宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草 山野草

ノコンギクの育て方

更新日:

学名…Aster microcephalus var. ovatus
和名…ノコンギク(野紺菊)
別名…ノギク(野菊)
科名…キク科
属名…シオン属(アスター属)
原産国…日本
花色…紫、ピンク、白
草丈…30㎝~100㎝
日照…日なた(夏は半日蔭)
難易度…星
USDA Hardiness Zone:

ノコンギクの特徴

ノコンギク

ノコンギクは、日本各地の道端や畑の周辺、山道などで目にすることの多い所謂「ノギク」です。
毎年花を咲かせる多年草で、秋を代表する草花の一つです。
流通しているものの多くは、ノコンギクの園芸品種である「コンギク(Aster microcephalus var. ovatus ‘Hortensis’)」ですが、「ノコンギク」の名で店頭に並ぶことが多いです。
ノコンギクが属するキク科シオン属(アスター属)には、シオン宿根アスターがあり、よく似た草姿をしています。

花期は7月~10月。
茎の頂部に、花径2.5㎝ほどの小さな花を咲かせます。
花に派手さはありませんが、小花をいっぱいに咲かせた様子は清楚で印象的です。
花色は薄紫から紫、白、ピンク。
基本種は薄紫で、野に咲く紺色の花という意味で「ノコンギク」という名前が付いたと言われています。
園芸品種であるコンギクは、ノコンギクに比べると色が鮮やかで、花付きが良いのが特徴です。

▼コンギクの花

コンギク

葉は披針形、または長楕円形で、茎はよく分枝します。

耐寒性、耐暑性ともに優れており、育てやすい植物です。
冬に地上部が枯れ、春に再び芽吹きます。

スポンサーリンク

ノコンギクの育て方

ノコンギクの育て方

栽培環境

日なたを好みますが、夏の強い日差しは苦手です。
夏の間の強い西日が当たらない場所が理想です。
野生種は明るい木漏れ日の中などによく自生しています。
半日蔭程度の日照でも育ちますが、花付きが悪くなります。

冬越し

寒冷地の場合は、凍結対策が必要です。
秋になって葉が枯れて来たら、地上部を地際5㎝程度の高さで刈り取ります。
庭植えの場合は、株元に土を寄せたり腐葉土や藁で覆って、凍結対策をして下さい。
鉢植えの場合は、凍らない場所に移動して下さい。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

庭植えの場合は、元肥として用土に緩効性化成肥料を混ぜ込んでおけば、追肥の必要はほとんどありません。
鉢植えの場合は、生育期の5月~9月の間に、2000倍に薄めた液体肥料を1ヵ月に2回程度与えるか、春と秋に緩効性化成肥料の置き肥をします。

多肥にすると草姿が乱れるので注意して下さい。

植え付け・植え替え

植え付け

適期は3月~5月です。
庭植えの場合は、水はけが悪いようなら用土に腐葉土を混ぜ込んでおきます。
鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの一般的な配合土を使います。

植え替え

適期は2月~3月の芽出し前です。
鉢植えの場合は、生育旺盛で根詰まりを起こしやすいので、毎年植え替えを行います。
一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けを行って下さい。
庭植えの場合は、特に植え替えの必要はありませんが、株が大きくなったら株分けを行うことが出来ます。

切り戻し

5月~6月の間に、草丈の1/2~1/3程度の位置で切り戻してやります。
そうすることで、枝数が増えて秋にはたくさんの花を咲かせてくれます。
秋になって地上部が枯れ始めたら、5㎝程度の高さでバッサリと刈り取って下さい。

増やし方(株分け、挿し木、種まき)

株分け、挿し木、種まきで増やすことが出来ます。
種まきについては下記「種まき」の項目を参照ください。

株分け

適期は2月~3月の芽出し前です。
ノコンギクは地下茎を横に伸ばして増えていきます。
地下茎を掘り上げたら、土を落として株分けを行って下さい。

挿し木

適期は5月~6月です。
先端から7~8㎝程度に切り取った芽を挿し穂にします。
下の葉を取り除いて水揚げをしたら、挿し木用土に挿して下さい。
水を切らさないように明るい日陰で管理したら、1ヵ月ほどで発根します。

種まき

種の採取

花後に綿毛のついた種が出来ます。
種が熟すと綿毛が開くので、採取して下さい。
採取した種は実の詰まったものを選別し、湿らせた川砂などに混ぜて冷蔵庫の野菜室で保管します。

種まき

適期は2月頃です。
発芽温度は20℃前後で、覆土は5㎜程度。
水を切らさないように管理して発芽を待ちます。
順調に成長すれば、夏から秋に花を咲かせてくれます。

病気・害虫

うどんこ病

葉や茎に小麦粉をまぶしたような病変が現れます。
発生した場合は、殺菌剤で対処して下さい。
風通しの良い環境で育てることで、発生を抑制することができます。

アワダチソウグンバイ

セイタカアワダチソウ、ヒマワリ、キク科の植物に発生する害虫です。
葉に群生して吸汁します。
葉の表面に小さな穴が開いたり、白くかすれたように変色したら注意して下さい。
被害が大きくなると落葉することもあります。
発見し次第、薬剤で対処します。

-多年草・宿根草, 山野草
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.