宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草

ムラサキツユクサの育て方

投稿日:

学名…Tradescantia × andersoniana
和名…ムラサキツユクサ(紫露草)
別名…オオムラサキツユクサ、アンダーソニアナ
科名…ツユクサ科
属名…ムラサキツユクサ属(トラデスカンチア属)
原産国…北アメリカ
花色…青、紫、ピンク、白
草丈…30㎝~80㎝
日照…日なた~半日陰
難易度…星
USDA Hardiness Zone:4 to 9

ムラサキツユクサの特徴

ムラサキツユクサ

ムラサキツユクサは、北アメリカに約20種が分布する多年草です。
花がツユクサに似ていることから「ツユクサ」の名前がありますが、ツユクサはツユクサ属、ムラサキツユクサはムラサキツユクサ属に属しており、別属の植物です。

主に栽培されるのは、オオムラサキツユクサの和名を持つバージニア種(Tradescantia  virginiana)、バージニア種にムラサキツユクサ(T. ohiensis)を掛け合わせて作出されたアンダーソニアナ(T. × andarsoniana)で、数多くの園芸品種が作出されています。
日本へは明治時代から昭和初期にかけて渡来しています。

花期は5月~7月。
3枚の花弁を持つ、花径2~5㎝ほどのツユクサによく似た花を茎の先に数輪咲かせます。
花は一日花ですが、花期の間はぽつぽつと数輪ずつ咲き続けます。
花は早朝から開花し、暑い晴れた日には早く萎み、曇りや雨の日には夕方まで咲いています。
花色は青、紫、ピンク、白。
基本は一重咲きですが、八重咲きの品種もあります。

▼白花のムラサキツユクサ

ムラサキツユクサ

茎は直立するものと横に伸びるものがあり、葉は細長く雨露を弾きます。
草丈は30㎝~80㎝で、どの品種も野の花の素朴な雰囲気を纏っています。
葉が黄色味を帯びる品種もあります。

▼葉色が黄色味を帯びる‘スイート・ケイト’

ムラサキツユクサ

暑さ寒さに強く、育てやすい植物です。
強健な性質で放任でもよく育ち、よく増えます。

スポンサーリンク

ムラサキツユクサの育て方

ムラサキツユクサの育て方

栽培環境

日なたから半日陰まで適応します。
半日陰でも問題なく花を咲かせますが、全くの日陰だと花付きが悪くなるので、一日数時間は日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し

耐寒性は高く、特に対策の必要はありません。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
多湿な環境が続くと根腐れを起こしやすいので、注意して下さい。

肥料

あまり多くの肥料を必要とする植物ではありません。
肥料が多いと、草丈が高くなり草姿が乱れます。

庭植えの場合は、ほとんど必要ありません。
鉢植えの場合は、春と秋に緩効性化成肥料を置き肥する程度で十分です。

植え付け、植え替え

適期は3月~4月、9月~10月です。

植え付け

庭植えの場合は、水はけが悪いようなら用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作ります。
さらに元肥として、完熟堆肥を混ぜ込んでおきます。
株間は30㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの配合土を使います。

植え替え

鉢植えの場合は、根詰まりを起こすと生育が悪くなるので、1~2年に一度、植え替えを行って下さい。
一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けを行います。

庭植えのでは特に必要ありませんが、増えすぎているようなら株分けを行って下さい。

切り戻し

花が一通り咲き終わったら、地際でバッサリと刈り取ると、草姿が整います。
時期が早ければ、もう一度花を咲かせます。
秋になって葉が枯れた場合も、地際で刈り取ります。
春になれば再び芽吹きます。
葉が枯れない場合も、伸びすぎた葉を刈り込んでおくと、草姿が乱れません。

増やし方(株分け)

株分けで増やすことが出来ます。

株分け

適期は3月~4月、9月~10月です。
掘り上げた株を切り分けて植え付けて下さい。

病気・害虫

気になる病害虫は特にありません。

-多年草・宿根草
-, , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.