宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草 観葉植物

ニューサイランの育て方

更新日:

学名…Phormium
科名…キジカクシ科
属名…フォルミウム属(マオラン属)
原産国…ニュージーランド
花色…観賞はカラーリーフ
草丈…60㎝~150㎝
日照…日なた
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:9 to 11

ニューサイランの特徴

ニューサイラン

ニューサイランは、ニュージーランドに分布するキジカクシ科の常緑性多年草です。
主に栽培されるのは、フォルミウム・テナックス種(Phormium tenax)とフォルミウム・クッキアナム(P. cookianum)、そしてその両種の交雑種です。
従来はニューサイランと言えばテナックス種のこと指しましたが、近年では同属のクッキアナム種も「ニューサイラン」として流通しており、両種の交雑種も含めてニューサイランと呼んでいます。

テナックス種は、ニュージーランドとノーフォーク島固有の植物で、ニュージーランドでは繊維作物として広く栽培されています。
葉から採れる繊維は、ニュージランド麻と呼ばれ、ロープや帆布、網や製紙などの原料として用いられています。
日本には明治時代に繊維作物として渡来し、現在でも静岡以西の地域で栽培されています。

クッキアナム種は、ニュージーランド固有の植物で、テナックス種よりも全体的に小型です。
テナックス種と同様に繊維植物として利用されますが、あまり一般的ではありません。

両種ともに観賞用としても広く栽培されており、園芸品種も豊富です。
花壇植えの他、生け花の花材、フラワーアレンジメントの材料として多用されています。

ニューサイランの主な見所は美しいカラーリーフです。
スラッと伸びる葉は直線的で草丈も60~150㎝と大きく、存在感があり見応えは抜群です。
葉色は写真のような黄色やクリーム色の斑入り品種のほか、銅葉や紫葉など、数多くの園芸品種が流通しています。

夏になると長い花茎を伸ばして、暗褐色や黄色の花を付けますが、花の観賞価値はあまり高くありません。

▼ニューサイラン(テナックス種)の花

ニューサイランの花

常緑性で耐寒性も比較的高く、暖地では戸外でそのまま冬越し可能です。
※品種によっては耐寒性の低いものもあります。
病害虫の発生もほとんど無く、育てやすい植物です。

スポンサーリンク

ニューサイランの育て方

ニューサイランの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
日陰でも葉色が褪せることなく育ちますが、葉の硬さがやや損なわれ枝垂れるようになります。

冬越し

品種によって耐寒性が異なりますが、耐寒温度は-5℃~0℃程度です。
暖地の場合はそのまま戸外で冬越し可能です。
ある程度の積雪にも耐える強さもあります。

耐寒性が低い品種は株元をマルチングしたり、霜対策として葉を藁などですっぽり覆うなどの防寒対策が必要になります。
特に葉色のカラフルな品種は耐寒性が低いものが多いので、品種に応じて対策を施して下さい。

鉢植えで耐寒性の低い品種は、室内に取り込んで管理します。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫ですが、乾燥が長く続くようなら水やりをして下さい。

鉢植えの場合は、土が乾いたらたっぷりと。
過湿な環境が続くと根腐れを起こすので注意して下さい。

肥料

元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
庭植えの場合は、毎年春に固形の油粕や緩効性化成肥料を株元に施します。
鉢植えの場合は、3月~8月の生育期間中は、固形の油粕や緩効性化成肥料などを定期的に施して下さい。

植え付け、植え替え

適期は3月中旬~4月上旬です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土や堆肥を混ぜ込んで、水はけの良い土を作って下さい。
鉢植えの場合は、草花用の培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土3・軽石や川砂1の配合土を使います。

植え替え

鉢植えの場合は、根詰まりを起こしやすいので1年~2年に一度、植え替えを行います。
庭植えの場合は、特に植え替えの必要はありません。

日常の管理

枯れた葉や傷んだ葉は株元から切り取って下さい。

増やし方(株分け)

株分けで増やすことが出来ます。

株分け

適期は3月中旬~4月上旬です。
掘り上げた株をスコップなどで割って植え付けます。
大株に育っているとかなりの力作業になるので頑張って下さい。

病気、害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草, 観葉植物
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.