スイートバジルの育て方

学名…Ocimum basilicum
和名…メボウキ(目箒)
別名…スイートバジル、バジル、バジリコ
科名…シソ科
属名…メボウキ属
原産国…おそらく熱帯アジア
花色…白
草丈…20㎝~80㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:2 to 11

スイートバジルとは

バジル

スイートバジルは、シソ科メボウキ属の一年草です。
バジル、バジリコとも呼ばれ、香辛料として広く利用されています。
葉は独特の甘く爽やかな香りを持っており、イタリア料理には欠かせないハーブの一つとなっています。
新鮮なスイートバジルの葉をあしらったマルゲリータは絶品です。

古くから栽培されているため正確な原産地は不明ですが、熱帯アジアが起源ではないかと言われています。

スイートバジルの花期は6月下旬~9月。
花期になると、分枝した茎の頂部に花序を出し、花を咲かせます。
花序は10~20㎝程度の長さになり、花は花序の節に輪生します(輪散花序)。

▼スイートバジルの花序

バジルの花序

花はシソ科の植物の多く見られる唇形花です。
唇形花とは、筒状に合着した花弁の先が上下2つに分かれている花のことで、この様子を口に見立て、上部を上唇(ジョウシン)、下部を下唇(カシン)と呼びます。

スイートバジルの唇形花は上唇が4裂しており、雄しべは4個、花冠からやや突き出します。

▼スイートバジルの唇形花

バジルの花

一般的に流通しているスイートバジルの花は白色が大半ですが、薄紫色やピンク色の花を咲かせる品種もあります。

花後には直径2.5mmほどの小さな種子が出来ます。

スイートバジルの種子

この種子は、水を含むと乾燥状態の20~30倍に膨張して、ゼリー状の物質で覆われる性質があります。
東南アジアでは、この種子をデザートや飲料として利用します。

日本には当初、漢方薬としてこの種子が渡来しました。
ゼリー状の物質が目の汚れを取り除くとされ、目薬として利用されていたようです。
和名の「メボウキ」はこのことに由来しています。
目薬としては現在利用されていませんが、飲料用にバジルシードの名前で流通しています。

▼バジルシード

バジルシード

葉は対生し、長さ2.5~5㎝、幅1~2.5㎝の卵形~長円形です。
縁は不規則な歯がある場合と無い場合があり、内側か外側に反ります。
葉柄は長さ約1.5㎝で、わずかに翼があります。

▼スイートバジルの葉

スイートバジルの葉

春先に植えておけば、秋まで新鮮な葉を楽しめます。
摘心することで枝数がどんどん増え、収穫量も増えていきます。
基本的に丈夫な性質で、育てやすいハーブです。

スイートバジルとバジル

スイートバジル(sweet basil)という名前は、メボウキ(Ocimum basilicum)の英名です。
近年になって「スイートバジル」の名前で流通することが多くなったため、新しい品種と思われがちですが、バジル、バジリコ同様にメボウキを指します。
英語圏ではコモンバジル(common basil)とも呼ばれますが、スイートバジルの方がより一般的に使われています。

ただし、名前に「スイート」と付く品種がいくつかあるので、こちらが日本で販売される際に「スイートバジル」という流通名になっている可能性も否定できません。

以下、名前に「スイート」が付く品種です。

  • ラージ・スイート・イタリアン‘Large Sweet Italian’
  • マンモス・スイート‘Mammoth Sweet’
  • スイート・ブロードリーフ‘Sweet Broadleaf’
  • スイート・ジェノベーゼ ‘Sweet Genovese’
  • スイート・グリーン‘Sweet Green’
  • スイート・ダニー‘Sweet Dani’
  • スイート・ファイン‘Sweet Fine’
  • スイート・タイ‘Sweet Thai’

スイートバジル主な品種

古くから栽培されているハーブで、160以上の品種が登録されています。
ここでは基本的な品種ではなく、少し変わった品種を取り上げています。

ダークオパール(Ocimum basilicum ‘Purpurascens’)

バジル ダークオパール

1950年代にアメリカ・コネチカット大学で作出された有名品種です。
紫葉が美しく、淡いピンク色の花を咲かせます。

レッドルビン(Ocimum basilicum ‘Red Rubin’)

