ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草

ローダンセマムの育て方

更新日:

学名…Rhodanthemum
科名…キク科
属名…ローダンセマム属
原産国…北アフリカ、スペイン
花色…白、ピンク
草丈…10㎝~30㎝
日照…日なた
難易度…星星星
USDA Hardiness Zone:8 to 10

ローダンセマムの特徴

ローダンセマム

ローダンセマムの仲間は、北アフリカ、スペインに10~15種が分布する常緑性の多年草、または亜低木です。
自生地は主にモロッコやアルジェリアの山脈の岩場などで、現地ではモロッコデイジーと呼ばれています。

観賞用として主に栽培されるのは、花の中心が茶褐色のローダンセマム・ガヤヌム種(Rhodanthemum gayanum)、花が大きいローダンセマム・ホスマリエンセ種(R. hosmariense)、そしてその両種の交雑種です。
どの種も本来は多年草ですが、高温多湿の日本の夏が苦手なため一年草として扱われることもあります。

ローダンセマムの花期は3月~6月。
花期になると花茎を長く伸ばし、頂部に花径3~7㎝程度のマーガレットに似た愛らしい花を咲かせます。
花は中心部の筒状花と外周の舌状花から成り、美しいコントラストを見せてくれます。
花色は白、ピンク。
中心部分が茶褐色の品種と、黄色の品種があります。

▼ローダンセマムの花

ローダンセマム

葉茎の表面には短毛が密生しているため葉は白味を帯び、細かい切れ込みを有します。
草丈は10~30㎝程度に成長し、シルバーリーフの繊細な草姿は、花の無い時期もカラーリーフとして観賞価値があります。
※緑葉の品種もあります。

▼ローダンセマムの葉

ローダンセマム

耐寒性が高く、-10℃程度なら戸外での冬越しが可能です。
暑さにはやや弱い性質で、暖地で夏越しをするためには、植え場所や置き場所を工夫する必要があります。

ローダンセマムの主な品種

ローダンセマム・アフリカンアイズ(Rhodanthemum ‘African Eyes’)

ローダンセマム

細く繊細な銀葉と白花、茶色の中心部の対比がとても美しい品種です。

ローダンセマム・プチマカロン(R. ‘Petit Macaron’)

ローダンセマム プチマカロン

ピンクの花弁と花芯の対比が美しい品種です。
シルバーリーフです。

ローダンセマム・ホスマリエンセ(R. hosmariense)

ローダンセマム・ホスマリエンセ

花径5㎝~7㎝のデージーに似た花を咲かせます。
花弁は白、花芯は黄色。
シルバーリーフです。

スポンサーリンク

ローダンセマムの育て方

ローダンセマムの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけが良い環境が適しています。
夏の高温多湿の環境が苦手なため、風通しも良いと最適です。
日なたを好みますが、夏場は出来るだけ涼しい環境の方が適しています。
庭植えにする場合は、夏場に半日蔭になるような場所に植えて下さい。
心配な場合は、鉢植えで育てます。

夏越し

一年草扱いされることもあるくらい、日本の夏が苦手です。

蒸れから株が弱るのを防ぐため、梅雨前の6月に、草丈の1/2程度の高さでバッサリと切り戻します。
鉢植えの場合は、梅雨から夏の間は、雨がしのげる軒下などに移動します。
夏の間は、風通しが良く、半日蔭になる涼しい場所で管理して下さい。

庭植えの場合は避難の仕様が無いので、無事に夏を越してくれるよう祈って下さい。
心配な場合は、花後に鉢上げをして夏越しをします。

夏越し後に草姿が乱れているようなら、9月~10月にもう一度切り戻しを行います。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

多くの種の自生地は岩場などの乾燥した環境が多く、ローダンセマムは過湿を嫌います。
水のやりすぎには注意して下さい。

肥料

庭植え、鉢植え共に、春の3月~5月に緩効性化成肥料、または液体肥料を施し、秋の9月~10月に緩効性化成肥料を施します。
多肥にする必要はありません。

植え付け・植え替え

適期は3月~4月、9月~11月です。

植え付け

酸性土壌を嫌います。
庭植えの場合は、あらかじめ用土に苦土石灰を混ぜ込んで、土壌を中和しておいて下さい。
さらに腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作り、元肥として緩効性化成肥料を施しておきます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(中粒)5・腐葉土3・ピートモス(酸度調整済)2などの配合土に、緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え替え

鉢植えの場合は、一年に一度、植え替えを行います。
根鉢を軽く崩し、一回り大きな鉢に新しい用土で植え付けて下さい。

庭植えの場合は、特に植え替えの必要はありません。

花柄摘み

花が終わった茎は、付け根から切り取って下さい。
放置しておくと病気にかかりやすくなります。

増やし方(挿し木)

挿し木で増やすことが出来ます。
ローダンセマムは株が古くなると立ち枯れしやすいので、挿し木株を作っておくと安心です。

挿し木

適期は3月~5月、9月~10月です。
元気な新芽の先端を5㎝ほど切って挿し穂にします。
5分程度水揚げをして挿し木用土に挿して下さい。
発根促進剤を切り口に付けると効果的です。
発根までは明るい日陰で水を切らさないように管理します。

病気・害虫

立枯病

風通しが悪くなると発生しやすくなります。
梅雨前には必ず切り戻しを行って下さい。

アブラムシ

時々アブラムシが発生します。
見付け次第駆除して下さい。

-多年草・宿根草
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.