宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草

オキザリス・トリアングラリスの育て方

更新日:

学名…Oxalis triangularis
別名…紫の舞、カラスバカタバミ、オキザリス・レグネリー、緑の舞、トライアングラリス
科名…カタバミ科
属名…カタバミ属
原産国…ブラジル
花色…白・ピンク
草丈…10cm~30cm
日照…日なた~半日蔭
難易度…星
USDA Hardiness Zone:7 to 10

オキザリス・トリアングラリスの特徴

オキザリス・トライアングラリス

オキザリスは日本にも自生しているカタバミの仲間で、世界中に800種あまりが広く分布しており、草姿は変化に富んでいます。
その中で、アルゼンチンに隣接したブラジル南部を原産とするのが、オキザリス・トリアングラリス(Oxalis triangularis)です。
基本種の葉色は緑ですが、亜種である紫葉の品種の方が「トリアングラリス」の名前で流通することが多いようです。

トリアングラリスの魅力は、濃い紫色のシックな葉です。
トリアングラリスの名の通り、葉は直線的な三角形をしています。
この独特の葉が愛され、世界中で広く栽培されているオキザリスの一つです。
葉は日が当たると開き、夜間は閉じます。

花期は4月~10月。
葉を楽しむトリアングラリスですが、花期には5枚の花弁を持つ小さな花を咲かせます。
花色は白、またはピンクで、細い花茎の先に数輪を咲かせます。
四季咲き性が強く、長い花期の間、ポロポロと咲き続けます。
※15℃以上の温度があれば、常緑で周年花を咲かせます。

春に植えて初夏から開花する春植え球根で、冬の間は地上部を枯らせて休眠し、春になると再び芽を出します。
強健な性質で、放任でもよく育ち、花を咲かせます。
自然分球で増えますが、時々こぼれ種でも芽を出します。

オキザリスの名前の由来

オキザリスという名前はギリシャ語の「oxys=酸っぱい」という単語に由来しています。
葉や茎に硝酸を含んでいるので、口に含むと酸味があります。

オキザリス・トリアングラリスの品種

オキザリス・トリアングラリス(Oxalis triangularis)

アルゼンチンに隣接したブラジル南部原産のトリアングラリスの基本種です。
葉色は緑で、花はピンクから白。
「緑の舞」の名前で流通することもあります。

パピリオナケア種(O.triangularis ssp. papilionacea)

オキザリス・トライアングラリス

トリアングラリスの亜種で、濃い紫の葉色を持ちます。
一般的にこちらの亜種の方が「トリアングラリス」として普及しています。
「紫の舞」の名前で流通することもあります。

オキザリス・レグネリー(O. regnellii)

オキザリス・レグネリー

Photo credit: blumenbiene via Visualhunt.com / CC BY

パヒリオナケア種の変種、または園芸品種と考えられています。
紫葉の他、緑葉の品種もあり、「緑の舞」の名前で流通することがあります。

パヒリオナケア種に酷似しており、花弁が細長く雄しべが長い、という以外の違いはほとんどありません。

スポンサーリンク

オキザリス・トリアングラリスの育て方

オキザリス・トライアングラリスの育て方

栽培環境

日なたから半日蔭の水はけの良い場所が適しています。
日照時間が足りないと、徒長して花付きが悪くなります。
半日程度は日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し・夏越し

冬越し

関東以南であれば、そのまま戸外で越冬可能です。
寒冷地の場合は、霜や寒風に当たらない場所で管理するか、室内に取り込んで下さい。
15℃以上の気温があれば常緑で冬越しします。

夏越し

夏の直射日光で葉が傷んだり、花付きが悪くなったりすることがありますが、枯れることはありません。
気になるようなら、半日蔭に移動するか遮光して下さい。

水遣り

乾燥には強いので、やや乾き気味に管理します。

庭植えの場合はほぼ降雨のみで大丈夫です。
開花期に乾燥が長く続くようなら水やりをして下さい。
鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと。

肥料

庭植え、鉢植えともに、春の4月~5月の間に、緩効性化成肥料を置き肥するか、液体肥料を施します。
多肥にする必要はありません。

植え付け・植え替え

適期は3月~4月です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作っておきます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え替え

鉢植えの場合は、根詰まりで生育が悪くなるようなら植え替えを行います。
一回り大きな鉢に植え替えるか、分球して植え付けます。

庭植えの場合は、株が込み過ぎているようなら分球を兼ねて植え替えを行って下さい。

増やし方(分球)

自然分球でよく増えます。

分球

休眠期に球根を堀り上げて下さい。
球根が増えているので、分けて植え付けます。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.