宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草 一年草・二年草 グランドカバー

エボルブルス(アメリカンブルー)の育て方

投稿日:

学名…Evolvulus pilosus
別名…アメリカンブルー
科名…ヒルガオ科
属名…アサガオガラクサ属(エボルブルス属)
原産国…南北アメリカ、東南アジア
花色…青、白
草丈…20㎝~40㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:8 to 11

エボルブルス(アメリカンブルー)の特徴

エボルブルス

エボルブルスの仲間は、南北アメリカ、東南アジアに約400種が分布するヒルガオ科の植物で、一年草、多年草、低木などその形態は様々です。
日本にはアサガオカラクサ(Evolvulus alsinoides)など3種が分布しています。
園芸的に最も多く栽培されるのは、アメリカンブルーの名前で親しまれているエボルブルス・ピロサス種(Evolvulus pilosus)です。

ピロサス種は北米原産のエボルブルスで、現在流通しているアメリカンブルーのほとんどは、このピロサス種から花付きが良い個体を選抜し作出された「ブルー・デイズ(‘Blue Daze’) 」という園芸品種、またはブルー・デイズを元に品種改良された品種です。
日本へは1980年代に渡来しましたが、正しい園芸品種名が知られないままだったため、輸入業者が銘々に名前を付け、当時はかなり混乱していたようです。
現在では「アメリカンブルー」の流通名で統一されています。
「アメリカンブルー」の名前は、ブルー・デイズがハワイで作出されたことに由来し、アメリカから来た青い花という意味を持っています。

※まれですが、ブラジル原産のグロメラツス種(E. glomeratus)もアメリカンブルーの名前で流通することがあります。

花期は5月中旬~11月中旬。
長い花期の間、花径2~3㎝の小さな花を次々と咲かせ続けます。
花は日中に開き、夜間や天候の悪い日には閉じています。
枝は分枝し、ほふくして横に広がるため、ハンギングバスケットや吊り鉢の他、グランドカバーとしてもよく利用されます。
アメリカンブルーに代表される青花が主流ですが、最近では「アメリカンホワイト」の名前で、白花品種も流通するようになりました。

高温乾燥に強く、夏の間も途絶えることなく花を咲かせます。
花付きがあまり良くないので株を覆うように咲くことはありませんが、盛夏の時期に咲くブルーの花は涼しげで印象的です。
寒さには弱く、霜に当たると枯れてしまいます。
本来は多年草ですが、一年草として扱うのが一般的です。

スポンサーリンク

エボルブルス(アメリカンブルー)の育て方

エボルブルス(アメリカンブルー)の育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
日陰では茎が徒長し、花が開かないことがあります。
しっかりと日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し

耐寒性は低く、霜に当たると枯れてしまいます。
冬越しをする場合は、霜に当たらない場所で、5℃以上の気温が必要です。
秋の花が終わったら、草丈の1/2程度の高さで切り戻し、室内の日当たりの良い場所で、乾燥気味に管理して下さい。

水遣り

乾燥気味の環境を好み、過湿な環境が苦手です。

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
夏場に長く乾燥が続くようなら水やりをして下さい。

鉢植えの場合は、用土の表面がしっかりと乾いてから水やりをして下さい。
ハンギングバスケットや吊り鉢で育てている場合は、夏場は乾燥しやすいので水切れに注意します。

肥料

花期が長いので、肥料切れさせないようにします。

庭植えの場合は、元肥として用土に緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。
追肥は4月~10月までの生育期の間に、緩効性化成肥料を2か月に1回程度、施して下さい。

鉢植えの場合も同様に、元肥の他、生育期に緩効性化成肥料、または液体肥料を定期的に施します。

植え付け、植え替え

適期は3月下旬~4月です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作っておきます。
さらに元肥として、緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え替え

鉢植えで冬越しをした場合は、春に植え替えを行って下さい。
根鉢を軽く崩し、傷んだ根を取り除いたら、一回り大きな鉢に植え替えを行います。
株が大きく育っている場合は、株分けを行うことができます。

花柄摘み、切り戻し

花が終わったら、花柄を摘み取ります。

茎が伸びすぎて草姿が乱れて来たら、好みの位置で切り戻して下さい。
2週間ほどで再び開花します。

増やし方(挿し芽)

挿し芽で増やすことができます。

挿し芽

適期は5月~9月です。

茎の先端を6~7㎝程度に切り取って指し穂にします。
下の節の葉を取り除き、水揚げをしてから挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して発根を待ちます。

病気・害虫

高温乾燥期にハダニが発生することがあります。
葉裏に寄生して吸汁する害虫です。
ハダニは水が苦手なので、水やりの際に葉裏に水をかけることである程度は駆除することが出来ます。
被害が拡大した場合は、薬剤で対処して下さい。

-多年草・宿根草, 一年草・二年草, グランドカバー
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.