宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

低木 庭木

ナツロウバイの育て方

投稿日:

学名…Sinocalycanthus chinensis
和名…ナツロウバイ(夏蠟梅)
科名…ロウバイ科
属名…ナツロウバイ属
原産国…中国
花色…淡桃色
樹高…1.5~3m
日照…日なた~半日蔭
難易度…星
USDA Hardiness Zone:6 to 8

ナツロウバイの特徴

ナツロウバイ

ナツロウバイは、中国東部の浙江省に分布するロウバイ科ナツロウバイ属の落葉性低木です。
ナツロウバイ属に分類されているのは本種のみで、一属一種の植物です。
分布域は山岳地帯の渓流域などにありますが、現在では自生地が激減しており、中国では絶滅危惧種の指定を受けています。
絶滅危惧種ですが苗木は多く流通しており、美しい花を咲かせることから世界で広く栽培されている花木の一つとなっています。

ナツロウバイの花期は5月~6月。
花期になると、分枝した枝先に花径7~10㎝程度の花を一輪咲かせます。
花はカップ状で、大きな外側の花弁が10~14枚、小さな内側の花弁が7~14枚あり、外側の花弁は白から淡いピンク色、内側の花弁は淡い黄色をしています。
花弁はやや肉厚で、花の中央には多数の雄蕊と、一本の雌蕊があります。
花に香りはほとんどありません。

▼ナツロウバイの花

ナツロウバイ

葉は長さ11~15㎝程度の先の尖った卵形で、表面には光沢があり、縁はゆるく波打ちます。
葉は枝に対生し、枝はよく分枝して樹高1.5~3m程度に成長します。
地際から多数の枝を出して株立ちとなります。

▼花を咲かせたナツロウバイの木

ナツロウバイ

耐寒性、耐暑性に優れており、丈夫な性質です。
日なた~半日蔭の場所に適応しますが、日なたで育てる場合は、強い西日が株元に当たらないような環境が適しています。
成長が比較的遅いので、剪定作業はあまり必要ではありません。
病害虫の発生もほとんど無く、育てやすい花木です。

※ナツロウバイはクロバナロウバイと密接に関連しており、分類学者によってはクロバナロウバイ属に分類されることがあります。
クロバナロウバイのシックな花色と芳香、ナツロウバイの花を大きさを併せ持つ交配種も作出され、流通しています。

スポンサーリンク

ナツロウバイの育て方

ナツロウバイの育て方

栽培環境

日なたから半日蔭の場所で、腐植質に富んだ水はけの良い土壌を好みます。
基本的には日当たりを好みますが、強い乾燥を嫌います。
株元に西日が当たらないような場所で育てて下さい。

土壌がアルカリ性だとうまく育たないので注意して下さい。
※日本の土壌の多くは酸性です。

冬越し

高い耐寒性がありますが、ロウバイ比べるとやや寒さに弱い性質です。
寒冷地の場合は、強い寒風の当たらない場所で育てて下さい。 

水やり

ほぼ降雨のみで大丈夫ですが、夏場に乾燥が続くような場合は、水やりをして下さい。

肥料

冬の2月~3月頃に寒肥として、固形の油粕、または緩効性化成肥料を施します。

植え付け

適期は厳冬期を避けた落葉期の10月~11月、2月下旬~3月です。

根鉢の2~3倍程度の植穴を掘り、用土に腐葉土や完熟たい肥をたっぷりと混ぜ込みます。
植え付け後はしっかりと水やりをし、棒などで突いて根と土を馴染ませて下さい。

剪定

ナツロウバイの花芽は7月以降の夏に作られます。
剪定の適期は花後すぐの6月頃です。
剪定が遅れると翌年の花芽を落としてしまうことになるので、出来るだけ早目に行って下さい。

ロウバイに比べると成長が遅く、剪定の作業は必ずしも必要ではありません。
内向枝や絡み枝などの不要な枝を切り落とします。
必要な場合は、枝先を軽く刈り込んで全体の樹形を整えます。

増やし方(種まき)

種まきで増やすことが出来ますが、発芽率は低く、開花までには4~6年かかります。

花後に独特の形をした果実が実り、中に種が出来ます。
秋になると種が熟すので果実ごと採取して、種を取り出して下さい。
採取した種は一晩水に付けてから、すぐに蒔きます。

▼ナツロウバイの果実

ナツロウバイ

種は平鉢やポットに一粒ずつまき、覆土は5~10㎜程度。
土が凍らない場所で管理し、水を切らさないように注意します。
発芽は翌春になります。
発芽率は良くないので、多めに蒔いておくと良いと思います。 

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-低木, 庭木
-

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2018 All Rights Reserved.