宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草 グランドカバー

ハナニラ(イフェイオン)の育て方

更新日:

学名…Ipheion uniflorum
和名…ハナニラ(花韮)
別名…イエイオン、アイフェイオン
科名…ネギ科(またはユリ科)
属名…ハナニラ属(イフェイオン属)
原産国…南アメリカ
花色…白、青、紫、ピンク、黄
草丈…15㎝~25㎝
日照…日なた~半日蔭
難易度…星
USDA Hardiness Zone:5 to 9

ハナニラ(イフェイオン)の特徴

ハナニラ(イフェイオン)

イフェイオンは、南アメリカのメキシコからアルゼンチンにかけて約25種が分布するネギ科の球根植物です。
最もよく流通しているのはイフェイオン・ユニフロルム種(Ipheion uniflorum)です。

ユニフロラム種は、アルゼンチン、ウルグアイに分布するイフェイオンで、栽培が容易で美しい花を咲かせることから、世界で広く栽培されています。
そのため、逸失したものがヨーロッパ、オーストラリアなど多くの地域で帰化植物として定着しています。
日本には明治時代に観賞用として渡来しており、現在では本州の関東から九州にかけての地域で帰化しています。

一般的に「ハナニラ」と言うとユニフロラム種を指しますが、近年では黄色い花を咲かせる黄花ハナニラ(Nothoscordum sellowianum)や、晩秋から白い花を咲かせるパルビフローラ種(Tristagma recurvifolium)も流通するようになっています。
両種は現在ハナニラ属ではありませんが、かつてハナニラ属に分類されていた名残で、ハナニラの仲間として販売されることがあります。

花期は品種によって異なります。
ハナニラは3月~4月、黄花ハナニラは2月~4月、パルビフローラは11月~12月です。

花期になると葉の間から細い花茎を数本伸ばし、頂部に花径2~3㎝程度の花を一輪咲かせます。
花は6枚の花被片を持つ星形で、花被片の中央には淡い色合いの線が入ります。
花色は白、青、紫、ピンク、黄色。

▼ハナニラの花

ハナニラ

葉は、やや幅のある線形でニラに似ており、球根から出て10~25㎝の長さに伸びます。
花を咲かせて、草丈15~25㎝程度に成長します。
葉茎にはニラに似た匂いがあり、ハナニラの名前の由来になっています。
ニラの名前が付きますが、ニラとは別属の植物で、食用ではありません。

▼ハナニラの葉の様子

ハナニラ

植えっぱなしで手のかからない球根で、自然分球やこぼれ種でよく増えます。
春のグランドカバーとして使うことも出来ますが、夏場は地上部がなくなって休眠します。

ハナニラの主な品種

ハナニラ(Ipheion uniflorum)

ハナニラ

花期は3月~4月で、花色は青、ピンク、白。
密植すると最盛期には花の絨毯のようにたくさんの花を咲かせます。
園芸品種では花がやや大きく青藤色の花が美しい「ウィズレー・ブルー」や、ピンクの花が愛らしい「シャーレット・ビショップ」などが有名です。

黄花ハナニラ(Nothoscordum sellowianum)

黄花ハナニラ

アルゼンチン、ウルグアイに分布するハナニラで、黄色の花を咲かせます。
花期は2月~4月。
鮮やかな黄色が早春の庭に映えます。
ハナニラと呼ばれますが、現在ではノトスコルダム属に分類されており、ハナニラとは別属の植物になります。

イフェイオン・パルビフローラ(Tristagma recurvifolium)

ウルグアイに分布しており、晩秋の11月から12月にかけて、白い花を咲かせます。
こちらもかつてイフェイオン属に分類されていた名残で、「イフェイオン」の名前で呼ばれることが多いのですが、現在ではトリスタグマ属に分類されています。

スポンサーリンク

ハナニラ(イフェイオン)の育て方

ハナニラの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
半日蔭でもよく育ちますが、日照時間が足りないと徒長して花付きが悪くなります。
その上繁殖力も落ちてしまうので、できるだけ日当たりの良い場所で育てて下さい。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと。
休眠中の夏場は、水やりをする必要はありません。

肥料

あまり多くの肥料を必要とする植物ではありません。

庭植え、鉢植えともに、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥の必要はありません。

植え付け、植え替え

植え付け

適期は9月~11月です。

庭植えの場合は、水はけが悪いようなら用土に腐葉土を混ぜ込んでおきます。
さらに元肥として、緩効性化成肥料を混ぜ込みます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)5・腐葉土3・ピートモス(酸度調整済)2の配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え替え

適期は9月~11月ですが、数年間は植えっぱなしで大丈夫です。
鉢がいっぱいになったり、分球して増やしたい時などに植え替えて下さい。

増やし方(分球、種まき)

分球と種まきで増やすことが出来ますが、放任でもよく増えます。

分球

秋の植え替え時に球根を分割して植え付けて下さい。

種まき

種の採取

花後に種ができるので、茶色くなったら種を取り出して下さい。
採取した種は袋などに入れて涼しい場所で保管します。

種まき

適期は5月~6月です。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草, グランドカバー
-, , , , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.