宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草

アガパンサスの育て方

更新日:

学名…Agapanthus
和名…ムラサキクンシラン(紫君子欄)
科名…ヒガンバナ科(ムラサキクンシラン科)
属名…ムラサキクンシラン属(アガパンサス属)
原産国…南アフリカ
花色…青、青紫、白、複色
草丈…30㎝~150㎝
日照…日なた~半日蔭
難易度…星
USDA Hardiness Zone:品種による

アガパンサスの特徴

アガパンサス(ムラサキクンシラン)

アガパンサスの仲間は、南アフリカに約10種が分布するヒガンバナ科の多年草です。
分布域は南アフリカの他、レソト、スワジランド、モザンビークなどにあり、「ナイル・リリー」または「アフリカン・リリー」と呼ばれています。
美しい花を咲かせることから、世界各地で栽培されており、逸失したものがオーストラリアやイギリス、アメリカなど一部の地域で帰化しています。

アガパンサスは非常に交配種、園芸品種の生産が盛んな植物で、現在では300種以上の品種があると言われています。
日本で栽培されているものの多くは、ムラサキクンシランの和名を持つアガパンサス・アフリカヌス種(Agapanthus africanus)であるとされていますが、アフリカヌス種ではなく、アガパンサス・プラエコクス種(A. praecox)とプラエコクス種の数種の亜種などの他、プラエコクス種を元とした多数の園芸品種だと思われます。
※詳細は下記「アガパンサスの主な品種」の項目を参照下さい。
「ムラサキクンシラン」の和名を持ちますが、クンシランとの類縁関係はありません。

アガパンサスの花期は6月~7月。
花期になると花茎をまっすぐに伸ばし、頂部に散形花序を付け、花径2~5㎝程度の花を多数咲かせます。
花は先が6裂した漏斗状で、花序は径10~20㎝程度の半球形になります。
花は花序の外側から内へと咲き進み、涼し気な色合いで夏の花壇を彩ります。
花色は青、青紫、白、複色。

▼白花のアガパンサス

アガパンサス

やや肉厚で光沢のある葉は線形で、地際から多数出て茂ります。
常緑種と落葉種、その中間の種があり、草丈30㎝程度の小型種から1mを超える大型種まで、バラエティーに富んだ品種が流通しています。

▼アガパンサスの葉の様子

アガパンサス

丈夫な性質で育てやすい植物です。
落葉種は耐寒性が高く、常緑種は半耐寒性です。
放任でもよく育ち、たくさんの花を咲かせます。

※アガパンサスは、2009年に公表されたAPG III分類体系でヒガンバナ科に分類されていますが、かつてはアガパンサス科またはユリ科、ネギ科などに分類されていたこともあります。

アガパンサスの主な品種

アガパンサス・アフリカヌス(Agapanthus africanus)

南アフリカ西ケープ州の希望岬に分布するアガパンサスです。
半耐寒性の常緑種で、草丈50~60㎝程度に成長し、青紫色の花を咲かせます。

日本に限らず世界で最も栽培されている種であると言われていますが、世界的に普及しているのは下記のプラエコクス種である可能性が高いようです。
と言うのも、アフリカヌスはよく湿った土壌を好み、暑くて乾燥した夏と湿った冬という特殊な気候を持つ希望岬特有の種であり、栽培は困難とされているからです。

※参考サイト→南アフリカ国立生物多様性研究所によるサイト「PlantZAfrica」プラエコクス種についての記述

アガパンサス・プラエコクス(A. praecox)

南アフリカのケープ半島から西ケープ州中部にかけて分布するアガパンサスです。
半耐寒性の常緑種で、3種の亜種があります。

プラエコクス・オリエンタリス(A. praecox subs. orientalis)

アガパンサス・プラエコクス

南アフリカの東ケープ州と南クワズール・ナタール州に分布する、プラエコクス種の亜種です。
草丈80~100㎝程度に成長します。
基本種の花色は薄紫(稀に白)です。
多くの園芸品種の交配親となっている種で、園芸品種では白花の他、紫、薄紫、ブルーなどの花色が揃い、草丈も矮性種から高性種までバラエティーに富んでいます。

スポンサーリンク

アガパンサスの育て方

アガパンサス(ムラサキクンシラン)の育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
日光を好みますが、半日蔭でも育ちます。
日照時間が足りないと花付きが悪くなるので、少なくとも半日程度は日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し

品種によって耐寒性が異なります。
落葉種は耐寒性が高く、常緑種はやや劣ります。
どちらの品種も根まで凍ってしまうと枯れるので、凍結の心配がある時は腐葉土や敷き藁などで対策をしたり、冬の間は鉢上げをして凍らない場所で管理します。

常緑種は霜で葉が枯れてしまう場合があります。
霜よけをすれば安心ですが、葉が枯れても根が生きていれば春に再び芽吹きます。
葉を枯らさずに冬を越した方が春からの生育が良くなります。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと。

過湿に弱く、やや乾燥気味の環境を好みます。

肥料

庭植えの場合は、元肥として用土に堆肥や腐葉土を混ぜておきます。
追肥は必須ではありませんが、早春と秋に緩効性化成肥料を少量施すと、花付き、生育ともによくなります。

鉢植えの場合は、4月~5月、9月~10月の生育期に緩効性化成肥料を月に1回程度、置き肥します。

植え付け、植え替え

植え付け

適期は3月~4月、9月~10月です。

庭植えの場合は、用土に腐葉土や堆肥を混ぜ込んで、フカフカの土を作って下さい。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え替え

庭植えの場合は、数年が経過して株が混み過ぎているようなら、株分けを兼ねて植え替えを行います。
4~5年はそのままでも大丈夫です。

鉢植えの場合は、根詰まりを起こすと生育に影響するので1~2年に一度、植え替え行って下さい。

花茎切り

放っておくと結実して、養分が取られてしまいます。
種が必要でない場合は花が咲き終わったら花茎の付け根部分から切り取ってしまいます。

増やし方(株分け・種まき)

株分けと種まきで増やすことが出来ますが、株分けの方が簡単です。
種まきについては下記「種まき」の項目を参照ください。

株分け

適期は3月~4月、9月~10月です。
あまり小さく分けすぎると開花までに時間がかかります。
3~5芽が一株になるように分けて下さい。

種まき

開花までには4~5年かかります。

種の採取

花後にできた鞘が茶色く枯れ、黒い種が見えて来たら採取できます。
長期保存すると発芽率が下がるので、すぐに播いて下さい。

種まき

適期は8月~9月です。
発芽温度は20℃~25℃です。
種は播種箱やポットにまき、覆土は種がやっと隠れる程度に薄く2~3mm。
発芽までには30日~40日程度かかります。
播種箱に蒔いた場合は、本葉が3枚~4枚になったらポット上げして下さい。

病気・害虫

アブラムシが稀に発生することがあります。
見つけ次第対処して下さい。

-多年草・宿根草
-, , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.