ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草

カンナの育て方

更新日:

学名…Canna
別名…ハナカンナ
科名…カンナ科
属名…カンナ属
原産国…熱帯アメリカ
花色…赤、白、ピンク、オレンジ、黄、複色
草丈…40㎝~200㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:7 to 10

カンナの特徴

カンナ

カンナの仲間は、熱帯アメリカを中心に約50種が分布する球根植物で多年草です。
主に流通しているのは、原種「カンナ・インディカ」を主流に19世紀頃からフランス、イタリアで交配を繰り返して作出された「ハナカンナ」と呼ばれる園芸品種です。
盛んに品種改良が行われ、現在では1000種以上の園芸品種が存在します。

日本へは原種カンナが江戸時代末期に渡来し、その後明治になって園芸品種が入ってきました。
ちなみに食用カンナは「カンナ・エデユリス」という品種で、土ショウガに似た根茎をそのまま茹でて食用にしたり、でん粉の原料として利用されます。

花期は7月~10月。
真っすぐに伸びた花茎の先に、華やかな色合いの美しい花を咲かせます。
大きな花弁のように見えるのは、雄しべが1本を残して変化したもので、本来の花弁は小さく、大きな花弁の後ろに隠れています。
花色はオレンジ、赤、白、ピンク、黄色、複色。

▼カンナの花

カンナ

葉は先がとがった長楕円形で非常に大きく、斑入りのものから銅葉まで、観賞価値の高い品種も多く流通しています。

▼斑入りカンナの葉

斑入りカンナ

草丈1~2m程度になる高性種と40~60㎝程度の矮性種がありあります。

熱帯植物のため寒さには弱い性質ですが、暖地であればマルチングなどの対策で戸外で冬越し可能です。
冬場は寒さで地上部が枯れますが、春になると再び芽吹きます。

スポンサーリンク

カンナの育て方

カンナの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い、肥沃な土壌が適しています。
日光を好み、真夏の直射日光に当たっても元気に育ちます。
日当たりが悪い場所では花が咲かないことがあるので、よく日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し

寒さには弱く5℃以下の気温になると休眠状態に入り、0℃以下になると枯死します。

暖地で庭植えの場合は、葉が枯れたら株元から刈り取って、球根の上の部分に10㎝程度の盛り土をしておきます。
鉢植えの場合は、霜や凍結の心配のない場所に移動するか、鉢ごと土の中に埋めて冬越しさせて下さい。

その他の地域では、室内で管理するか、球根を掘り上げて保管します。
球根を掘り上げる場合は、葉が枯れたら株元から刈り取って下さい。
掘り上げた球根は、湿らせたピートモスやおがくずなどに埋めて、ふたのできる発砲スチロールなどに入れて春まで保管します。
カビが発生しないよう、1ヵ月に1度くらいは蓋をあけて通気して下さい。
暖房が効いた室内などに置いておくと、暖かさから芽が動いてしまうことがあります。
10℃以上にならないような場所で保管して下さい。

水遣り

庭植えの場合は、夏場に雨が降らず乾燥が長く続くようなら水やりをして下さい。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

庭植えの場合は、元肥として用土に堆肥や腐葉土、緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。
追肥は芽が出てから9月頃までの間、月に1回程度、緩効性化成肥料を株元に置き肥して下さい。

鉢植えの場合も同様で、月に1回程度、緩効性化成肥料を株元に置き肥します。
肥料が足りなくて葉色が褪せてくるようなら液体肥料も併用して下さい。

植え付け・植え替え

適期は4月中旬~5月です。

植え付け

庭植えの場合は、深さ40~50㎝程度の深さの植穴を掘り、用土に堆肥や腐葉土を多めに混ぜ込んでおきます。
さらに元肥として緩効性化成肥料を混ぜて埋め戻します。
覆土は10㎝程度で、高性種の場合は株間40㎝程度、矮性種は25㎝程度で植え付けて下さい。

鉢植えの場合は、高性種で8~10号鉢に1球、矮性種で5号鉢に1球が目安で、覆土は5㎝程度です。

植え替え

鉢植えで冬越しした場合は、春に植え替えを行って下さい。
庭植えの場合は、植え替えの必要はありません。

増やし方(分球、種まき)

分球と種まきで増やすことが出来ます。
種まきについては下記「種まき」の項目を参照ください。

分球

適期は4月中旬~5月頃です。
掘り上げた根茎を、2~3芽が付くようにくびれた部分で切り分けて下さい。

種まき

種が出来にくい品種もあります。

種の採取

花後に花の付け根部分が膨らんで種が出来ます。
鞘が枯れてカラカラになったら種を採取することが出来ます。
採取した種は袋などに入れて、涼しい場所で保管して下さい。

種まき

適期は4月中旬~5月中旬頃です。

種は非常に硬く、そのままでは発芽率が低くなります。
かたい殻をコンクリートやヤスリなどで擦り、傷をつけてから一晩水につけて給水させて下さい。
※市販の種にはこの作業が必要ないものもあります。

種は2~3粒ずつポットにまき、5㎜程度の覆土をします。
発芽温度が22℃前後と高く、気温が低いと発芽率が下がるので暖かくなってからまいて下さい。
発芽したら生育の良い苗を残して間引きます。
本葉が2~3枚程度になったら定植して下さい。

病気・害虫

特に気になる病害虫はありません。

-多年草・宿根草
-, , , , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.