ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草

カワラナデシコ(河原撫子)の育て方

更新日:

学名…Dianthus superbus var. longicalycinus
和名…カワラナデシコ(河原撫子)
別名…ナデシコ(撫子)、ヤマトナデシコ(大和撫子)
科名…ナデシコ科
属名…ナデシコ属(ダイアンサス属)
原産国…日本、東アジア
花色…ピンク、白、複色
草丈…30cm~50cm
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:

カワラナデシコ(河原撫子)の特徴

カワラナデシコ(河原撫子)

カワラナデシコは、日本、中国、台湾、朝鮮半島に分布する多年草です。
万葉集にも歌われている秋の七草の一つで、古くから親しまれている植物です。

自生地は本州以西、四国、九州の他、沖縄諸島にも少数ですが、分布しています。
日当たりの良い草原や川原に自生していますが、外来種の影響や園芸用の収集、自生地の開発などによる環境の変化で、減少している地域もあります。
埼玉県、沖縄県では絶滅危惧種、鹿児島県では準絶滅危惧種の指定を受けています。

花期は5月~8月。
細く伸ばした茎の頂部に、5枚の花弁を持つ花径4~5㎝の花を咲かせます。
花弁の先は糸状に細裂します。
外来品種のダイアンサス(ナデシコ)と比べると少し控えめな印象です。
花色は、ピンク、白。
ピンクと白の混ざった絞り咲きの品種も流通しています。

▼カワラナデシコの花

カワラナデシコ

葉は披針形で葉柄は無く、茎に対生します。

寒さに強い性質で、放任でもよく花を咲かせます。
育てやすい植物です。

名前の由来

「ナデシコ」というのは「撫でし子」、撫でるように可愛がる子という意味です。
ナデシコの花が可愛く愛らしいことから、この名前で呼ばれるようになったのではと言われています。

別名の「ヤマトナデシコ」というのは、中国原産のセキチクを「唐ナデシコ」と呼んだことから、区別するために「大和ナデシコ」と呼ぶようになりました。

スポンサーリンク

カワラナデシコ(河原撫子)の育て方

カワラナデシコ(河原撫子)の育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
蒸れると病気が発生しやすくなるので、風通しを良くすることも大切です。

冬越し

耐寒性は強く、暖地、温暖地であれば特に対策の必要はありません。

凍結の心配があるような寒冷地の場合は、凍結対策を行って下さい。
鉢植えの場合は、凍らない場所に移動します。
庭植えの場合は、霜よけを設置して下さい。

水遣り

比較的乾燥気味な環境を好みますが、根張りが早く花付きも良いので、特に鉢植えの場合には水切れに注意します。
土が乾いたらたっぷりと水やりをして下さい。
庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫ですが、夏場に乾燥が続くようなら水やりをします。

過湿な環境が続くと根腐れや病気が発生しやすくなるので、注意して下さい。

肥料

庭植え、鉢植えともに、3月~5月、9月~10月の間に、月に1回程度の置き肥を施します。
肥料が切れると株の勢いがなくなります。

植え付け・植え替え

適期は3月~5月、9月~10月です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に少量の苦土石灰を混ぜて、酸度を中和しておきます。
水はけが悪いようなら腐葉土を混ぜ込み、元肥として完熟堆肥や緩効性化成肥料も混ぜ込んでおきます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土にパーライトを1割ほど混ぜて使うか、赤玉土(小粒)5・腐葉土3・山砂2(または鹿沼土2)などの水はけの良い配合土を使います。

植え替え

鉢植えの場合は、生育旺盛で根詰まりを起こしやすいため、年に1回程度、春か秋に植替えを行います。
増えすぎているようなら株分けを行い、根鉢を崩して新しい用土で植え替えて下さい。

増やし方(さし芽、株分け、種まき)

挿し芽、株分け、種まきで増やすことが出来ます。

花をたくさん咲かせると株が劣化していきます。
株の勢いが無くなって来たと感じたら株の更新をして下さい。
種まきについては下記「種まき」の項目を参照下さい。

挿し芽

適期は4月~6月、9月~10月です。
花穂のついていない芽を切りとり、水揚げをしてから挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して、発根を待ちます。

株分け

適期は3月~5月、9月~10月です。
掘り上げた株を、一株に2~3芽つくように切って植え付けます。

種まき

種の採取

花後に付け根の子房が膨らみます。
子房が茶色く変色したら、種が熟してきています。
放っておくと弾けてしまうので、袋などを被せて種を採取します。

種まき

適期は秋の9月~10月、春の3月~4月です。
暖地では秋まき、寒冷地では春まきが一般的です。

種は箱まきかポットまきで、覆土はごく薄く2㎜程度。
箱まきの場合は、種が重ならないようにバラまきし、ポットの場合は2粒ずつ蒔きます。
本葉が2~3枚になったらポット上げし、根が回ったら定植して下さい。

切り戻し

花が終わった茎を株元から切り戻します。
蒸れると病気が発生しやすくなります。
蒸れ対策のためにも、花が終わった花茎は早目に株元から切って取り除きます。

病気・害虫

時々アブラムシが発生するので、見つけ次第駆除して下さい。

-多年草・宿根草
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.