ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草

ガウラの育て方

更新日:

学名…Gaura lindheimeri
和名…ヤマモモソウ(山桃草)
別名…ハクチョウソウ(白蝶草)
科名…アカバナ科
属名…ヤマモモソウ属(ガウラ属)
原産国…北アメリカ
花色…白、ピンク、赤、複色
草丈…60㎝~150㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:5 to 9

ガウラ(ハクチョウソウ)の特徴

ガウラ

ガウラの仲間は、北アメリカからメキシコにかけて約20種が分布するアカバナ科の一年草、または多年草です。
一般的に栽培されるのは、アメリカのテキサス州を中心に、ルイジアナ州、オクラホマ州に分布する多年草のガウラ・リンドハイメリ種(Gaura lindheimeri)です。
自生地は森林の開けた場所や草原、池の縁などで、日当たりの良い場所を好んで分布しています。

日本には明治時代中期に渡来し、一部の地域で野生化しています。
ヤマモモソウの和名を持ちますが、花色に因んだものでヤマモモとは関係がありません。

ガウラの花期は5月~10月。
長く伸ばした茎の上部に、花径2~3㎝の花を穂状に咲かせます。
花は4枚の花弁を持っていますが、下の2枚は水平に広がり、長い8本の雄しべが下に垂れ下がります。
この花姿が蝶のように見えることからハクチョウソウの別名を持ちます。
細い茎に咲いた花がゆらゆらと風に揺れる姿は、蝶が舞っているようで風情があります。

▼ガウラの花

ガウラ

一つの花は短命ですが、初夏から秋にかけて花は途切れることなく次々と開花します。
花色は白、ピンク、赤、複色。

▼ピンクのガウラ

ガウラ

葉は細く長い披針形で縁にわずかに鋸歯があります。
茎は細かく分枝しながら草丈70~150㎝程度に成長します。
近年では草丈40㎝程度に収まる矮性種もコンパクトガウラとして流通しています。

耐寒性、耐暑性に優れており、放任でもよく花を咲かせます。
こぼれ種でもよく発芽します。
冬は根出葉を残して地上部を枯らし、春に再び成長を始めます。

スポンサーリンク

ガウラ(ハクチョウソウ)の育て方

ガウラの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所であれば、やせ地でも育ちます。
半日蔭でも育ちますが花付きが悪くなります。
多くの花を楽しむためには、よく日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し、夏越し

耐寒性、耐暑性ともに非常に強く、日本全国で栽培可能です。
※一部には寒さにあまり強くない品種もあります。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

庭植えの場合は、元肥として緩効性化成肥料を用土に少量混ぜ込みます。
追肥の必要はありません。

鉢植えの場合は、真夏を除く生育期に緩効性化成肥料を月に1回程度、置き肥をして下さい。

植え付け、植え替え

適期は4月~6月です。

植え付け

庭植えの場合は、水はけが悪いようなら用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
さらに元肥として、用土に少量の緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。
株間は30㎝~35㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

植え替え

生育旺盛で根詰まりを起こしやすいので、鉢植えの場合は1年に1回の植え替えを行います。
一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けを行って下さい。

庭植えの場合は株が込み過ぎているようなら、株分けを兼ねて植え替えを行います。
年々大株になるので3~4年に1度が目安です。

切り戻し

花が咲き終わった花茎は、半分くらいの高さで切り戻すと、新しく伸びた花茎に花が付きます。
秋になって花が少なくなったら、地際10㎝ほどの高さでバッサリと切り取って下さい。
根出葉を残して冬越しをし、春になれば再び成長を始めます。

増やし方(挿し木、株分け、種まき)

こぼれ種でも増えますが、挿し木、株分け、種まきでも増やすことが出来ます。
種まきについては、下記「種まき」の項目を参照下さい。

挿し木(挿し芽)

適期は5月~6月です。

茎の先端から2節くらいを切り取り、挿し穂にします。
下の節の葉を取り除き、水揚げをしたら挿し木用土に挿して下さい。
葉を取り除いた節が土に埋まるように挿して下さい。
水を切らさないように明るい日蔭で管理して発根を待ちます。

株分け

適期は4月~6月です。
太い根を傷つけないように株を堀り上げて、ハサミ等で切り分けて植え付けて下さい。

種まき

種の採取

ガウラの種は熟して乾燥すると鞘が弾けて、周囲に飛び散ります。
花後、立ち枯れるまでそのままにしておき花茎ごと切り取って下さい。
新聞紙の上などで振ると、種が落ちてきます。
収穫した種は、紙袋などに入れて涼しい場所で種まきまで保管します。

種まき

適期は4月~6月です。

播種箱やポットに、種が重ならないように注意して蒔きます。
こぼれ種でもよく増えるので、直まきでも大丈夫です。
覆土は種が隠れる程度に薄く2㎜ほど。
発芽温度は20℃~25℃です。
乾かさないように管理したら20日程度で発芽します。
播種箱に蒔いた場合は、本葉が3~4枚になったらポット上げして下さい。
ポットに根が回ってきたら定植します。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草
-, , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.