宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草

ゴールデンピラミッド(ヤナギバヒマワリ)の育て方

更新日:

学名…Helianthus ‘Golden Pyramid’
別名…ヤナギバヒマワリ(柳葉ヒマワリ)、ヘリアンサス・ゴールデンピラミッド
科名…キク科
属名…ヘリアンサス属(ヒマワリ属)
原産国…中央アメリカ
花色…黄色
草丈…50㎝~100㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:4 to 9

ゴールデンピラミッド(ヤナギバヒマワリ)の特徴

ゴールデンピラミッド(ヘリアンサス)

ゴールデンピラミッドは、アメリカ原産のヤナギバヒマワリ(Helianthus salicifolius)の園芸品種です。
ヤナギバヒマワリの代名詞とも言える代表的な品種で、世界中で広く栽培されており、「ゴールデンピラミッド」という園芸品種名だけで流通することもよくあります。

ヤナギバヒマワリは、ミズーリ州、カンザス州、オクラホマ州、テキサス州などアメリカ中央部に自生する常緑性の多年草です。
北東部や中西部にも分布が見られますが、これらは栽培を逸失したものが野生化したと考えられています。
日当たりの良い草原や牧草地などに自生し、野生種は草丈2mを超えることもある大型の植物です。
一年草のヒマワリとは同属の仲間で、宿根ヒマワリと呼ばれることもあります。
そのヤナギバヒマワリの矮性種であるのが、本種ゴールデンピラミッド(H. ‘Golden Pyramid’)です。

ゴールデンピラミッドの花期は9月~10月。
花期になると茎の上部を分枝させ、花径5㎝程度の頭花を数輪まとまって咲かせます。
花は中心部の筒状花と外周の舌状花から成る、ヒマワリを小さくしたような花で、目に鮮やかなビタミンカラーが、花壇を明るく彩ります。
花付きが非常に良く、最盛期には株の上部が鮮やかな黄色で覆われます。
花色は黄色のみ。

▼ゴールデンピラミッドの花

ゴールデンピラミッド

葉は「ヤナギバヒマワリ」の名の通り、幅1㎝にも満たない線形で、茎に互生します。
茎は直立して草丈50~100㎝程度に成長し、上部で分枝してたくさんの花を咲かせます。

▼ゴールデンピラミッドの葉

ゴールデンピラミッド

耐寒性、耐暑性ともに高く強健な性質で、手もかからずやせ地でも育ちます。
秋には株元に小さな芽を出して冬を越します。

▼冬越し中のゴールデンピラミッド

ゴールデンピラミッド

スポンサーリンク

ゴールデンピラミッド(ヘリアンサス)の育て方

ゴールデンピラミッド(ヘリアンサス)の育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
日当たりが悪いと徒長して花付きが悪くなります。
多くの花を楽しむためには、よく日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し

耐寒性は高く、特に対策の必要はありません。
土が凍るような寒冷地の場合は、凍らない場所へ移動したり、凍結対策を施して下さい。

水遣り

庭植えの場合はほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は土が乾き始めたらたっぷりと。
乾燥気味の環境を好むので、水のやりすぎに注意して下さい。

肥料

やせ地でも育つ植物で、多くの肥料は必要ありません。
多肥な環境で育つと、草丈が大きくなり倒れやすくなります。

庭植えの場合は、肥料はほとんど必要ありません。

鉢植えの場合は、生育期に緩効性の肥料を月に1回程度、置き肥して下さい。
肥料の与え方で花数や株の大きさが違って来ます。
状態を見ながら調節して下さい。

植え替え、植え付け

適期は3月~4月です。
暖地の場合は秋の9月~10月頃にも行うことが出来ます。

ゴールデンピラミッドは直根性で、根鉢を崩されるのを嫌います。
ポット苗の植え付けの際は土は崩さずに、株分けの際はあまり細かく分けないように注意して下さい。

植え付け

庭植えの場合は、水はけが悪いようなら用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
大きく育つので株間は30㎝以上必要です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土を使います。

植え替え

庭植えの場合は株が込み合って来たら間引きや株分けをしますが、数年は必要ありません。
鉢植えの場合は、根詰まりをして花付きが悪くなってきたら植え替えを行って下さい。

切り戻し

放っておくとかなり草丈が高くなります。
低く咲かせたい場合は、6月頃に高さ20㎝くらいの位置で切り戻して下さい。

増やし方(株分け)

株分けで増やすことが出来ます。

株分け

適期は3月~4月です。

掘り上げた株を分けて植え付けて下さい。

病気・害虫

病害虫の心配はほとんどありません。
風通しの悪い環境で育てていると、まれにうどんこ病が発生することがあります。

-多年草・宿根草
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.