宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草

トリテレイアの育て方

更新日:

学名…Triteleia
別名…ヒメアガパンサス、ブローディア
科名…キジカクシ科
属名…トリテレイア属
原産国…北アメリカ西部
花色…紫、青、白、黄色など
草丈…20㎝~50㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone: 5 to 9

トリテレイアの特徴

トリテレイア

トリテレイアは、北アメリカに15~20種が分布するキジカクシ科トリテレイア属の多年草です。
分布域は主にカナダ西部のブリティッシュコロンビア州からアメリカのカリフォルニア州にあり、メキシコ北西部にも1種が自生しています。

主に流通しているのは、トリテレイア・ラクサ種(Triteleia laxa)とトリテレイア・ブリッジシー種(T. bridgesii)の二種のトリテレイアです。
両種共にアメリカに自生するトリテレイアで、美しい花を咲かせることから観賞用として栽培されています。

トリテレイアの花期は5月~6月。
花期になると、長い花茎を真っすぐに伸ばして花序を出し、花径1.5~3㎝程度の花を多数咲かせます。
花は漏斗状で、萼片が花弁状に変化した外側の花被片(外花被片)3枚と、内側の花被片(内花被片)3枚を持っています。
各花被片の中央には特徴的なラインが入っており、雄しべは6本、雌しべは1本で、雌しべの先端は3裂しています。

▼トリテレイアの花の様子

トリテレイア

トリテレイアの名前はギリシャ語で3を意味するトリアス(trias)から来ており、花を構成する花被片、雄しべ、雌蕊の柱頭がそれぞれ3個ずつあることに由来しています。
花色は青、紫、白、黄色など。

▼トリテレイアの花

トリテレイア

葉は細い線状で2~3枚を根生します。
葉茎が細いので全体的に華奢な印象です。

丈夫な性質で、数年間は植えっぱなしでもよく増え、よく花を咲かせます。
花後は地上部が枯れて休眠に入り、秋に再び芽吹きます。

トリテレイアは、アガパンサスを小さくしたような花姿をしている事からヒメアガパンサスとも呼ばれています。
また、以前はブローディアエア属に分類されていたため、ブローディアの名前で呼ばれることもあります。

スポンサーリンク

トリテレイアの主な品種

トリテレイア・ラクサ(Triteleia laxa)

トリテレイア

アメリカのカリフォルニア州に自生しているトリテレイアです。
花色は青、紫、白。
花茎は30~60㎝に成長します。
園芸品種では、美しい青紫色の花を咲かせるクイーンファビオラ(cv. Queen Fabiola)が有名です。

トリテレイア・ブリッジシー(Triteleia bridgesii)

カリフォルニア州からオレゴン州の、丘陵地帯や低山の傾斜地などに自生するトリテレイアです。
花色は青紫で、花茎は30~40㎝程度に伸びます。

トリテレイア・イキシオイデス(Triteleia ixioides)

トリテレイア

カリフォルニア州からオレゴン州に分布するトリテレイアです。
花色は黄色で、花茎は30㎝程度に成長します。
写真は鮮やかな黄花を咲かせる園芸品種のゴールデンスター(cv. Golden Star)です。

他にも数種の原種が流通しています。

スポンサーリンク

トリテレイアの育て方

トリテレイアの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
半日蔭でも育ちますが、花付きが多少悪くなります。
寒風に当たると葉先が傷むことがあるので、風の避けられる場所で育てて下さい。

冬越し、夏越し

冬越し

強い霜に当たったり寒風に当たると葉が傷みます。
鉢植えの場合は霜や強い風を避けられる軒下などに移動をして下さい。
寒冷地の場合は霜よけを設置します。

夏越し

花後に葉が枯れて休眠期に入ります。

休眠期に水をやると球根が腐ってしまうことがあります。
鉢植えの場合は、雨の当たらない場所で管理して下さい。
庭植えの場合はそのまま夏越ししますが、心配なら葉が枯れてから球根を堀り上げ、秋まで風通しの良い場所で保管します。

水やり

庭植えの場合はほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土が乾き始めたらたっぷりと。
休眠期には水やりの必要はありません。
花後から徐々に水やりを減らし、夏の間は完全に水を断ちます。

肥料

植え付け時に元肥として、緩効性化成肥料を置き肥して下さい。
追肥は、液体肥料を3月下旬~5月の間に施します。

肥料が多すぎると球根が腐ってしまうことがあるので、少な目を心掛けて下さい。

植え付け、植え替え

適期は10月~11月です。

植え付け

庭植えの場合は、あらかじめ用土に苦土石灰を混ぜて土壌を中和しておきます。
さらに腐葉土を混ぜ込んで水はけを良くし、植え付け後は元肥として緩効性化成肥料を置き肥します。
株間は7~10㎝、覆土は3㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土3・軽石1などの水はけの良い配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。
5号鉢に3~5球、深さ2~3㎝程度で植え付けます。

植え替え

鉢植えの場合は増えすぎると花付きが悪くなるので、2~3年に1度、分球を兼ねて植え替えます。
庭植えの場合は、特に植え替えの必要はありません。

増やし方(分球)

分球で簡単に増やせます。
自然に分球するので、植え替えの時に球根を分けて植え付けます。

病気・害虫

病害虫発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草
-, , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2018 All Rights Reserved.