ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草 山野草

エビネの育て方

更新日:

学名…Calanthe discolor
和名…エビネ(海老根)
別名…ジエビネ、エビネランなど
科名…ラン科(カランセ属)
属名…エビネ属
原産国…日本、朝鮮半島、中国など
花色…白、黄色、ピンク、赤、紫、緑、茶など
草丈…30㎝~50㎝
日照…日陰~半日蔭
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:7 to 9

エビネの特徴

エビネ

エビネ仲間は、日本に約20種、アジア中南部、アフリカ南東部、オーストラリア北東部、オセアニアの島々、中米メキシコなどに約200種が分布するラン科の多年草です。
エビネとして栽培される種は、大きく分けると温帯性の春咲きエビネと、熱帯性の夏咲きエビネに分類することが出来ます。
ここでは最も一般的なエビネである春咲きのエビネを「エビネ」として紹介しています。

エビネ(Calanthe discolor)は、日本、朝鮮半島、中国に分布するラン科エビネ属の常緑性多年草です。
日本では、北海道南西部から沖縄にかけて分布しており、低山の常緑針葉樹林の林下などに自生しています。
以前は数多くのエビネが日本に自生していましたが、その数は減少しており、現在は準絶滅危惧種として保護されています。

エビネの自生種は、昭和40年代の東洋ランブームの時代に大量に採集され、また森林の伐採などによる自生地の減少によって、急速に個体数を減らしていました。
現在では交配によって生産された株が数多く流通するようになり、相対的に原種エビネの需要が減ったで、個体数が回復している地域もあるようです。

エビネの花期は4月~5月。
花期になると葉の間から花茎を伸ばし、上部に10~30輪ほどの花を穂状に咲かせます。
花は花径1~2㎝程度で、萼片、側花弁、中心部分の唇弁から構成されるラン科の植物らしい形状をしており、華麗で気品のある姿をしています。
花色は、白、黄色、ピンク、赤、紫、緑、茶などと多彩です。

▼エビネの花

エビネ

葉は長楕円形で2~3枚が茎に付き、縦に5本の脈が入ります。
秋に翌年の新芽を出し、冬の間に少し成長して春に大きく展開します。
花茎が伸びる頃には、草丈30~50㎝に成長します。
葉は陰影が美しく、常緑で耐陰性もあるため、シェードガーデンによく植栽されます。

▼エビネの葉

エビネ

繊細な性質の植物ですが、ラン科の中では育てやすい種類です。
環境さえ合えば、それほど手間はかかりません。
耐暑性、耐寒性は品種により異なりますが、あまり強い性質ではありません。

名前の由来

エビネの地下茎は、塊が数珠のように連なっており、それがエビのように反り返るユニーク形をしています。
このエビのような根の形状から「エビネ(海老根、蝦根)」の和名が付いています。

スポンサーリンク

エビネの育て方

エビネの育て方

栽培環境

自生のエビネは、木漏れ日が柔らかく差し込む林の中で生育しています。
強い日差しを浴びると葉焼けを起こします。

日陰から半日蔭の場所で育ちますが、完全な日陰だと花付きが悪くなります。
落葉樹の下やブロック塀の影などが適しています。
柔らかい土壌を好むので、庭植えの場合は腐葉土などをたっぷりと混ぜてふかふかの土を作って下さい。

心配な場合は鉢植えにして育てます。

冬越し、夏越し

冬越し

耐寒性は品種により異なりますが、あまり高く方ではありません。
霜に当たると葉が黒く枯れてしまいます。
鉢植えの場合は、霜の当たらない場所に移動して下さい。
庭植えの場合は霜よけを設置します。

氷点下になる日が多い寒冷地では、戸外での冬越しは不可能です。
室内に取り込んで管理して下さい。

夏越し

高温多湿の環境が苦手です。
鉢植えなら出来るだけ涼しい場所に移動して下さい。
寒冷紗で遮光する場合は、夏場は60~70%の遮光率です。

水遣り

乾燥に非常に弱い植物ですが、水を遣りすぎると根腐れを起こします。

鉢植えの場合は、土の表面が乾きかけたらたっぷりと。
夏場は用土の上にミズゴケを敷き、水の蒸発を防ぐと効果的です。
冬場は水遣りの回数を減らしますが、完全に乾燥させないようにして下さい。

庭植えの場合は、生育期間中に乾燥が続くようなら水遣りをして下さい。

新芽が出ているようなら、上から水はかけないように注意します。
水が溜まり軟腐病の原因になります。

肥料

5月~6月中旬、9月中旬~10月の間に肥料を施します。
開花中、夏場、冬場には肥料を施す必要はありません。

規定量の2倍(4000倍)に薄めた液肥を、週に1回程度施します。
エビネは根が弱いので、強い肥料を与えると根が傷んでしまいます。
必ず規定量の2倍に薄めて下さい。

植え付け、植え替え

植え付け

通気性・排水性の良い土を好みます。

用土は人それぞれですが、管理人宅の例では…

鉢植え…赤玉土(硬質・小粒)4、鹿沼土(小粒)4、腐葉土2
庭植え…鉢植えの配合土に庭土を混ぜる

…という配合の土を使っています。

エビネは地下茎が球状に連なって成長します。
この球状の地下茎は毎年1つずつ、新芽の付いている方向に増えていきます。
植え付ける際は、新芽の付いている方向を広めにし、成長するスペースを確保して下さい。

植え替え

適期は開花前の3月、開花後、秋の9月です。

鉢植えの場合は2~3年に一度、庭植えの場合は4~5年に一度の植え替えを行います。
土を振って軽く落とし水洗いをします。
腐った根や腐りかけた根があれば、切り離して下さい。
株が混み合っていれば株分けをして、新しい用土で植え付けます。

庭植えの場合も土は作り直して、環境の良い状態を保てるようにします。
植え付けたらしっかりと水遣りをし、肥料を与える場合は一週間程度、間をあけて下さい。

増やし方(株分け)

株分けが一般的です。
芽の付いていない球状の根(バルブ)からも増やすことが出来き、これをバックバルブふかしと言います。

株分け

新芽に古いバルブ(バックバルブ)が2~3個付いた状態で切り分けて、植え付けます。

バックバルブふかし

葉の付いていないバックバルブも、2~3個で切り離し、水苔に植えておけば新芽が出てきます。
バルブの頭が半分くらい出る程度の深さに植え、水を切らさないように管理して下さい。

病気・害虫

軟腐病

芽が腐って抜けたり、葉先が黒く腐ったりします。
発生した場合は、病変部分を取り除き、傷口に殺菌剤を塗布します。

ウイルス病

花弁に黒い斑点が出たり、葉の色がまだらになったりします。
発生すると治療の方法はありません。
他の株にも感染するため、用土と株は処分して下さい。
作業でハサミを使う場合は、1株ごとに消毒するか火であぶって殺菌することで、感染を予防できます。
この病気は、アブラムシを介して媒介するので、アブラムシが発生しないよう注意して下さい。

-多年草・宿根草, 山野草
-, , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.