宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

中・高木 低木 庭木

スモークツリーの育て方

更新日:

学名…Cotinus coggygria
別名…ケムリノキ(煙の木)、ハグマノキ(白熊の木)
科名…ウルシ科
属名…ハグマノキ属
原産国…ヨーロッパ、ヒマラヤ、中国
花色…赤、ピンク、白、緑
樹高…3m~4m
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:5 to 8

スモークツリーの特徴

スモークツリー

スモークツリーは、ヨーロッパからアジアにかけて分布する、ウルシ科ハグマノキ属の落葉樹です。
分布域はイギリス、フランスからギリシャ、ウクライナからアゼルバイジャン、イラン、パキスタンの他、ヒマラヤ地域、中国などにあり、丘陵や山地の森、茂みの中に自生しています。
日本へは明治時代に渡来し、ユニークで印象的な花を咲かせることから、近年庭木として急速に普及しています。

スモークツリーの花期は6月~7月。
花期になると、枝先に円錐状の花序を出し、花径3~5㎜程度の小さな花を多数咲かせます。
花は5枚の花弁を持ち、淡い黄色をしています。
雌雄異株で、雌株の花の中心には雌しべ、雄株の花の中心には5本の雄しべがあります。

▼スモークツリーの花

スモークツリー

雌株では花後に花柄が長く伸びていき、不稔花の花柄には細かい糸状の毛が密生します。
スモークツリーの名前は、この長く伸びた花柄を持つ花序の様子に由来しています。
煙状に見えることから「ケムリノキ」とも呼ばれています。
※花後にスモーク状になるのは雌株の方で、雄株では花後に花柄は伸びず、スモーク状にはなりません。

▼スモークツリーの長く伸びた花柄の様子

スモークツリー

葉は倒卵形から円形で、枝に互生します。
葉色は緑葉のものから銅葉、黄金葉の品種があります。
樹高3~4mに成長しますが、2m程度に収まる矮性種も流通しています。
多くの品種は、秋には美しく紅葉します。

▼スモークツリーの葉の様子

スモークツリー

耐寒性、耐暑性に優れており、病害虫の発生もほとくどなく、育てやすい樹木です。
ただ、若木の内は樹形が整いにくく、剪定が難しい樹です。
成木になると横に広がって、自然と美しい樹形に整います。

スモークツリーの主な品種

グレース(Cotinus coggygria 'Grace')

スモークツリー

新葉は赤銅色で、成長と共に緑を帯びていきます。
新葉の枝先から下の方の葉へのグラデーションがまた何とも美しい樹です。
花柄は赤紫で花付きが非常に良く、成長が早いのが特徴です。

ロイヤルパープル(Cotinus coggygria ‘Royal Purple’)

スモークツリー ロイヤルパープル

新葉の濃い赤紫が本当に美しい品種で、銅葉の庭木の代表格です。
葉色は夏になるとやや緑を帯びますが、秋には美しく紅葉します。
花柄は赤紫ですが花付きはあまり良くありません。
成長はゆっくりで、ある程度成長しないとスモークにはなりません。

ヤングレディ(Cotinus coggygria ‘Young Lady’)

スモークツリー ヤングレディ

Photo credit: cultivar413 via Visualhunt.com / CC BY

木が小さな内から花を付け、花付きが非常に良いのが特徴です。
葉は緑で、花柄は淡緑から白、薄桃へと変化していきます。
秋には葉が赤紫色を帯び、銅葉種のような葉色に紅葉します。

リトルルビー(Cotinus coggygria 'Little Ruby')

スモークツリー リトルルビー

鮮やかな赤い花柄を持ち、大きくなっても樹高2m程度に収まるスモークツリーです。
日本で育成された品種で、木が小さな内からたくさんの花を付けます。
花付きが非常に良く、株を覆うように花が付きます。
新芽は赤味を帯びており、徐々に緑色になります。

ゴールデンスピリット(Cotinus coggygria 'Golden Spirit')

スモークツリー ゴールデンスピリット

Photo credit: cultivar413 via VisualHunt / CC BY

黄金葉のスモークツリーで、春の芽吹きの時期には特に美しく、新葉はライムグリーンに輝きます。
花はピンクで、秋には美しく紅葉します。

他にも様々な品種が流通しています。

スモークツリーの育て方

スモークツリーの育て方

栽培環境

日当たりが良く水はけの良い場所が適しています。
成長が早く、枝が横に張ります。
植え場所にはある程度の広さが必要です。
※矮性品種はそれほど大きくはなりません。

根を深く張らない性質なので、強い風の当たる場所は避けた方が無難です。

冬越し、夏越し

耐寒性、耐暑性ともに優れた樹木です。
栽培適地は北海道南部~沖縄です。

水やり

庭植えの場合は、植え付け直後は水やりをしますが、その後は降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
やや乾燥気味の環境を好むので、水のやすりぎに注意して下さい。

肥料

庭植えの場合は、元肥として用土に堆肥や腐葉土を混ぜ込んでおけば、追肥の必要はほとんどありません。
生育が悪いと感じるようなら、寒肥として12月~3月の間に、緩効性化成肥料を施して下さい。

鉢植えの場合は、寒肥として12月~3月の間に、緩効性化成肥料を施します。

植え付け、植え替え

11月~3月上旬が適期ですが、真冬の寒さの厳しい時期は避けます。

植え付け

庭植えの場合は、根鉢の2~3倍程度の植え穴を掘り、用土に腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきます。
植え付け後はたっぷりと水やりをし、棒などで突いて土を馴染ませて下さい。
必要であれば支柱を立てます。

鉢植えの場合は、赤玉土5・腐葉土3・川砂2などの配合土を使います。
根鉢を軽く崩して植え付けて下さい。

植え替え

鉢植えの場合は、根詰まりをしているようなら植え替えを行って下さい。

剪定

成長が早くよく茂るので、基本的に毎年剪定を行います。
適期は12月~2月の落葉期です。

内側に向かって伸びた内行枝や絡み枝を切り落として、日当たりと風通しを良くします。
どの部分で切っても、新しい枝が出てきます。

スモークツリーは「旧枝咲きタイプ」の樹木です。
昨年出た枝に花が付き、新枝には花が付きません。
花を咲かせたい枝だけを残して、好みの樹形になるように剪定して下さい。

元気に良く育っている木なら強剪定にも耐える強さがあります。
花を楽しまないのであれば葉の無いところまで切ってしまっても大丈夫です。

※切り口から出る樹液はマツヤニのようで、服に着くとなかなか取れないので注意して下さい。

増やし方(挿し木)

種まきで増やすことが出来ますが、花が咲くまで雌雄の区別は付きません。
挿し木は困難な木と言われていますが、品種によっては発根しやすいものもあります。

挿し木

スモークツリーはウルシ科の樹木で活着率は良くありません。
多めに挿し木をしておくと、品種によっては上手くいく事もあります。

適期は6月~7月の梅雨時期です。
枝を2~3節の長さに切り取って、切り口をナイフ等で斜めに整えます。
下葉を取り除いて、上部の葉は1/2程度にカットします。
発根促進剤があれば使用し、水揚げをしてから挿し木用土に挿して下さい。

明るい日陰で水を切らさないように管理して発根を待ちます。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-中・高木, 低木, 庭木
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2019 All Rights Reserved.