宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草

シラー・ペルビアナの育て方

投稿日:

学名…Scilla peruviana
和名…オオツルボ(大蔓穂)
科名…ユリ科
属名…ツルボ属(シラー属)
原産国…ヨーロッパ、北アフリカ
花色…青紫、白
草丈…20㎝~50㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:7 to 10

シラー・ペルビアナの特徴

シラー・ペルビアナ

シラー・ペルビアナは、地中海沿岸の南ヨーロッパ、北アフリカに分布する多年草で、球根植物です。
「ペルビアナ」とはペルー原産という意味ですが、実際の自生地は地中海沿岸部です。
ペルビアナの名前は、17世紀スペイン南部で発見された本種が、イギリスに持ち帰られた際に「The Peru」という名の船に乗っていたため、その船名に因んで付けられたものです。

花期は5月頃。
花期になると伸びた花茎の先に、花径2㎝程度の星形の花を20~100輪ほど、まとまって咲かせます。
花序は傘状で、花は下から上へと咲き進みます。
基本種の花色は青紫ですが、白花品種も近年流通するようになっています。

▼シラー・ペルビアナの花

シラー・ペルビアナ

葉は幅のある線形の根生葉で、長さ20~30㎝程度に伸びます。

耐寒性があり、丈夫な性質で、数年は植えっぱなしでもよく花を咲かせ、よく増えます。
梅雨ごろになると地上部を枯らせて休眠し、秋に再び芽吹きます。

スポンサーリンク

シラー・ペルビアナの育て方

シラー・ペルビアナの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
半日蔭程度の日照でも開花しますが、花付きは日当たりに比例します。
夏の休眠期は日陰になる場所でも問題ありません。

ややアルカリ性の土壌を好みます。
庭植えの場合は、あらかじめ苦土石灰を施して土壌を中和しておいて下さい。

冬越し、夏越し

冬越し

耐寒性は高く、そのまま戸外で冬越し可能です。
寒冷地の場合は、葉が傷むようなら霜よけなどを設置して下さい。

夏越し

夏場は休眠期になります。
球根は掘り上げず、そのまま夏越しさせて下さい。
葉の無い間は、日陰でも問題ありません。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
花後に葉が枯れてきたら水やりの回数を減らし、休眠中は水を断ちます。

肥料

植え付けの際に、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥は花後に、緩効性化成肥料を置き肥して下さい。

植え付け、植え替え

適期は秋の9月中旬~11月上旬です。

植え付け

庭植えの場合は、あらかじめ苦土石灰をまいて土壌を中和しておきます。
さらに用土の腐葉土やバーク堆肥をたっぷりと混ぜ込み、元肥として緩効性化成肥料も施しておきます。
覆土は5㎝程度、株間は20㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土3・パーライト1などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。
覆土は3㎝程度、5~6号鉢に1球が目安です。

植え替え

鉢植えの場合は、増えすぎているようなら分球を行い、植え替えます。
庭植えの場合も、増えすぎているようなら分球を兼ねて植え替えを行って下さい。

花茎切り

花が終わったら早めに、花茎の根元から切り取って下さい。

増やし方(自然分球)

自然分球でよく増えます。
数年は植えっぱなしの方がよく育ちます。
増えすぎているようなら、植え替え時に掘り上げた球根を分球して下さい。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.