サラサドウダンの育て方

学名…Enkianthus campanulatus
和名…サラサドウダン(更紗灯台)
別名…フウリンツツジ
科名…ツツジ科
属名…ドウダンツツジ属
原産国…日本
花色…複色(黄色・ピンク)
樹高…2m~5m
日照…半日陰
難易度…星
USDA Hardiness Zone:4 to 7

サラサドウダンとは

サラサドウダン

サラサドウダンは、日本に分布するツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木です。
分布域は、北海道南西部、近畿地方以東の本州、四国、九州にあり、深山の岩地などに自生しています。
美しい花を咲かせることから、観賞用として栽培されています。

サラサドウダンの花期は4月~5月。
花期になると、枝先に長さ2~3㎝の花序が垂れ下がり、5~10個の花を咲かせます。
花は長さ0.8~1.2㎝程度の長さの鐘形で、先端が浅く5裂しています。
花冠は黄白色~淡いピンク色で、特徴的な赤い筋が縦に入ります。

▼サラサドウダンの花

サラサドウダンの花

花柄は1~2㎝の長さで下垂します。
花が垂れ下がる様子から、フウリンツツジとも呼ばれます。

雄しべは10個。

▼サラサドウダンの花の中の様子

サラサドウダンの花の様子

花色の濃いものはベニサラサドウダン(Enkianthus campanulatus var. palibinii)と呼ばれます。

▼ベニサラサドウダンの花

ベニサラサドウダン

葉は長さ3~7㎝、幅0.7~1.5㎝の倒卵形で、互生し、枝先に集まって付きます。
葉の縁には細かい鋸歯があります。

▼サラサドウダンの葉の様子

サラサドウダンの葉の様子

分枝しながら樹高2~5mに成長します。

▼たくさんの花を咲かせるサラサドウダン

サラサドウダン

耐暑性が低く、暖地では育てるのが難しい木です。
耐寒性は高いので、冷涼な地域であれば簡単に育てる事が出来ます。
比較的成長が遅く自然に樹形が整うので、剪定の手間もそれほどかかりません。

サラサドウダンの近縁種であるドウダンツツジ属の植物は、世界に約12種が分布しています。
本種の他では、ドウダンツツジが庭木としてよく栽培されています。

サラサドウダンの育て方

サラサドウダンの育て方

栽培環境

半日陰で、水はけの良い環境が適しています。
耐暑性があまり高くないので、夏場の強い日差しが当たらないような場所で育てて下さい。

ツツジ科の植物なので、酸性土壌を好みます。
アルカリ性の土壌ではうまく育たないので注意して下さい。

冬越し

特に対策の必要はありません。

水やり

庭植えの場合は、乾燥が続くようなら水やりをして下さい。

鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

あまり多くの肥料を必要とする植物ではありません。

庭植えの場合は、春と秋に、油粕と骨粉を混ぜた肥料を施します。
鉢植えの場合は、庭植え同様、春と秋に固形肥料を施し、さらに花後にも肥料を与えます。

どちらの場合も、秋の肥料は少な目にします。
肥料が多いと、美しく紅葉しない場合があります。

植え付け、植え替え

適期は厳冬期を避けた落葉期です。

植え付け

酸性土壌を好みます。
アルカリ性の土壌ではうまく育たないので注意して下さい。

庭植えの場合は、根鉢の2~3倍の植え穴を掘ります。
用土に腐葉土をたっぷりと混ぜ込みます。
植え付け後はしっかりと水やりをし、棒などで突いて根と土を馴染ませます。
必要であれば、支柱を立てて下さい。

鉢植えの場合は、鹿沼土7・腐葉土3などの配合土を使います。

植え替え

鉢植えの場合は、2~3年に一度、植替えを行います。

剪定

剪定の適期は花後すぐです。

自然に樹形が整うので、大きな剪定は必要ありません。
混み合った箇所や徒長した枝を切り詰める程度に留めます。

増やし方(挿し木、取り木)

挿し木、または取り木で増やすことが出来ます。

挿し木

適期は5月下旬~6月です。

枝を2~3節程度の長さに切り取って挿し穂にします。
水揚げをしてから挿し木用土に挿して下さい。
挿し木用土には、鹿沼土(小粒)、または市販の挿し木用土を使用します。

水を切らさないように明るい日陰で管理して、発根を待ちます。

取り木

根を出させたい部分の枝の樹皮を、3~4㎝程度、ぐるりと剥ぎ取ります。
上下にナイフなどで切り込みを入れ、樹皮を取り除いて下さい。
湿らせた水苔を剥ぎ取った部分に巻き付け、ビニールなどで覆い、紐で固定します。

水苔が乾燥しないよう管理して、発根を待ちます。
多数の根が確認できるようになれば、切り離して植え付けて下さい。

病気・害虫

病気は特にありませんが、カイガラムシ、ハダニ、アダラムシが発生することがあります。
見付け次第対処して下さい。

-低木, 庭木
-,

© 2021 ガーデニングの図鑑