宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

一年草・二年草

アゲラタム(カッコウアザミ)の育て方

更新日:

学名…Ageratum
和名…カッコウアザミ、オオカッコウアザミ
科名…キク科
属名…カッコウアザミ属(アゲラタム属)
原産国…熱帯アメリカ
花色…ブルー、白、ピンク、薄紫
草丈…15㎝~80㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:10 to 13

アゲラタム(カッコウアザミ)の特徴

アゲラタム

アゲラタムは、中央アメリカ、メキシコを中心に40~60種が分布するキク科の多年草、または一年草です。
アゲラタムとして流通しているのは、ブラジルを中心とした熱帯アメリカに分布するカッコウアザミ(Ageratum conyzoidese)と、メキシコを中心とした中米に分布するオオカッコウアザミ(A.houstonianum)です。
両種ともに耐寒性が低く、日本では冬の寒さで枯れてしまうため、一年草として扱うのが一般的です。

アゲラタムの花期は5月~11月。
花期になると茎の頂部に、散房花序を形成し、アザミに似た頭花を多数咲かせます。
頭花は花径0.6~2㎝程度で、筒状花のみで形成されており、キク科の植物によく見られる花弁のような舌状花はありません。
花は長い花期の間、次々と開花します。
花色は、白、ピンク、ブルー、薄紫。

▼ピンク色のアゲラタム

アゲラタム

葉は心形で縁に鋸歯があり、下部では対生、成長して茎が伸びると互生します。
茎はよく分枝して、こんもりと茂ります。
草丈は矮性種で20㎝前後、高性種で80㎝程度に成長します。
水揚げ、花持ちが良く、高性種は切り花としてもよく利用されています。

耐暑性が高く、強健な性質です。
放任でもよく花を咲かせ、品種によってはこぼれ種でもよく増えます。

よく似た草姿の花にユーパトリウム(セイヨウフジバカマ)があります。

アゲラタムの主な品種

カッコウアザミ(Ageratum conyzoidese)

カッコウアザミ

By Minghong (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

ブラジルを中心とした熱帯アメリカ原産のアゲラタムです。
元来は熱帯アメリカに分布していましたが、現在ではアフリカやアジアなど世界の広い地域で帰化状態にあります。
日本でも沖縄で帰化植物として定着しています。

日本には明治時代に渡来し、戦前から栽培されていましたが、現在では花の大きいオオカッコウアザミの方が主流になっています。
花を咲かせながら草丈30~100㎝程度に成長します。

オオカッコウアザミ(Ageratum houstonianum)

オオカッコウアザミ

メキシコを中心とした中米に分布しているアゲラタムです。
カッコウアザミに比べると花が大きく、アゲラタムとして流通しているのは本種が大半です。
花を咲かせながら、草丈30~100㎝程度に成長します。
基本種の花色は淡い紫ですが、様々な花色の園芸品種があります。

他にも両種の交雑種など、様々な園芸品種が流通しています。

スポンサーリンク

アゲラタム(カッコウアザミ)の育て方

アゲラタム(カッコウアザミ)の育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
生育旺盛で特に土質は選びません。

冬越し

耐寒性は低く、冬越しには0℃以上の気温が必要です。
一年草として扱うのが一般的ですが、冬越しをする場合は秋の9月頃に挿し芽(挿し木)で株を更新して、室内で管理して下さい。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと。
過湿な環境が続くと根腐れを起こすので注意して下さい。

肥料

庭植えの場合は、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥の必要はほとんどありません。

鉢植えの場合は、5月~6月、9月に緩効性化成肥料の置き肥をしますが、多肥にすると葉ばかりが茂り花付きが悪くなるので、肥料は様子を見ながら与えて下さい。

植え付け

適期は4月~6月です。

庭植えの場合は、用土に腐葉土などを混ぜ込んで水はけの良い環境を作っておきます。
さらに元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んで下さい。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土7・腐葉土3の配合土に少量の緩効性化成肥料を混ぜたものを使います。

切り戻し

夏になって開花が鈍ったら、8月頃に切り戻すと秋に再び美しい草姿で花を咲かせます。
切り戻しの位置は草丈の1/2程度の高さです。
夏の切り戻しが必須という訳ではありませんが、高温多湿にはやや弱い性質なので、込みすぎた場合は適宜、切り戻しを行って下さい。

増やし方(挿し芽、種まき)

挿し芽(挿し木)と種まきで増やすことが出来ます。
種まきについては下記「種まき」の項目を参照下さい。

挿し芽(挿し木)

適期は5月~6月頃ですが、気温が15℃以上あればいつでも可能です。
芽を先端から2~3節の部分で切り取って挿し穂にします。
下の節の葉を取り除いたら水揚げをし、葉を取り除いた節が埋まるように挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して発根を待ちます。

種まき

種の採取

花後に種が出来るので、晴れた日を選んで花茎ごと採取して、種を取り出して下さい。
採取した種は封筒などに入れ、日陰で乾燥させてから涼しい場所で保管します。

種まき

適期は4月~6月中旬です。

種が小さいので、種まきは箱まきかピートバンを使います。
覆土はせず、水は底面給水で与えます。
発芽温度は20℃~25℃。
発芽したら適当に間引き、本葉が2~3枚程度になったらポット上げし、根が回ったら定植して下さい。

病気、害虫

ハダニ

夏場に発生しやすくなります。
食害された部分は白っぽい斑点状になり、生育に影響します。
発生したら薬剤を使って駆除して下さい。

-一年草・二年草
-, , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.