ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草 一年草・二年草

コンボルブルスの育て方

更新日:

学名…Convolvulus
別名…セイヨウヒルガオ(西洋昼顔)
科名…ヒルガオ科
属名…セイヨウヒルガオ属(コンボルブルス属)
原産国…温帯から亜熱帯
花色…白、ピンク、青
草丈…10cm~60cm
日照…日なた
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:8 to 10

コンボルブルスの特徴

コンボルブルス

コンボルブルスの仲間は、世界の温帯から亜熱帯にかけて約200種の種が分布するヒルガオ科の植物です。
その形態は多岐に渡り、一年草から多年草、低木からつる性のものなど様々です。
コンボルブルスが属するセイヨウヒルガオ属の植物の多くは雑草ですが、花の美しい幾つかの種が観賞用に栽培されています。

コンボルブルスの花期は5月~7月中旬。
花径2~5cm程度のアサガオに似た漏斗状の花を咲かせます。
花の寿命は2~3日で、雨の日や夜など日が陰っている時は閉じています。
一つの花の短命ですが、花期の間、花は次々に開花します。
花色は白、ピンク、青、複色。

耐寒性は品種によりやや異なりますが、年間最低気温が-5℃以下になるような地域では防寒対策が必要です。
高温多湿な環境を嫌うため、水はけの良い環境で育てると夏越しも容易です。

コンボルブルスの主な品種

コンボルブルス・サバティウス(Convolvulus sabatius)

コンボルブルス

イタリア、北アフリカ原産のコンボルブルスで、最も普及しています。
這い性の常緑性多年草で、地面を這うように横に広がることから、ブルーカーペットとも呼ばれます。
花径2~5㎝程度の淡いブルーの花を咲かせます。
寒さにはやや弱い性質ですが、最低気温-3℃程度であれば対策無しで冬越し可能です。

コンボルブルス・アルタエオイデス(C. althaeoides)

コンボルブルス・アルタエオイデス

Photo credit: randihausken via Visualhunt / CC BY-SA

地中海沿岸部原産のコンボルブルスで、つる性の常緑多年草です。
花径3~5㎝程度のピンクの花を咲かせます。
葉は掌状で細かい切れ込みを持ったシルバーリーフで、繊細な印象です。
寒さには強い性質です。

コンボルブルス・トリカラー(C. tricolor)

コンボルブルス・トリカラー

地中海沿岸部原産のコンボルブルスで、サンシキアサガオ、サンシキヒルガオの別名を持つ一年草です。
名前の通り、花色は外側から中心に向かって青(紫)、白、黄色のトリカラーです。
一年草なので花後には枯れてしまいます。

コンボルブルス・クネオラム(C. cneorum)

コンボルブルス・クネオラム

スペイン、イタリア、クロアチアなどの沿岸地域に分布するコンボルブルスで、常緑性の小低木です。
草丈30~60㎝に成長し、花色は白。
葉は緑を帯びたシルバーリーフで、花の無い時期にもカラーリーフとしての観賞価値があります。
最低気温が-5℃を下回るような地域では冬越しの対策が必要です。

スポンサーリンク

コンボルブルスの育て方

コンボルブルスの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
乾燥気味の環境を好むので、さらに風通しが良い場所だと理想的です。

酸性土壌を嫌います。
土壌が酸性の場合は、用土にあらかじめ苦土石灰を混ぜて土壌を中和しておいて下さい。

冬越し

一年草タイプのものは秋になると枯れてしまいますが、多年草タイプのものは冬越しすることが出来ます。

寒さにはやや弱い性質ですが、暖地であればそのまま庭で冬越し可能です。
最低気温が-3℃程度であれば問題ありません。
-5℃以下になるような地域では対策が必要になります。
鉢植えの場合は、霜の当たらない暖かい場所に移動して下さい。
寒冷地では霜が降りだす前に鉢上げをして暖かい場所で管理して下さい。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
多湿な環境が苦手な性質です。
水のやりすぎには注意して下さい。

肥料

庭植えの、鉢植え共に、春と秋に緩効性化成肥料を置き肥します。
一年草のトリカラーは、春から花期の間、液体肥料を月に1~2回程度、施して下さい。

植え付け、植え替え

適期は春の4月~5月、秋の9月下旬~10月です。
直根性で移植を嫌います。
植え付け、植え替えの際は根を傷つけないように注意して下さい。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土やピートモスなどを混ぜて水はけの良い環境を作っておきます。

鉢植えの場合は、市販の山野草の培養土を使うと夏越しが容易になります。
一年草のトリカラーは花後に枯れるので、一般的な草花用培養土で問題ありません。

植え替え

多年草タイプのもので、根詰まりしているようなら植え替えを行って下さい。
庭植えの場合は、特に必要ありません。

増やし方(挿し木、種まき)

多年草タイプのものは挿し木、トリカラーは種まきで増やすことが出来ます。

挿し木

適期は5月~6月です。
茎の先端を切り取って挿し穂にします。
下葉を取り除き、水揚げをしてから挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して、発根を待ちます。

種まき

適期は4月~5月です。
暖地の場合は、秋の9月下旬~10月に蒔くことも出来ます。

移植を嫌う性質なので、種はポットにまき、覆土は種が隠れるくらいに5㎜程度。
発芽温度は20℃~25℃です。
水を切らさないように管理したら、7~10日程度で発芽します。
ポットに根が回ったら、根鉢を崩さないように注意して定植して下さい。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草, 一年草・二年草
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.