宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草

シルバーレースの育て方

更新日:

学名…Tanacetum ptarmiciflorum
科名…キク科
属名…タナケツム属
原産国…カナリア諸島
花色…白
草丈…20㎝~60㎝
日照…日なた
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:8 to 9

シルバーレースの特徴

シルバーレース

シルバーレースは、アフリカ大陸北西の大西洋に浮かぶ島、カナリア諸島に分布する常緑性の多年草です。
シロタエギクと草姿が似ていますが、シロタエギクはセネシオ属、シルバーレースはタナケツム属に分類されており、別属の植物です。

シルバーレースの主な見所は、その名の通り、美しいシルバーリーフです。
羽状の葉は細かい切れ込みを持ち、繊細な草姿を見せてくれます。
葉茎には短毛が密生しており、シルバーの葉色を発色すると共に、触ると柔らかい手触りです。
株は分枝しながら草丈60㎝程度に成長します。
美しいシルバーリーフから、寄せ植えにも多用されます。

▼シルバーレースの草姿

シルバーレース

初夏には花芯の黄色い白い花を咲かせます。
ただ、花を咲かせると株が弱ってしまうため、夏越しが難しくなります。
そのため、通常は蕾が付いたら切り取って花は咲かせません。

▼シルバーレースの花

シルバーレース

シロタエギクに比べると耐寒性、耐暑性共にやや低く、繊細です。
高温多湿な環境が苦手なため、暖地では梅雨や夏場に枯れてしまうこともあります。
また、強い霜にも注意が必要です。

「シロタエギク」や「ダスティーミラー」の名で流通することがあり、混同されがちです。
蒸れと寒さに注意すれば、病害虫の発生もあまり無く、育てやすい植物です。

スポンサーリンク

シルバーレースの育て方

シルバーレースの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
半日蔭でも枯れることはありませんが、徒長して葉色も悪くなります。
乾燥気味の環境を好むので、風通しが良い場所がで育てて下さい。

冬越し・夏越し

冬越し

関東以西の平地ではそのまま戸外で冬越し可能です。
強い霜に当たると葉が傷んだり株が弱ってしまうことがあるので、寒冷地では霜よけを設置して下さい。

鉢植えの場合は、霜の心配の無い場所に移動します。

夏越し

花が咲くと株が弱ってしまいます。
蕾を見つけたら、その下の節で切り取って下さい。
特に暖地では花は咲かせない方が無難です。

水遣り

乾燥気味の環境を好みます。
庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

過湿な環境が続くと下葉が傷んだり、根腐れを起こします。
年間を通じて、やや乾燥気味に管理して下さい。

肥料

庭植え、鉢植えともに、元肥として緩効性化成肥料を施します。
追肥は春と秋に、緩効性化成肥料を株元に置き肥して下さい。

他の植物と混植している場合は、他の植物の施肥に合わせて問題ありません。

植え替え・植え付け

植え付け

真夏と真冬を除けばいつでも可能です。

庭植えの場合は、水はけが悪いようなら用土に腐葉土を混ぜ込み、元肥として緩効性化成肥料を施します。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの一般的な配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え替え

適期は春の4月、秋の9月中旬~11月です。

鉢植えの場合は、根詰まりをしているようなら植え替えを行います。
根鉢を崩して、新しい用土で植え替えて下さい。

庭植えの場合は、特に植え替えの必要はありません。

切り戻し

草丈が長く伸びすぎた場合は、好みの位置で切り戻します。
夏の暑さで間延びしやすく、また大株になると葉色が悪くなってきます。
こまめに切り戻しを行うことで、美しい草姿を保つことが出来ます。

経年と共に草姿が乱れやすくなります。
その場合は挿し木で株の更新をして下さい。

増やし方(さし芽)

さし芽(挿し木)で増やすことが出来ます。

さし芽(挿し木)

適期は4月~6月、9月~10月です。
茎の先端を7㎝~8㎝の長さに切り取って挿し穂にします。
下の節の葉を取り除いて、水揚げをしたら挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して、発根を待ちます。

病気・害虫

まれにアブラムシが発生することがあります。
見つけ次第、駆除して下さい。

-多年草・宿根草
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.