宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

観葉植物

クンシランの育て方

更新日:

学名…Clivia miniata
和名…クンシラン(君子蘭)、ウケザキクンシラン(受咲き君子蘭)
科名…ヒガンバナ科
属名…クンシラン(クリビア)属
原産国…南アフリカ
花色…オレンジ、黄色
草丈…30cm~50cm
日照…半日蔭~日陰
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:9 to 11

クンシラン(君子蘭)の特徴

クンシラン(君子蘭)

クンシランの仲間は、南アフリカ、スワジランドに数種が分布する多年草です。
ほとんどの種は、薄暗い森林を自生地としています。
ランと名前につきますが、ラン科ではなくヒガンバナ科の植物でランの仲間ではありません。

クンシランとして栽培されるのは、南アフリカの東ケープ州、ムプマランガ州とクワズール・ナタール州、スワジランドの森林を自生地として分布するクリビア・ミニアタ種(Clivia miniata)です。
本来クンシランの和名を持つのはクリビア・ノビリス種(C. nobilis)ですが、日本ではウケザキクンシランの和名を持つ本種がクンシランとして定着しています。
ここでは一般的にクンシランとして流通しているミニアタ種の育て方について紹介しています。

日本には明治時代にヨーロッパを経由して渡来し、古典園芸植物として広く普及しています。
日本の他では、ニュージーランド、中国、アメリカなどでも人気があり、各地で多くのクンシランが栽培されています。

クンシランの花期は4月~5月。
花期になると葉の間から太い花茎を真っすぐに伸ばし、茎の頂部にじょうご形の花を散形状に咲かせます。
花は径4~7㎝程度で先端が6~9裂しており、一本の花茎に十数輪が開花します。
花色は基本種のオレンジの他、黄色、クリーム色。

▼クリーム色のクンシランの花

クンシラン

葉は剣形で美しいツヤを持ち、30~70㎝程度に成長します。
革質で美しいクンシランの葉は、花の無い時期にも観賞価値があります。
葉にクリーム色の斑が筋状に入る、斑入り品種も流通しています。

広い葉が立つように出て花茎が長く伸びる「高性広葉系」、幅広の葉が重なり合って左右に展開し、コンパクトにまとまる「ダルマ系」などの系統があります。
どちらの系統も育て方に大差ありません。

クンシランは薄暗い森林に自生する植物です。
日差しが強いと葉焼けを起こし、水が多いと根腐れを起こします。
また、ある程度の寒さに当たらないと花芽がつきません。
管理には少し手間がかかりますが、その分、鮮やかなオレンジ色の花が見事に咲いた時には思わず人に見せたくなるほど嬉しいものです。

スポンサーリンク

クンシラン(君子蘭)の育て方

クンシラン(君子蘭)の育て方

※クンシランは直射日光を嫌うため、通常は鉢植えで育てます。
ここでは鉢植えでの育て方を紹介しています。

栽培環境(年間スケジュール)

11月~翌4月

花芽は10℃以下の気温に60日ほど当たらないと出来ないので、秋は霜の直前まで屋外で育てます。
十分に寒さに当たることで、花芽が伸びて美しい花を咲かせてくれます。
その後、室内に取り込んだ後も気温の上がらない場所で管理します。
24時間暖房の効いた部屋は避けて下さい。

直射日光の当たらない明るい室内、レース越しに柔らかい日差しが差し込む窓辺などが適しています。

花が咲いたら涼しい場所で管理すると、花を長く楽しむことが出来ます。
種を取らない場合は、花後、早目に花茎を切り取って下さい。

5月~10月

遅霜の心配がなくなったら、屋外に出して下さい。
直射日光に当たると葉焼けを起こすので、木漏れ日の差し込む明るい日陰などが適しています。
遮光する場合は、春と秋は遮光率30%~40%、夏場は50%です。

日の当る方向に葉が偏って育つので、時々向きを変えてやるとバランスよく育ちます。

水遣り

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと。
葉に水がかかると根元に水が溜まって軟腐病の原因になります。
水は用土に直接やるようにして下さい。

肥料

肥料は4月~6月と9月に緩効性化成肥料を施します。
7月~11月には液体肥料を1カ月に1回程度、施して下さい。

植え付け、植え替え

適期4月~5月です。

植え付け(用土)

用土には、市販のクンシランの土か、赤玉土(中粒)6・軽石(中粒)1・腐葉土3などの配合土を使います。

植え替え

2~3年一度は植え替えを行って下さい。
古い土と痛んだ根を取り除いて、新しい用土で植え替えます。
株が込み合っているようなら、その時に株分けを行って下さい。

増やし方(種まき、株分け)

株分けと種まきで増やすことが出来ます。
種まきについては下記「種まき」の項目を参照下さい。

株分け

適期は植え替え時の4月~5月です。

根元から子株が出来るので、切り離して植え付けます。
子株はある程度育って、根が数本出ているものを選んで下さい。
根が出ていないようならしばらく親株の元で育てます。

種まき

開花までに5年ほどかかります。

受粉

クンシランの受粉

受粉は開花後1~2日後の朝が一番良いとされています。
雄しべの花粉を雌しべの頭に付けて受粉させて下さい。
別々の株で交配させた方が、生育の良い株ができると言われています。
2株以上のクンシランがある場合は、別の株から受粉させて下さい。

交配させる場合は、自家受粉を防ぐため、開花したら雄しべの葯(先端の部分)だけ取り除いておきます。

種の収穫

種の収穫は秋に行います。
果実が赤く熟したら収穫出来ますが、種は乾くと発芽率が下がります。
種まき時期の3~4月まで、そのまま実らせておくと簡単です。
秋に収穫した場合は、湿らせた砂に埋めて室内で保管して下さい。

種まき

適期は3月~4月です。

種をまく前に水洗いして果肉をしっかりと落としておきます。
果肉には発芽抑制物質が含まれているので、残らないようにきれいに洗って下さい。

種は平鉢やプランターにまき、覆土は種が隠れる程度にごく薄く。
発芽温度は20℃前後です。
直射日光の当たらない場所で水を切らさないように管理すれば、1~2か月程度で発芽します。

病気、害虫

白絹病

白絹病は過湿な環境で発生しやすい病気です。
水のやりすぎには注意して下さい。

軟腐病

軟腐病は株の中心に水が溜まると発生しやすくなります。
水やりの際には葉に水がかからないよう、土に直接水を与えるようにして下さい。

ナメクジ

5月~10月に発生し、新芽や根を食害します。
夜行性のため、夜間に見回って捕殺するか、薬剤で対処して下さい。

-観葉植物
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.