宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

シラー・カンパニュラータ(ヒヤシンソイデス)の育て方

学名…Hyacinthoides hispanica、Hyacinthoides non-scripta
別名…ヒアシンソイデス、スパニッシュ・ブルーベル、イングリッシュブルーベル
和名…ツリガネズイセン(釣鐘水仙)
科名…キジカクシ科
属名…ツリガネズイセン属(ヒヤシンソイデス属)
原産国…ヨーロッパ
花色…青、ピンク、白
草丈…20㎝~40㎝
日照…日なた~半日蔭
難易度…星
USDA Hardiness Zone:5 to 8

シラー・カンパニュラータ(ヒヤシンソイデス)とは

シラー・カンパニュラータ(ヒアシンソイデス)

シラー・カンパニュラータは、ヨーロッパに分布するキジカクシ科ヒヤシンソイデス属(ツリガネズイセン属)の多年草です。
シラーに近い仲間で、以前はシラー属に分類されており、その名残で「シラー・カンパニュラータ」の名前で定着しています。

ヒヤシンソイデス属には約7種の植物が分類されていますが、その内主に栽培されるのは、ヒヤシンソイデス・ヒスパニカ種(Hyacinthoides hispanica)と、ヒヤシンソイデス・ノンスクリプタ種(H. non-scriptae)の二種です。
通常、ヒスパニカ種は「スパニッシュ・ブルーベル」または「シラー・カンパニュラータ」の名前で流通しており、ノンスクリプタ種は「イングリッシュ・ブルーベル」と呼ばれていますが、両種は混同されることも多く、流通も混乱気味です。

ここではヒスパニカ種とノンスクリプタ種を「シラー・カンパニュラータ」として紹介しています。

シラー・カンパニュラータの花期は4月~5月。
花期になると、葉の中から花茎を真っ直ぐに伸ばし、上部の花序に花径1.5~2㎝程度の花を10~30輪ほど咲かせます。
花は釣鐘状で下向きに咲き、花冠は6裂して反り返ります。

▼シラー・カンパニュラータ(スパニッシュ・ブルーベル)の花

シラー・カンパニュラータ(ヒヤシンソイデス)

花色は青、ピンク、白。

▼ピンクや白色の花を咲かせるシラー・カンパニュラータ

シラー・カンパニュラータ

葉は幅のある線形で根生し、放射状に浅く広がります。
花期になると花茎をのばし、草丈20~40㎝程度に成長します。

▼シラー・カンパニュラータの草姿

シラー・カンパニュラータ(ヒヤシンソイデス)

夏になると地上部が枯れて休眠し、春に芽を出して再び花を咲かせます。
地上部がなくなる休眠中は他の草花を植えることも可能です。

耐寒性が高く、植えっぱなしでもよく育ち、よく花を咲かせます。
自然分球でよく増え、こぼれ種でも時々生えてきます。

シラー・カンパニュラータ(ヒヤシンソイデス)の主な品種

スパニッシュ・ブルーベル(Hyacinthoides hispanica)

シラー・カンパニュラータ

スペイン、ポルトガルを中心に、北西アフリカにも分布するヒヤシンソイデスです。
分布域は森林の縁や開けた場所、道路脇や空き地などにあり、現在ヨーロッパの広い地域で逸出したものが野生化しています。
花は釣鐘状で、花弁の先端が軽くカールします。
葉は幅広で、花に香りはほとんどありません。

イングリッシュ・ブルーベル(H. non-scriptae)

イングリッシュ・ブルーベル

イギリスを含む西ヨーロッパの森林地帯を中心に分布するヒヤシンソイデスです。
現在では導入されたスパニッシュ・ブルーベルとの自然交配が進んでおり、両種の中間の性質を持った種が広く分布しています。

イングリッシュ・ブルーベルの花は筒状で細く、花弁の先がくるりとカールします。
葉はやや細く、花にはヒヤシンスに似た芳香がほのかにあります。
花の多くが片側に咲くため、花茎は上部がやや枝垂れます。

※イングリッシュ・ブルーベルと品種名に明記してあっても、スパニッシュ・ブルーベルとの交配種であることが大半で、原種の流通は少ないようです。

シラー・カンパニュラータ(ヒヤシンソイデス)の育て方

シラー・カンパニュラータ(ヒヤシンソイデス)の育て方

栽培環境

水はけの良い日なたから半日蔭の場所が適しています。
半日蔭でも元気に育ち、花を咲かせます。
地上部があるのは、春から初夏にかけてなので、夏以降の休眠期に他の草花を植えることも可能です。

冬越し・夏越し

耐寒性、耐暑性に優れており、特に対策の必要はありません。

水やり

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと。
休眠期の間は水やりの必要はありません。

肥料

元肥として緩効性肥料を用土に混ぜ込んおきます。
庭植えの場合は、追肥のほとんど必要ありません。

鉢植えの場合は、花が咲く前の早春、花後、晩秋に緩効性化成肥料を置き肥します。

植え付け・植え替え

適期は9月下旬~11月上旬です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで、水はけの良い環境を作っておきます。
さらに元肥として緩効性化成肥料を施します。
植え付けの深さは球根3個分程度、株間は10㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの一般的な配合土に少量の緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。
5号鉢に5球程度が目安です。

植え替え

庭植えの場合は、数年は植え替えの必要はありません。
球根が 混み合って花付きが悪くなったら、植え替えを行います。

鉢植えの場合は、毎年植え替えます。
葉が枯れて休眠期に入ったら球根を堀り上げて植え付けて下さい。

増やし方(自然分球)

自然分球でよく増えます。

休眠期に球根を堀り上げて、自然分球しているものを植え付けます。
球根は乾燥に弱いので、すぐに植え付けて下さい。

病気・害虫

白絹病

株元や土壌が白い糸で覆われたようになります。
水はけが悪いと発生しやすくなります。
鉢皿を使用している場合は、溜まった水は捨てて下さい。

-多年草・宿根草
-

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2019 All Rights Reserved.