バジル レッドルビン

ダークオパールより葉色が赤い品種です。
オパールバジルとも呼ばれています。

タイバジル(Ocimum basilicum var. thyrsiflorum)

タイバジル

東南アジア原産のバジルの変種です。
基本種とは異なる独特の香りがあり、長時間火にかけても香りが残るので、煮込み料理などによく使われます。
茎や花序は紫色をしており、淡いピンク色の花を咲かせます。

レモンバジル(Ocimum americanum)

レモンバジル

バジル(Ocimum basilicum)の近縁種です。
学名に「americanum」と入っていますが、原産地はアメリカではなく、アフリカ、インド亜大陸、中国および、東南アジアです。
タイ料理によく使われるバジルで、ホーリーバジルとも呼ばれます。
タイバジルと混同されますが、本場のガパオライスに入っているのはこちらです。

他にも数多くの品種があります。

バジルの育て方

スイートバジルの育て方

栽培環境

日当たりと水はけが良く、肥沃で腐植質に富んだ場所が適しています。
熱帯アジア原産の植物で、高温多湿な環境でも元気に育ちます。
ただし、日当たりが悪い場所ではうまく育たないので、よく日の当たる場所で育てて下さい。

露地植えの場合は植え場所の用土にあらかじめ、苦土石灰、完熟堆肥、有機肥料を混ぜ込んでおきます。

種まき

適期は4月上旬~6月下旬です。

霜に当たると枯れてしまうので、直まきの場合は遅霜の心配がなくなってから種を撒いて下さい。
発芽適温は地温が20℃~25℃です。

種は20~30㎝の間隔で、2~3粒ずつ点まきします。
または、ポットに2~3粒ずつ撒きます。
覆土はごく薄く。

発芽は5~10日後になります。
本葉が2枚程度になったら、元気な苗を残して間引きます。

植え付け

ポットで育てた苗や、購入した苗を植え付けます。
適期は5月上旬~7月中旬です。

鉢植えの用土は、市販の野菜の土や、ハーブの土が手軽です。
18㎝鉢に1株、65㎝プランターに2~3株が目安です。

露地栽培の場合は、株間20~30㎝程度です。

水やり

水切れには弱いので、特に梅雨明け以降は乾燥に注意して管理します。

鉢植えの場合は、真夏は朝夕の水やりが必要になります。

露地栽培の場合は、乾燥が続くようなら早めに水やりをして下さい。
梅雨明け以降は、株元に敷き藁などを敷いて、強い乾燥を予防します。

肥料

鉢植えの場合は、2周間に一度、即効性の液体肥料を施します。

露地植えの場合は、月に1度、肥料を施します。

摘心

本葉が10枚以上に成長したら、芽を摘んで脇芽を増やします。
摘心すると、どんどん脇芽が増えていくので、収穫を兼ねて積極的に行って下さい。

6月下旬以降、茎頂に花序が出てきます。
花を咲かせると葉が固くなるので、早めに摘み取ります。
バジルシードを収穫したい場合は、そのまま花を咲かせ、花序が完全に枯れるまで放置しておきます。
ただし、種をつけると株が老化しやすいので、注意が必要です。

冬越し

耐寒性が無いため一年草として扱われますが、5℃以上の気温があれば、冬越しが可能です。
気温が下がる前に、露地栽培の場合は鉢上げをして、室内に取り込みます。
室内ではできるだけ日当たりの良い場所で管理して下さい。

増やし方

挿し芽と種まきで簡単に増やすことが出来ます。

挿し芽

気温があればいつでも可能です。

切り取った芽を、しっかりと水揚げをした後、挿し木用土に指します。
明るい日陰で水を切らさないように管理し、発根を待ちます。

種まき

種の採取

花後に花序が茶色くなったら、花序ごと切り取ります。
乾燥が足りないようだったら、陰干しをしてしっかりと乾燥させます。

乾燥した花序を指でしごいてサヤを落とし、手で揉むようにして中の種を取り出します。
種は封筒などに入れ、さらに瓶などに入れて涼しい場所で保管します。

種まき方法については上記「種まき」の項目を参照下さい。

病気・害虫

苗が小さい頃に、ヨトウムシによる食害が発生することがあります。

ヨトウムシは夜行性で、昼間は土の中に潜んでいます。
食害があった株の近くの土を軽く掘ると見つかることがあるので、捕殺して下さい。

-一年草・二年草, ハーブ