宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

低木 庭木

ドウダンツツジの育て方

更新日:

学名…Enkianthus perulatus
和名…ドウダンツツジ(灯台躑躅)
科名…ツツジ科
属名…ドウダンツツジ属
原産国…日本、台湾
花色…白
樹高…0.5m~2m
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:6 to 8

ドウダンツツジの特徴

ドウダンツツジ

ドウダンツツジは、日本、台湾に分布する落葉低木の花木です。
日本では本州、四国、九州の温暖な岩山などに自生しています。

山などに自生しているドウダンツツジは、流通しているものに比べると葉が大きく、枝の出方も粗めです。
この違いは、品種改良によるものではありません。
野生種の中から小さな葉の優良個体を選抜したものが、現在流通するドウダンツツジです。

花期は4月~5月。
葉が出始めるころ枝先に、スズランに似たつぼ状の花を鈴なりに咲かせます。
花は長さ5~8㎜程度で、先が小さく5裂しています。
花色は白のみ。

▼ドウダンツツジの花

ドウダンツツジ

葉は楕円に近い倒卵形で先が尖り、枝先に輪生状に互生します。
秋には葉を赤く染めて美しく紅葉します。

▼ドウダンツツジの紅葉

ドウダンツツジ

耐寒性、耐暑性に優れており、育てやすい植物です。
剪定にも強く、高さや樹形のコントロールが容易なので、生垣にもよく用いられます。

スポンサーリンク

ドウダンツツジの育て方

ドウダンツツジの育て方

栽培環境

日当たりの良い場所が適しています。
半日蔭でも育ちますが、花付き、紅葉ともに悪くなります。
少なくとも半日程度は日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し、夏越し

日本に自生する植物なので、特に注意することはありません。
鉢植えの場合は、夏の間は、西日の当たらない半日蔭に移動して下さい。
用土が乾燥するのを防ぎます。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫ですが、夏場で乾燥が長く続くようなら水やりをして下さい。
鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと。
落葉期はやや乾燥気味に管理します。

翌年の花芽が作られる初夏から夏にかけて水切れをすると、花付きに影響します。
どちらの場合も、夏の水切れには注意して下さい。

肥料

庭植え、鉢植えともに、芽出し前の2月~3月と花後に、緩効性化成肥料や固形の油粕などを施して下さい。

植え付け、植え替え

適期は厳冬期を除く落葉期、芽出し前の3月~4月です。

植え付け

弱酸性土壌を好みます。

庭植えの場合は、用土に酸度無調整ピートモスや腐葉土を混ぜ込んでおきます。
さらに元肥として堆肥を混ぜ込んで植え付けて下さい。

鉢植えの場合は、赤玉土(小粒)5・腐葉土3・ピートモス(酸度無調整)2などの配合土を使います。

細い根を浅く広く張る性質があります。
深植えにならないように気を付け、植え穴は大きめに掘って下さい。
ぐらつくようなら支柱を立てます。

植え替え

鉢植えの場合は、根詰まりして鉢底から根が出ているようなら一回り大きな鉢に植え替えを行って下さい。

剪定

適期は花後の5月中旬~6月です。
ドウダンツツジの花芽は夏に作られます。
夏以降に剪定すると翌年の開花に影響するので、花が終わったらすぐに剪定を行って下さい。

剪定は必須ではありませんが、樹形を整えたり、樹高をコントロールする場合に行います。
花後に全体の樹形を整える剪定を行い、その後に伸びてきた徒長枝は、その都度切り戻して下さい。

増やし方(挿し木)

挿し木で増やすことが出来ます。

挿し木

適期は6月頃です。

穂木にはその年に伸びた新しい枝を使います。
2~3節分の長さに切り取って下葉を取り除きます。
水揚げをしたら挿し木用土に挿して下さい。
水を切らさないように明るい日陰で管理して発根を待ちます。

ドウダンツツジは酸性土壌を好みます。
挿し木用土には、小粒の鹿沼土単用か、鹿沼土と川砂の混合土を使って下さい。
成功すれば2カ月くらいで発根します。

病気・害虫

病気は特にありませんが、カイガラムシ、ハダニ、アダラムシが発生することがあります。
見付け次第対処して下さい。

-低木, 庭木
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.