宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草 グランドカバー 多肉植物 野の花

マルバマンネングサの育て方

投稿日:

学名…Sedum makinoi
和名…マルバマンネングサ(丸葉万年草)
科名…ベンケイソウ科
属名…セダム属(マンネングサ属)
原産国…日本、中国
花色…黄色
草丈…5㎝~20㎝
日照…日なた~明るい日陰
難易度…星
USDA Hardiness Zone:6 to 9

マルバマンネングサの特徴

マルバマンネングサ

マルバマンネングサは、日本、中国に分布するベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)の常緑性多年草です。
日本では本州、四国、九州に分布しており、山地の岩場や石垣などに自生しています。
美しい葉を持ち、多肉植物の中では耐寒性も高いことから、観賞用として世界で広く栽培されています。

マルバマンネングサの花期は6月~7月。
花期になると、伸びた茎の頂部に花序を出し、黄色い花を数個咲かせます。
花は径1㎝弱の小さなもので、5枚の花弁を持った星形です。

▼マルバマンネングサの花

マルバマンネングサ

一つの花は小さなものですが、花付きが良く、最盛期には株が鮮やかな黄色に染まります。

▼たくさんの花を咲かせたマルバマンネングサ

マルバマンネングサ

葉は長さ7~10mm程度のしゃもじ形~倒卵形で、対生します。
茎は地面を這うように広がって、上部を持ち上げ、花を咲かせながら草丈5~20㎝程度に成長します。
葉に斑の入る斑入り品種や、明るい葉色の黄金葉品種などが流通しています。

葉は寒さに当たると赤みを帯びます。

▼マルバマンネングサの冬の様子

マルバマンネングサの冬の様子

多肉植物の中では耐寒性が高く、多少の霜であれば枯れることはありません。
地面を這うように広がるため、グランドカバーとしても利用されます。

丈夫な性質で、放任でも良く育ち、よく広がります。
病害虫の発生もほとんどなく、育てやすい植物です。

スポンサーリンク

マルバマンネングサの育て方

マルバマンネングサの育て方

栽培環境

日向から明るい日陰の環境まで適応します。
花付きは日当たりに比例しますが、全くの日陰でなければ生育には問題がありません。

冬越し

多肉植物の中では耐寒性の高い植物です。
寒さや霜に当たると葉が赤みを帯びますが、春になれば美しい葉色に戻ります。
※強い霜や凍結で落葉することがありますが、枯れることはほとんどありません。

鉢植えの場合は、可能であれば霜の避けられる軒下などに移動して下さい。
凍結の心配がある地域では、室内に取り込んで冬越しをします。

水やり

庭植えの場合は、降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土の表面が乾いてからたっぷりと。
冬越し中の株は乾燥気味に管理します。

肥料

庭植えの場合は、肥料を施す必要はありません。
鉢植えの場合は、真夏を除く生育期に、薄めの液体肥料を少量施して下さい。

植え付け、植え替え

適期は真夏を除く生育期の4月~6月、9月~10月です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作ります。
水はけの悪い土地の場合は、さらにパーライトや川砂などを混ぜたり、高植えにするなどの対策を施します。

鉢植えでは赤玉土7・腐葉土3などの一般的な配合土で問題なく育ちます。

植え替え

増えすぎているようなら、株分けを行って下さい。

増やし方(株分け)

株分けで簡単に増やすことが出来ます。
広がった株を根が付くように分けて植え付けて下さい。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草, グランドカバー, 多肉植物, 野の花
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2019 All Rights Reserved.