宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草

ワトソニアの育て方

更新日:

学名…Watsonia
別名…ヒオウギズイセン
科名…アヤメ科
属名…ワトソニア属(ヒオウギズイセン属)
原産国…南アフリカ
花色…ピンク、白、赤、オレンジ
草丈…30㎝~150㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:9 to 10

ワトソニアの特徴

ワトソニア

ワトソニアは、南アフリカを中心にレソト、スワジランドに約70種が分布する多年草で球根植物です。
観賞用として主に栽培されるのは、南アフリカケープ地方に分布するボルボニカ種(Watsonia borbonica)とその亜種であるアーデルネイ種(W. ardernei)、そしてマルギナータ種(W. marginata)です。
その他にも数種の矮性種がドワーフワトソニアの名前で流通しています。

ワトソニアの花期は5月~6月。
※夏咲き品種もありますが、流通している品種のほとんどは春咲きです。
真っすぐに伸びた茎の上部に、総状花序を形成し、花径3㎝程度の花を穂状に咲かせます。
花はラッパ状で6枚の花被片を持ち、下から上へと咲き上がります。
草姿はグラジオラスをシンプルにしたような感じで、少し控えめな印象です。
花色はピンク、白、赤。

▼ワトソニアの花

ワトソニア

葉は帯状または剣状で、地際の茎に互生し、茂ります。
草丈1m以上に育つ高性種と、30㎝程度の矮性種があります。

丈夫な性質で、数年間は植えっぱなしでもよく花を咲かせます。
耐寒性は高くありませんが、暖地であれば戸外での冬越しが可能です。
常緑性の品種もありますが、多くの品種は夏に地上部を枯らせて休眠します。

ワトソニアはヒオウギズイセン属の植物です。
ヒオウギズイセンというとオレンジ色の花が頭に浮かびますが、ワトソニアもヒオウギズイセンの一種です。

ワトソニアの主な品種

品種名付きで流通することは少なく、交雑によると思われる園芸品種もあるため、正確な品種の同定はなかなか困難な状況です。

ワトソニア・ボルボニカ(Watsonia borbonica)

ワトソニア

南アフリカケープ地方の西部に分布するワトソニアです。
草丈100~150㎝程度に成長し、ピンクの花を咲かせます。
ピラミダタ(W.pyramidata)の名前で呼ばれることもあります。

ワトソニア・アーデルネイ(W. borbonica subsp. ardernei)

ワトソニア

Photo credit: Enez35 via Visualhunt.com / CC BY

ボルボニカ種の亜種で白花を咲かせます。

ワトソニア・マルギナータ(W. marginata)

南アフリカケープ地方原産のワトソニアで、草丈100~150㎝程度に成長します。
基本種の花色はピンクですが、暗赤色や白花の品種もあります。
ボルボニカより花数が多く密に咲くので、より豪華な印象です。

ドワーフワトソニア(Dwarf Watsonias)

「ドワーフワトソニア」というのは品種名ではなく、矮性種の総称です。
ドワーフとは民話や神話に登場する、人間よりも背丈の低い種族のことで、矮性種によく使われる単語です。
ミニチュアワトソニアとも呼ばれ、草丈30㎝程度に成長します。
様々な花色のミックス球根が流通することがあります。

スポンサーリンク

ワトソニアの育て方

ワトソニアの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
日照時間が足りないと生育、花付き共に悪くなるので、よく日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し、夏越し

冬越し

耐寒性はあまり高くありませんが、暖地、温暖地であれば、そのまま戸外で冬越し可能です。
中国地方平野部の管理人宅では、対策無しで庭で冬越ししています。

心配な場合は、株元を腐葉土や敷き藁で覆い、霜よけを設置して防寒対策をして下さい。
寒冷地の場合は、鉢植えにして屋内に取り込みます。

夏越し

夏に休眠するタイプのワトソニアは、花後に葉が枯れてきます。
鉢植えの場合は、葉が黄変し始めたら水やりを止め、休眠期には完全に水を断ちます。
そのまま雨の当たらない場所で管理して下さい。

球根の掘り上げ

夏休眠タイプのワトソニアは球根を掘り上げて保管することも可能です。
葉が枯れたら球根を掘り上げて、ネットなどに入れ、風通しの良い日陰で秋まで保管して下さい。

水やり

庭植えの場合はほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
過湿になると球根が腐ることがあるので注意して下さい。
地上部が枯れて休眠期に入ったら、水やりの必要はありません。

肥料

多くの肥料を必要とする植物ではありません。
多肥な環境で育つと、葉茎が弱くなり、倒れやすくなります。

庭植え、鉢植えの共に、植え付け時に元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥の必要はほとんどありません。

植え付け・植え替え

適期は10月~11月です。
庭植えにする場合は、あまり早く植え付けると葉が大きく育ち、霜の被害を受けやすくなります。
遅めに植え付けるのがポイントです。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで、水はけの良い環境を作って下さい。
さらに元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。
株間は高性種で10~15㎝、矮性種で5~10㎝程度で、覆土はどちらの品種も5㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの一般的な配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。
6号鉢に5球程度が目安で、覆土は5㎝程度です。

植え替え

庭植えの場合、数年間は植え替えの必要はありません。
鉢植えの場合は、2年に1回程度、分球を兼ねて植え替えを行って下さい。

増やし方(分球)

分球で増やすことが出来ます。

分球

植え替え時に分球した球根を植え付けて下さい。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草
-, , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.