ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草

ゼフィランサス(レインリリー)の育て方

更新日:

学名…Zephyranthes
別名…タマスダレ、サフランモドキ
科名…ヒガンバナ科
属名…タマスダレ属(ゼフィランサス属)
原産国…アメリカ
花色…白、ピンク、黄、オレンジ
草丈…10㎝~30㎝
日照…日なた~半日蔭
難易度…星
USDA Hardiness Zone:7 to 10

ゼフィランサス(レインリリー)の特徴

ゼフィランサス

ゼフィランサスは、北アメリカを中心に約40種が分布する多年草で球根植物です。
日本へは江戸時代末期から明治時代初期に渡来し、白花品種の「タマスダレ」が最も広く普及していますが、ピンクの花を咲かせる「サフランモドキ」もよく目にします。
高温乾燥が続いたあと雨が降ると一斉に開花することから「レインリリー」との名前で呼ばれることもあります。
近縁のハブランサスもよく似た草姿で同様の理由から「レインリリー」と呼ばれますが、こちらは花をやや横向きに咲かせるのに対し、ゼフィランサスは上向きに咲かせます。

花期は品種によって異なりますが、6月~10月。
地際から伸ばした花茎の先にツヤのある可憐な花を咲かせます。
一輪の花は短命ですが、数週間におよぶ花期の間は、次々と花茎が出てきて絶えることなく開花します。
花色は写真の白の他、ピンク、黄、オレンジ。
群生させると見事です。

耐寒性は品種によって異なります。
白花のタマスダレは寒さに強く常緑で冬越し、自然分球でよく増えます。
他の品種は半耐寒性のものが多く、寒さにはやや弱い性質で冬越しには対策が必要になります。

※ヒガンバナ科の植物で、全草に毒性があります。

ゼフィランサスの主な品種

タマスダレ(Zephyranthes candida)

ゼフィランサス

ペルー原産で、最もポピュラーな白花品種です。
「タマスダレ」の名前は、細い葉茎の様子をスダレに、蕾の様子をタマに見立てたことに由来しています。

サフランモドキ(Z.grandiflora=Z.carinata)

サフランモドキ

ジャマイカ、メキシコなどが原産のゼフィランサスです。
「カタリナ」の名前で流通することもあるピンク花品種で、サフランのような花姿から「サフランモドキ」と呼ばれます。

ゼフィランサス・キトリナ(Z.citrina)

ゼフィランサス・キトリナ

カナダ、トリニダード原産の黄花品種です。
他の品種に比べるとやや耐寒性に劣りますが、よく結実しよく殖えます。

他にも数は多くありませんが、「モモイロタマスダレ(Z. taubertiana)」など、数種の品種が流通することがあります。

スポンサーリンク

ゼフィランサス(レインリリー)の育て方

ゼフィランサス(レインリリー)の育て方

栽培環境

日当たりと水はけが良い場所が適していますが、半日蔭程度の日照でも問題なく育ちます。

冬越し

品種によって耐寒性が異なります。

白花のタマスダレは寒さに強く、土の中の球根まで凍ってしまうような寒冷地でなければ特に対策の必要はありません。
その他の半耐寒性品種はやや寒さに弱い性質なので、盛り土をしたり腐葉土でのマルチングなどの防寒対策を施します。
鉢植えの場合は、霜や凍結の心配のない場所に移動して下さい。

水遣り

生育期に乾燥が続くと花が咲きにくくなります。

庭植えの場合は、夏場に雨が降らずに乾燥が続くようなら水やりを。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

庭植えの場合は、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥は秋に緩効性化成肥料を置き肥します。

鉢植えの場合は、春と秋に緩効性化成肥料を株元に施して下さい。

植え付け・植え替え

適期は3月中旬~5月中旬です。

植え付け

庭植えの場合は、水はけが悪いようなら腐葉土やパーライトなどを用土に混ぜ込んで、水はけの良い環境を作って下さい。
株間は3㎝~5㎝、球根1個分くらいの深さで植え付けます。
4~5球を密生させて植え付けると、最初の年から見栄えがあります。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。
5号鉢に7球程度が目安です。

植え替え

ゼフィランサスの球根は、前年の根が活動している間に新しい根が生育するという性質があります。
そのため、数年は植えっ放しの方がよく育ちます。

株が混みすぎると花付きが悪くなるので、その場合は分球を兼ねて植え替えを行います。
鉢植えの場合は3~4年に一度、庭植えの場合は4~5年に一度、花付きが悪くなったら植え替えを行って下さい。

増やし方(分球、種まき)

分球と種まきで増やすことが出来ます。
種まきについては下記「種まき」の項目を参照ください。

分球

適期は3月中旬~4月頃です。
掘り上げて分球します。
暖地の場合は葉が付いたままの場合が多いと思いますが、株分けの要領で分球して下さい。

種まき

品種によって種の出来やすいものと、そうでない品種があります。
黄花品種は全般的に種が出来やすいです。
発芽までには2~4年かかるので、分球の方が格段に簡単です。
自然交配されていた場合、親株と同じ花が咲かない場合もあります。

種の採取

花後に出来た鞘が茶色く変色し、裂けて黒い種が顔をのぞけたら種が熟しています。
採取して下さい。
採取した種はすぐにまきます。

種まき

採取した種は採りまきですぐにまきます。
覆土は種が隠れる程度にごく薄く。
日が当たる場所で水切れに注意して、発根を待って下さい。

病気・害虫

気になる病害虫は特にありません。

-多年草・宿根草
-, , , , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.