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-低木, 庭木
-, , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.