ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草

ミヤコワスレの育て方

更新日:

学名…Miyamayomena savatieri
和名…ミヤマヨメナ(原種)、ミヤコワスレ(園芸品種)
科名…キク科
属名…ミヤマヨメナ属
原産国…東アジア
花色…濃紫、薄紫、白、ピンク、青
草丈…20㎝~30㎝
日照…半日蔭
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:Not Applicable

ミヤコワスレ(都忘れ)の特徴

ミヤコワスレ(都忘れ)

ミヤコワスレは、日本に自生するミヤマヨメナの園芸品種です。
原種のミヤマヨメナは、本州の箱根以南の地域、四国、九州の山地の木陰などに分布しています。
通常野菊は秋に開花する種が多いのですが、ミヤマヨメナは春から初夏にかけて花を咲かせる珍しい野菊です。

ミヤマヨメナの品種改良は江戸時代から行われていましたが、本格的な改良が始まったのは昭和以降です。
現在では、濃紫の「江戸紫」、薄紫の「青空」「瀬戸の小波」、ピンクの「桃山」「浜乙女」、白の「瀬戸の白雪」などの様々な園芸品種が「ミヤコワスレ」として流通しています。

花期は4月~6月。
細く伸びた茎の先に、花径3~4㎝程度の頭花を咲かせます。
素朴な花に派手さはありませんが、優しい和の雰囲気が漂います。
花色は濃紫、薄紫、白、ピンク、青。

▼ミヤコワスレの花

ミヤコワスレ

葉は長楕円形または卵状楕円形で縁に荒い鋸歯があり、茎はよく分枝して草丈20~30㎝程度に成長します。
濃い緑色の葉と清楚な花のコントラストが美しい植物です。

▼ミヤコワスレの葉

ミヤコワスレ

夏の暑さにやや弱い性質ですが、環境が合えば育てやすく手がかかりません。

ミヤコワスレの名前の由来

ミヤコワスレの名前の由来には諸説あります。

鎌倉時代に承久の乱で佐渡に流された順徳天皇が、この花の可憐さを見て都への思いを忘れられた、という話から「都忘れ」と名付けられたという説。

原種のミヤマヨメナが江戸時代に入って品種改良され、都を忘れるほど美しいという意味で「ミヤコワスレ」と改名された説。

いずれにしろ、都を忘れるほど美しい花という意味に変わりはありません。

スポンサーリンク

ミヤコワスレ(都忘れ)の育て方

ミヤコワスレ(都忘れ)の育て方

栽培環境

水はけの良い、半日蔭の場所が適しています。
庭植えの場合は、午後から日陰になる場所や、落葉樹の下などに植えて下さい。

冬越し、夏越し

冬越し

ロゼット状の葉を出して越冬します。
耐寒性はかなり強く、余程の寒冷地でなければ防寒対策無しで冬越し可能です。

夏越し

暑さには弱いので、鉢植えなら風通しの良い半日蔭で管理して下さい。
強い西日が当たるような場所では日よけを設置します。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

元肥として、用土に緩効性化成肥料を混ぜ込みます。
追肥は3月~6月の間に1~2回程度、緩効性化成肥料を株元に置き肥します。

植え付け、植え替え

適期は5月~6月、9月~10月です。

植え付け

弱酸性の土壌を好みます。

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
さらに元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土3・ピートモス(酸度調整済)1などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え替え

鉢植えの場合は、根詰まりしやすいので、鉢底から根が伸びているようなら植え替えを行います。

庭植えの場合は、数年はそのままで大丈夫ですが、年数が経つと徐々に生育が悪くなってきます。
放っておくと知らない間に無くなってしまったり、強い品種だけが残る…ということもあるので、数年に一度は植え替えを行って下さい。

切り戻し

花が一通り終わったら、地際で切り戻します。
切り戻した茎は、挿し木に利用することが出来ます。

増やし方(株分け、挿し木)

株分け、挿し木(挿し芽)で増やすことが出来ます。

株分け

適期は5~6月、9~10月です。
掘り上げた株を切り分けて、植え付けて下さい。

挿し木(挿し芽)

適期は4月~6月です。

切り戻した茎も挿し穂として使うことが出来ます。
しっかりした茎を選んで、2節ほどの長さで切り取り挿し穂にします。
花がらと下葉を取り除いて一晩水揚げをしてから、挿し木用土に挿して下さい。
水を切らさないように明るい日陰で管理して発根を待ちます。

病気・害虫

アブラムシ、ナメクジ、ヨトウムシの被害が時々発生します。
見付け次第、駆除して下さい。

-多年草・宿根草
-, , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.