宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

低木 庭木

ゲンペイシモツケ(源平下野)の育て方

更新日:

学名…Spiraea japonica ‘Genpei’
和名…源平下野(ゲンペイシモツケ)
科名…バラ科
属名…シモツケ属
原産国…日本・中国
花色…ピンク白
草丈…60cm~1m
日照…日なた~半日陰
難易度…星
USDA Hardiness Zone:4 to 8

ゲンペイシモツケ(源平シモツケ)の特徴

ゲンペイシモツケ

シモツケは、日本、中国、朝鮮半島に分布する落葉低木の花木です。
日本では北海道から九州にかけての山野に自生しています。

その園芸品種の一つがこちらのゲンペイシモツケです。
一本の木で赤と白の花が咲くことから「ゲンペイ」の名が付いています。
「シモツケ」の名は下野国(現在の栃木県)で最初に見つけられたことから付けられました。

花期は5月~8月。
枝先に花径3~5㎜程度の小さな花を、半球状に咲かせ花序を形成します。
花は5枚の花弁を持ち、多数ある雄しべが花弁より長く、目立ちます。

▼源平シモツケの花

ゲンペイシモツケ

葉は披針形から卵形で、縁に鋸歯があり、枝に互生します。
地際から多数の枝を出して株立ちになり、こんもりと茂ります。

▼源平シモツケの葉

ゲンペイシモツケ

耐寒性、耐暑性ともに優れ、非常に育てやすい樹木です。
樹高は大きくなっても1.2m程度で、強い刈り込みにも耐えるので、樹高のコントロールも可能です。

ちなみにこのページの源平シモツケは自然交配で出来た模様です。
白花とピンク花のシモツケは以前からあったので、交配したのではないかと考えています。

スポンサーリンク

ゲンペイシモツケ(源平シモツケ)の育て方

ゲンペイシモツケの育て方

栽培環境

日当たりが良く、乾燥しすぎない場所が適しています。
半日蔭でも育ちますが、花付きが悪くなり樹形も整いません。
少なくとも半日以上、日の当たる場所で育てて下さい。
鉢植えの場合は、落葉期の間は日陰で管理しても問題ありません。

冬越し、夏越し

日本に自生する植物なので、特に対策の必要はありません。
北海道以外では庭植えでそのまま冬越し、夏越しが可能です。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫ですが、夏場に乾燥が続くようなら水遣りをして下さい。
鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと。
冬場の落葉期は水遣りの回数を減らし、やや乾燥気味に管理します。

肥料

庭植えの場合はほとんど必要ありません。
鉢植えの場合は、花が咲く前の4月に、緩効性化成肥料か固形の油粕を施します。

植え付け、植え替え

適期は真冬を避けた落葉期の2月下旬~4月、11月~12月です。
春になってからは芽が動き出すので、出来るだけ早く植え付け、植え替えを行って下さい。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
さらに元肥として、完熟堆肥を混ぜ込んでおきます。

鉢植えの場合は、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土を使います。

植え替え

鉢植えの場合は、基本的に毎年植え替えを行います。
一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けを行って下さい。

庭植えの場合は、特に植え替えの必要はありません。

剪定

ゲンペイシモツケは、前年伸びた枝だけでなく、その年の春に伸びた枝にも花が付くので、失敗がありません。
花後から3月まで、いつでも剪定可能です。

形を大きく整えたいのなら、2月頃に半球状に刈り込むと良いです。
枝が込み合って風通しが悪くなると、病気や害虫が発生しやすくなるので、古い枝は適宜、切り落とします。
新しい枝の方が花付きも良いので、少しずつ更新をしていくと、美しい状態が保てます。

増やし方(挿し木)

挿し木で増やすことが出来ます。

挿し木

適期は6月下旬~7月中旬です。

枝の先端を10㎝程度に切り、下葉を取り除き挿し穂にします。
水揚げをしたら赤玉土(小粒単用)か挿し木用土に挿して下さい。
水を切らさないように日陰で管理し、発根したら鉢上げをします。
その後は徐々に日光にならしていきます。

病気、害虫

病害虫もほとんどありませんが、枝が密集して蒸れてくると、アブラムシやカイガラムシが発生することがあるので、見つけ次第駆除して下さい。

-低木, 庭木
-, , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.