宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草

ナツズイセン(夏水仙)の育て方

更新日:

学名…Lycoris squamigera
和名…ナツズイセン(夏水仙)
別名…ハダカユリ(裸百合)、ケイセイバナ、ツツラ、ピーピーグサ
科名…ヒガンバナ科
属名…ヒガンバナ(リコリス)属
原産国…中国
花色…ピンク
草丈…50cm~90cm
日照…日なた~半日蔭
難易度…星
USDA Hardiness Zone:5 to 9

ナツズイセンの特徴

ナツズイセン

ナツズイセンは、中国、日本に分布する多年草で球根植物です。
日本では、本州、四国、九州に分布しており、人里近い山野や道端で普通に見ることが出来る夏の花です。

日本に自生しているナツズイセン(Lycoris squamigera)は、中国原産のリコリス・スプレンゲリ(L. sprengeri)とリコリス・ストラミネア(L. straminea)の自然交雑種で、古い時代に中国から渡来し、帰化したものと考えられています。

花期は8月。
花期になると地面から花茎を真っすぐに伸ばし、先端に薄桃色の花を数輪まとまって咲かせます。
花は筒状で長さ7㎝前後になり、先端が6つに分かれてラッパ状に開きます。
一本の花茎には6~7輪の花が咲きます。
花色はピンクのみ。
上品な色合いの花は、群生させると見事な風景を作り出します。

▼群生するナツズイセン

ナツズイセン

葉は帯状で30~50㎝程度に伸びます。
葉は早春に芽を出し夏になると枯れ、その後に花茎が伸びて花を咲かせます。
花の時期に葉が無いことからマジックリリーとも呼ばれます。
「ナツズイセン」の名前は、葉がスイセンに似ており、夏に花を咲かせることに由来します。

耐寒性、耐暑性ともに高く、植えっぱなしでもよく増え、よく花を咲かせます。
病害虫の発生もほとんど無く、育てやすい植物です。

※ナツズイセンはヒガンバナに代表されるリコリスの仲間で全草に毒性があります。

ナツズイセンの品種

リコリス・スプレンゲリ(Lycoris sprengeri)

リコリス・スプレンゲリ

ナツズイセンの交配親であるスプレンゲリも美しい花を咲かせることから栽培されます。
中国雲南省原産のリコリスで、花弁の先が青味を帯びるのが特徴です。

スポンサーリンク

ナツズイセン(夏水仙)の育て方

ナツズイセン(夏水仙)の育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い環境が適しています。
日当たりを好みますが、半日蔭でも問題なく育ちます。
暗い日陰では花付きが悪くなるので、ある程度の日照は必要です。

冬越し、夏越し

耐寒性、耐暑性、ともに高く、特に対策の必要はありません。
土まで凍ってしまうような寒冷地の場合は、凍結対策をして下さい。
夏場に鉢植えで用土が乾きすぎるようなら、半日蔭に移動します。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと。
休眠期はやや乾燥気味に管理しますが、完全に乾かしてしまわないよう注意します。

肥料

庭植え、鉢植え共に、植え付けの時に元肥として堆肥や緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥は春の芽出し前に、緩効性化成肥料を株元に置き肥して下さい。

花柄摘み

花が終わったら花柄を摘み、すべての花が咲き終わった花茎は根元から刈り取ります。

植え付け、植え替え

植え付け

適期は5月下旬~7月の葉が枯れた休眠期です。
球根は乾燥を嫌うので、入手したらすぐに植え付けて下さい。

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜて水はけの良い環境を作っておきます。
さらに元肥として堆肥や緩効性化成肥料も混ぜ込んでおきます。
株間は球根2個分程度、球根の頂部が隠れる程度の深さで植え付けます。

鉢植えの場合は、市販の球根用培養土か、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの一般的な配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。
6号鉢に4~6球を目安に、球根の頂部が隠れる程度の深さで植え付けて下さい。

植え替え

鉢植え、庭植えともに、株が混み合って花付きが悪くなるようなら植え替えを行います。
適期は、5月下旬~6月の葉が枯れた後です。
掘り上げた球根は、分球してすぐに植え付けて下さい。

増やし方(分球)

自然分球で良く増えます。

分球

葉が枯れたら球根を掘り上げて、分球してすぐに植え付けます。
小さな球根は開花までに時間がかかります。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草
-

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.