ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草 多肉植物

ブルビネ・フルテスケンス(ハナアロエ)の育て方

更新日:

学名…Bulbine frutescens
別名…ブルビネ・フルテッセンス
科名…ススキノキ科(ツルボラン科)
属名…ブルビネ属
原産国…南アフリカ
花色…オレンジ、黄色
草丈…25㎝~60㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:9 to 11

ブルビネ・フルテスケンス(ハナアロエ)の特徴

ブルビネ・フルテスケンス(ハナアロエ)

ブルビネ・フルテスケンス(ハナアロエ)は、南アフリカに分布するススキノキ科の常緑性の多年草です。
ハナアロエ(Bulbine frutescens)が属するブルビネ属の植物は、南アフリカを中心に約30種が分布していますが、一般的に流通しているのは本種のみです。

分布は南アフリカの東ケープ州を中心に、北、西ケープ州に広がっており、日当たりの良い乾燥した谷などに自生しています。
「ハナアロエ」の和名を持ちますが、アロエはアロエ属、ハナアロエはブルビネ属で別属の植物です。
アロエのように多肉質な葉を持ち、オレンジ色の花を咲かせることから「ハナアロエ」の名前が付いたのではないかと推察されますが、詳細は不明です。
属名の「ブルビネ」の名前で流通することもあります。

ハナアロエの花期は4月~11月。
長く伸びた花茎の先に、花径1㎝程度の小さな星形の花を、総状に咲かせます。
花は一日花ですが花期の間は次々と開花し、気温さえあれば長期間、花を楽しむことが出来ます。
花色はオレンジ、黄色。
オレンジ花の「ホールマーク」という品種がよく流通しています。

▼ハナアロエの花

ブルビネ・フルテスケンス(ハナアロエ)

葉は多肉質で細長く、よく分枝して茂ります。

▼ハナアロエの葉

ハナアロエ

強健な性質で生育旺盛な植物です。
南アフリカ原産の植物だけあって、耐暑性は抜群です。
真夏になると花付きは多少減りますが、長い花期の間、次々と花を咲かせます。
ただ、多湿にはやや弱い性質で、長雨が続くと蒸れから株が傷んでしまうことがあります。
耐寒温度は3℃程度と言われていますが、中国地方の管理人宅(最低気温-3℃、積雪無し)では対策無しで戸外で冬越ししています。

よく似た名前の植物にブルビネラがありますが別属の植物です。

スポンサーリンク

ブルビネ・フルテスケンス(ハナアロエ)の育て方

ブルビネ・フルテスケンス(ハナアロエ)の育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
過湿な環境を嫌うので、風通しも良いと最適です。

冬越し

耐寒温度は3℃以上です。
関東以西の平地では、戸外での冬越しが可能ですが、霜や強い寒さに当たると葉が傷んでしまいます。
鉢植えの場合は軒下に移動して下さい。
庭植えの場合は、株元を腐葉土や敷き藁でマルチングし、霜よけを設置します。
寒冷地では鉢植えにして室内に取り込んで下さい。

ちなみに管理人宅(最低気温-3℃、積雪無し)では、対策無しで庭で越冬しています。
寒さと霜で葉が少し傷みますが、枯れることなく冬を越しています。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土がしっかりと乾いてからたっぷりと。
葉に張りが無くなる前に水遣りをするようにして下さい。

乾燥気味の環境を好む植物です。
過湿にすると根腐れの原因になるので注意して下さい。

肥料

春と秋に、少量の緩効性化成肥料を置き肥します。
多肥にする必要はありません。

植え付け、植え替え

適期は4月~5月、9月中旬~10月中旬です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土を使います。

植え替え

根詰まりを起こすと蒸れやすく、また、地下茎が伸び上がって見栄えも悪くなります。
鉢植えの場合は2年に一度、株分けを兼ねて植え替えを行います。

庭植えの場合は特に必要ありませんが、増えすぎているようなら株分けを行います。

花柄摘み

花が終わった花茎は、根元から切り取って下さい。

増やし方(株分け)

株分けで増やすことが出来ます。

株分け

適期は4月~5月、9月中旬~10月中旬の植え替え時です。
掘り上げた株をハサミなどで切り分けて植え付けます。

病気、害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草, 多肉植物
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.