宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

低木 庭木

シモツケの育て方

投稿日:

学名…Spiraea japonica
和名…シモツケ(下野)
科名…バラ科
属名…シモツケ属
原産国…日本、中国、朝鮮半島
花色…ピンク、白、赤紫
樹高…50~120㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:3 to 8

シモツケの特徴

シモツケ

シモツケは、日本、中国、朝鮮半島に分布するバラ科シモツケ属の落葉性低木です。
日本では、北海道から九州にかけての山野に分布しており、日当たりの良い場所を好んで自生しています。
「シモツケ」の名前は、下野国(現在の栃木県)で最初に見つけられたことに由来しています。

シモツケの花期は5月~8月。
花期になると、分枝した枝先に径3~7㎝程度の半球状の花序を出し、小さな花を多数咲かせます。
花は、花径5㎜前後で5枚の花弁を持ち、20本以上の雄蕊が長く突出します。
花色はピンク、赤紫、白。
花の最盛期は5月~6月ですが、夏から初秋までポロポロと咲き続けます。

▼シモツケの花

シモツケ

葉は狭卵形~卵形で縁に鋸歯があり、互生します。
株元から多数の枝を出して株立ちとなり、枝はよく分枝しながら樹高50~120㎝程度に成長します。
基本種の葉色は緑ですが、ライトグリーンや黄金葉の品種も流通しており、カラーリーフとしての観賞価値もあります。

▼シモツケの葉の様子

ゲンペイシモツケ

耐寒性、耐暑性共に優れており、育てやすい樹木です。
萌芽力が強く刈り込みにも耐えるので、樹高のコントロールが容易です。

シモツケが属するシモツケ属は、北半球を中心に約120種が分布しており、シモツケの他にもコデマリシジミバナユキヤナギなどが観賞用として広く栽培されています。

スポンサーリンク

シモツケの主な品種

シロバナシモツケ(Spiraea japonica f. albiflora)

シロバナシモツケ

シモツケの品種、あるいは変種とされており、白い花を咲かせます。

ゲンペイシモツケ(S. japonica ‘Genpei’)

ゲンペイシモツケ

シモツケの園芸品種で、一株から白とピンクの花を咲かせます。

⇒ゲンペイシモツケの詳しい育て方はこちら

ゴールドフレーム(S. japonica ‘Goldflame’)

シモツケ ゴールドフレーム

芽出しの赤みを帯びた黄金葉が非常に美しい品種で、葉はやがて緑に変化します。
矮性種でややコンパクトな樹形です。
花は濃いピンク色で、葉は秋になると美しく紅葉します。

アンソニー・ウォータラー(S. japonica ‘Anthony Waterer’)

シモツケ アンソニー・ウォータラー

基本種に比べると葉が小さく、葉色が濃い品種です。
花は濃いピンク色で、葉には白や淡いピンク色の斑が入ることがあります。
矮星種でコンパクトな樹形です。

スポンサーリンク

シモツケの育て方

シモツケの育て方

栽培環境

日当たりが良く、乾燥しすぎない場所が適しています。
半日蔭でも育ちますが、花付きがやや悪くなります。
たくさんの花を楽しむためには、少なくとも半日程度は日の当たる場所で育てて下さい。 

冬越し、夏越し

耐寒性、耐暑性共に優れており、特に対策の必要はありません。

水やり

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
夏場に長く乾燥が続くようなら水やりをして下さい。

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと。
冬越し中の株はやや乾燥気味に管理します。 

肥料

多くの肥料を必要とする樹木ではありません。

庭植えの場合は、生育、花付きに問題が無いようであれば、特に肥料を施す必要はありません。

鉢植えの場合は、花が咲く前の4月頃に、緩効性化成肥料、または固形の油粕を施します。

植え付け、植え替え

適期は厳冬期を避けた落葉期の2月下旬~4月、11月~12月です。

植え付け

庭植えの場合は、根鉢の2~3倍程度の植穴を掘り、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
さらに元肥として、完熟堆肥を混ぜ込んでおきます。
植え付けた後はしっかりと水やりし、根と土を馴染ませて下さい。

鉢植えの場合は、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの一般的な配合土を使います。

植え替え

生育旺盛で、よく根を張ります。
鉢植えの場合は、基本的に毎年植え替えを行います。
一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けを行います。

花がら摘み

花が咲き終わった花序は切り取ります。
そうすると脇芽が伸びて、再び花を咲かせます。

剪定

シモツケの花芽は、前年に伸びた枝だけでなく、その年の春に伸びた枝にも作られます。
剪定は花後から3月頃までいつでも可能です。

大きな剪定はあまり必要ではありません。
樹形を乱す徒長枝を切り取り、枝が込み合っているようなら適宜間引きます。
枝が古くなると花付きが悪くなるので、少しずつ枝の更新をしていくと、美しい状態が保てます。
形を大きく整えたいのなら、2月頃に半球状に刈り込むと良いです。

増やし方(挿し木)

挿し木で増やすことが出来ます。

挿し木

適期は6月下旬~7月中旬です。

枝の先端を10㎝程度に切り、下葉を取り除き挿し穂にします。
水揚げをしたら赤玉土(小粒単用)か挿し木用土に挿して下さい。
水を切らさないように日陰で管理し、発根したら鉢上げをします。
その後は徐々に日光にならしていきます。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありませんが、枝が密集して蒸れてくると、アブラムシやカイガラムシが発生することがあります。
発生した場合は、薬剤などで対処します。

-低木, 庭木
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2018 All Rights Reserved.