宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

一年草・二年草

ブルーサルビアの育て方

更新日:

学名…Salvia farinacea
別名…サルビア・ファリナセア、化粧サルビア
科名…シソ科
属名…サルビア属
原産国…北アメリカ
花色…青紫、白
草丈…30㎝~60㎝
日照…日なた
難易度…星星星
USDA Hardiness Zone:8 to 10

ブルーサルビア(サルビア・ファリナセア)の特徴

ブルー・サルビア

ブルーサルビアは、北アメリカ原産の一年草です。
本来は多年草ですが、耐寒性が低く冬の寒さで枯れてしまうことが多いため、日本では春まき一年草として扱われています。

ブルーサルビアと呼ばれるのは、サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)で、アメリカのテキサス州とメキシコに自生するサルビアです。
日本には昭和初期に渡来しています。

花期は5月~10月。
茎の頂部、または上部の葉の付け根から花穂を伸ばし、花径1㎝程度の花を穂状に咲かせます。
花穂の長さは15~30㎝になり、初夏から秋の間、次々と花を咲かせ続けます。

花はシソ科やゴマノハグサ科の植物に多く見られる唇形花で、美しいブルーの花色をしています。
基本種の花色は青から青紫ですが、白花品種も流通しています。
白花品種はホワイトサルビアとも呼ばれています。

▼ブルーサルビアの花

ブルーサルビア

葉は幅の狭い楕円形から卵形で、縁にわずかに鋸歯があり、茎に対生します。
草丈は60㎝程度に成長します。

▼ブルーサルビアの葉

ブルーサルビア

寒さに弱いため通常は一年草として扱いますが、霜の心配の無い暖地では冬越しが可能です。
高温多湿な環境がやや苦手なため、真夏の間は花付きが多少悪くなることがあります。

スポンサーリンク

ブルーサルビア(サルビア・ファリナセア)の育て方

ブルーサルビア(サルビア・ファリナセア)の育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
過湿に弱い性質のため、風通しも良いと最適です。

冬越し

一年草扱いですが、本来は多年草です。
暖地であれば冬越しをすることができます。

寒くなると茎や葉が枯れ込んでくるので、株元から5㎝程度の高さで切ってしまいます。
株元を腐葉土や敷き藁で多い、凍結対策を施します。
3月ごろになると新しい芽が出てきます。
中国地方(平野部:最低気温-3℃程度)の管理人宅では、この方法で冬越しさせています。

鉢植えの場合は、軒下など霜が当たらない比較的暖かい場所に移動して下さい。
暖地以外でどうしても冬越しをさせたい場合は、室内に取り込んで管理します。

水遣り

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをして下さい。
庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫ですが、夏場に乾燥が長く続くようなら水やりをします。

肥料

庭植えの場合は、元肥として用土に完熟堆肥と緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。
追肥は庭植え、鉢植えともに、真夏を除く生育期に、緩効性化成肥料の置き肥と液体肥料を月に1回程度、施して下さい。
花期が長いので、肥料切れしないように気を付けます。

切り戻し

夏になって花数が少なくなり、下葉が枯れて来るようなら半分くらいの高さで切り戻して下さい。
秋になれば再び美しい花を咲かせてくれます。

種まき

適期は4月下旬~6月です。

清潔な用土を入れた箱に、種が重ならないように注意してバラまきします。
覆土は5㎜程度。
発芽までは水を切らさないように管理します。
本葉が2~3枚になったらポット上げをして暖かい場所で育てて下さい。
ポットに根が回ってきたら、株間30㎝程度で定植します。

植え付け、植え替え

植え付け

庭植えの場合は、あらかじめ用土に苦土石灰を混ぜ込んで、土壌を中和しておきます。
さらに水はけを良くするために腐葉土、元肥として完熟堆肥と緩効性化成肥料を混ぜておいて下さい。
株間は30㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土6に、赤玉土(小粒)2・腐葉土2を混ぜて水はけの良い土を作って下さい。
6号鉢に1株、60㎝プランターで3株が目安です。

植え替え

暖地では宿根します。
鉢植えの場合は、春の4月頃に植え替えを行って下さい。

摘芯

草丈が10㎝程度になった時に摘芯をしておくと、分枝して枝数が増え、より多くの花を咲かせることが出来ます。

増やし方(挿し木、種まき)

挿し木、種まきで増やすことが出来ます。
種まきについては上記「種まき」の項目を参照下さい。

挿し木

適期は6月ごろです。
しっかりした枝を選んで切り取り、下葉を取り除いて挿し穂にします。
水揚げをしたら挿し木用土に挿して下さい。
発根までは、水を切らさないように明るい日陰で管理します。

病気・害虫

特に気になる病気はありませんが、アブラムシが時々発生します。
見付け次第駆除して下さい。

-一年草・二年草
-, , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.