ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

低木 庭木

ロウバイの育て方

更新日:

学名…Chimonanthus praecox
和名…ロウバイ(蝋梅)
科名…ロウバイ科
属名…ロウバイ属
原産国…中国
花色…黄色
樹高…4m
日照…日なた~半日蔭
難易度…星
USDA Hardiness Zone:7 to 9

ロウバイの特徴

ロウバイ

ロウバイは、中国原産の落葉性低木の花木です。
中国の四川省、湖北省、浙江省に分布しており、海抜500~1100mの山地に自生しています。
中国では1000年以上に渡り栽培されている歴史のある樹木で、日本、韓国、ヨーロッパ、オーストラリア、米国など世界の広い地域でも観賞用に植栽されています。
日本には江戸時代初期に朝鮮半島を経由して渡来し、冬枯れの庭を彩る花木として古くから愛されてきました。

ロウバイの花期は12月~2月。
寒さの厳しい真冬の時期に、葉の展開に先駆けて、蝋細工のような美しい花を咲かせます。
花は透き通るような黄色で、強い芳香を持ちます。
ロウバイの名前は、蜜蝋のようなこの花が、梅と同じ時期に咲くからだと言われています。

葉は長さ8~10㎝の長卵形で先が尖り、枝に対生します。
株立ちになり、樹高2~3mに成長します。
葉色は濃緑色で、夏の姿はやや暑苦しい印象ですが、厳冬期に咲く花の美しさにはそれを大きく上回る観賞価値があります。

▼ロウバイの夏の様子

ロウバイ(夏)

耐寒性、耐暑性ともに優れており、育てやすい花木です。
若木の内は樹形が乱れることがありますが、成木になると自然に樹形が整うので、剪定の手間もそれほどかかりません。
病害虫の発生もほとんどありませんが、鳥による花や蕾の食害が発生することがあります。

名前に「梅」とついているので梅の仲間「バラ科サクラ属」と誤解されやすいですが、ロウバイは「ロウバイ科ロウバイ属」の植物です。
花後に実る果実には有毒成分が含まれているので、食用ではありません。

ロウバイとソシンロウバイの違い

ロウバイ(C.praecox)

ロウバイ

中国の四川省、湖北省、浙江省に自生するロウバイです。
内側の花弁が赤紫色をしているのが特徴です。
庭木としてはあまり植栽されません。

ソシンロウバイ(C.praecox ‘Concolor’)

ロウバイ(蝋梅)

ロウバイの園芸品種とされ、やや大輪です。
ソシンロウバイの漢字表記は「素心蝋梅」で、ソシンの名は花の中心まで黄色一色な花色に由来します。
庭木として植栽されるのは、主にこのソシンロウバイです。

スポンサーリンク

ロウバイの育て方

ロウバイの育て方

栽培環境

日なたから半日蔭の場所に適応しますが、日当たりが良い方が花付きが良くなります。
ロウバイは過湿に弱く、根腐れを起こしやすいので、水はけの良い場所で育てて下さい。
移植を嫌う性質のため、苗木の場合を除き、移植は難しい樹木です。
植え場所は熟考の上で決定をして下さい。

冬越し、夏越し

日本の気候によく合った樹木なので、特に気を使う必要はありません。

水遣り

植え付けた時にはたっぷりと水やりをし、その後2週間程度は乾燥しないように気を付けて下さい。
一旦根付けば、極端な乾燥が続く時以外は降雨のみで大丈夫です。

肥料

2月下旬~3月、8月下旬に緩効性化成肥料か、固形の油粕や骨粉などを施します。
窒素分の多い肥料を与えると、葉ばかりが茂るので注意して下さい。

植え付け、植え替え

適期は厳冬期を避けた落葉期です。

植え付け

落葉期に行いますが、厳寒期は枝枯れする可能性があるので避けた方が無難です。

根鉢の2倍程度の植え穴を掘り、腐葉土や堆肥をたっぷりと混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
水はけの悪い土地の場合は、株元がやや高くなるように盛り土をして高植えにすると効果的です。

鉢植えの場合は、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの水はけの良い土を使います。

植え替え

鉢植えの場合は、2年に1回程度、木の生育に合わせて鉢増しをして下さい。

庭植えの場合は、移植はできません。
どうしても必要な場合は、1年くらい前から根回しをする必要があります。

剪定

成木になると自然に樹形が整うので強剪定の必要はありません。
若木で樹形が乱れる場合は、花後の3月に剪定を行います。
花は当年伸びた枝に付くので、その枝を残すように剪定します。
幹から伸びる長い枝には花が付きにくく、短い枝に花が付きやすい樹木です。
樹形を乱さないようにしながら、長い枝を切り詰めます。

ロウバイは接ぎ木で増やされていることが多く、台木から「ひこばえ」が出やすいので、不必要な芽が出た場合は切り取って下さい。

増やし方(種まき)

種まきで増やすことが出来ますが、花色や花の形に変化が出ることがあります。
一般に流通しているロウバイは接ぎ木で増やされたものなので、種を蒔いても同じ花が咲くとは限りません。

種まきの適期は9月です。
果実が夏~秋にかけて出来るので、中の種を取り出して採り蒔きします。
種まき用土に種の3倍程度の深さに蒔きます。
その後は乾かさないように管理して下さい。
気温が高ければ年内に、低ければ春になってから発芽します。

ロウバイは花が咲くまでに長い時間がかかります。
一般的には6~7年、長ければ10年かかることもあるので気長に育てて下さい。

病気、害虫

病害虫の心配はほとんどありませんが、蕾や花を鳥に食べられてしまうことがあります。

鳥害

ヒヨドリなどによる蕾や花の食害が発生します。
酷い場合は、丸裸にされることもあります。

防鳥ネットを張ると効果的ですが、庭の景観が損なわれます。
目玉風船を吊るしてみましたが、効果はいまひとつでした。
考えた挙句、管理人宅ではロウバイの枝に半分に切ったミカンを吊るして、ミカンを食べてもらうことにしています。
あっという間にミカンがなくなりますが、苦肉の策です…。
何か良い方法は無いものでしょうか。

-低木, 庭木
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.