宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

エキナセアの育て方

学名…Echinacea purpurea
和名…紫馬簾菊(ムラサキバレンギク)
別名…エキナケア、パープルコーンフラワー
科名…キク科
属名…ムラサキバレンギク属(エキナセア属)
原産国…北アメリカ
花色…ピンク、白、赤、オレンジ、黄、緑
草丈…30㎝~100㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:3 to 8

エキナセアとは

エキナセアの育て方

エキナセアは、北アメリカに約9種が分布するキク科ムラサキバレンギク属(エキナセア属)の多年草です。
美しい花を咲かせるいくつかの種が観賞用に栽培されますが、日本で主に流通するのは、ムラサキバレンギクの和名を持つエキナセア・プルプレア種(Echinacea purpurea)です。

プルプレア種は、アメリカ南東部~中央部を中心に分布しており、牧草地や草原、森林の開けた場所や水路の近くなどに自生しています。
先住民が古くから薬草として用いてきた歴史を持ち、炎症や傷の治療に利用されていました。
現在でもハーブティとして利用されることから、欧米では商業用としても栽培されています。
※経口摂取では、稀にアレルギー症状を引き起こすことがあるので注意が必要です。

また、根茎には生物の免疫力を活性化させる成分があることが分かり、現在、HIVウイルスの研究者によって研究が進められています。
日本には1926年頃に渡来しています。

エキナセアの花期は6月~8月。
花期になると、茎の頂部に、花径7~10㎝程度の頭状花を咲かせます。
頭状花は中心部の筒状花と、周囲の舌状花から形成されており、放射状に広がる舌状花は咲き進むに従って下垂します。

▼エキナセアの花の様子

エキナセア

頭状花の花托(花の根本部分)は丸く盛り上がっており、中央の筒状花が目立ちます。
和名「ムラサキバレンギク」の名前は、この花姿を馬簾に見立てたものです。
馬簾とは、江戸時代の火消しが旗印として用いた纏(まとい)の周囲に垂れ下がる、紙や革を細長く切って作られた飾りのことです。
また、属名でもある「エキナセア」は、ギリシャ語の「echinos=ハリネズミ」を語源としており、特徴的な筒状花の様子が由来となっています。

▼エキナセアの筒状花

エキナセアの筒状花

花色はピンク、白、赤、オレンジ、黄色、緑。
基本種は一重咲きですが、八重咲き品種も流通しています。

切り花にしても花持ちが良く、花後も球状の形が長く残るので、ドライフラワーにすることも可能です。

▼白花のエキナセア

エキナセア

▼八重咲き品種のエキナセア・サウザンベル(Echinacea purpurea ‘Southern Belle’)

エキナセア・サウザンベル

葉は互生し、長さ5~30㎝、幅5~12㎝程度の披針形~先の尖った卵形で、通常縁に鋸歯があります。
花を咲かせながら草丈30~100㎝程度に成長します。
近年急速に品種改良が進み、様々な草丈、花姿の品種が流通しており、エキナセアの魅力の一つとなっています。

▼エキナセアの葉の様子

エキナセアの葉

耐寒性、耐暑性共に高く、育てやすい植物です。
冬は地上部を枯らせて宿根し、春に再び芽吹きます。

エキナセアの育て方

エキナセアの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
日照時間が足りないと花付きが悪くなってしまうので、少なくとも半日以上は日の当たる場所で育てて下さい。

夏越し、冬越し

夏越し

多湿な環境が苦手で、梅雨の時期に根腐れしてしまうことがあります。
鉢植えの場合は、雨の当たらない軒下などに移動して下さい。
庭植えの場合は、水はけの良い環境で育てることが大切です。

冬越し

耐寒性は高く、特に対策の必要はありません。
地上部が枯れるので、刈り取って下さい。

土が凍ってしまうような寒冷地では、腐葉土や敷き藁を厚めに敷いて、凍結対策をして下さい。
鉢植えの場合は、寒冷地では凍らない場所に移動します。
冬越し中は、乾燥気味に管理しますが、完全に乾かさないように時々水やりをして下さい。
庭植えの場合は、冬越し中の水やりは必要ありません。

水やり

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと。
多湿な環境が続くと根腐れを起こします。
水のやりすぎには注意して下さい。

肥料

庭植えの場合は、元肥として緩効性化成肥料を用土に少量混ぜ込んでおきます。
追肥は春と秋に緩効性化成肥料の置き肥して下さい。

鉢植えの場合は、4月~6月、9月~10月の間、月に1回程度、緩効性化成肥料を株元に施します。
多肥にする必要はありません。

植え付け、植え替え

適期は4月~5月、10月です。

植え付け

庭植えの場合は、掘り上げた用土に3割程度の腐葉土を混ぜ込みます。
水はけが悪い土地の場合は、赤玉土や軽石を混ぜて、水はけの良い土壌を作って下さい。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土に赤玉土や軽石を混ぜて使うか、赤玉土(小粒)4・鹿沼土(小粒)3・腐葉土3の配合土に少量の緩効性化成肥料を混ぜ込んで用土を作ります。

植え替え

鉢植えの場合は、根詰まりを起こしやすいので、一年に一度植え替えを行います。
根鉢を崩して、新しい用土で植え付けて下さい。

庭植えの場合は、特に必要ありませんが、株が込み合って生育が悪くなるようなら株分けを兼ねて植え替えを行って下さい。

増やし方(株分け、種まき)

株分け、種まきで増やすことが出来ます。
種まきについては下記「種まき」の項目を参照ください。

株分け

大きく育っていれば株分けをすることが出来ます。
適期は4月~5月、10月です。
掘り上げた株を分けて植え付けますが、小さく分けると枯れることがあるので注意して下さい。

種まき

栄養系の品種は種ができない品種が多く、育っても親株と同じ花を咲かせるとは限りません。

種の採取

花後に残った花芯の部分に種が出来ます。
枯れて茶色くなったら花茎ごと切り取って、しばらく陰干しをします。
完全に乾いたら、黒い刺の部分の下に種があるので採取して下さい。
採取した種は、紙袋などに入れ、さらに乾燥剤と一緒にビンなどに入れて、日の当たらない涼しい場所で保管します。

種まき

適期は3月下旬~4月、9月中旬~10月です。
発芽温度は15℃~25℃です。

種は播種箱やポットにまき、覆土は種が隠れる程度。
発芽までは2週間~1ヶ月程度かかります。
本葉が2~3枚になったらポット上げして育苗します。
しっかりした苗に育ったら定植して下さい。
秋まきで苗が小さい場合は、霜に注意して冬越しして下さい。

病気、害虫

灰色かび病、白絹病、うどん粉病

多湿な環境で発生しやすくなります。
風通しと水はけを良くして発生を予防して下さい。

-多年草・宿根草

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2019 All Rights Reserved.