宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

ヒメヒオウギズイセン

学名…Crocosmia x crocosmiiflora
和名…ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)
別名…モントブレチア、クロコスミア
科名…アヤメ科
属名…ヒメトウショウブ属(クロコスミア属)
原産国…南アフリカ
花色…オレンジ色
草丈…30㎝~80㎝
日照…日なた~半日陰
難易度…星
USDA Hardiness Zone:6 to 9

ヒメヒオウギズイセンとは

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセンは、アヤメ科ヒメトウショウブ属(クロコスミア属)の多年草です。
ヒメヒオウギズイセンが属するヒメトウショウブ属は、サハラ以南のアフリカ、マダガスカルに約9種の原種が分布しています。
その中で、ヒオウギズイセン(Crocosmia aurea)とヒメトウショウブ(C. pottsii)から作出されたのが、本種ヒメヒオウギズイセンです。

ヒメヒオウギズイセンは、1880年に上述の2種の交雑によりフランスで作出されました。
強健な性質で、湿地から乾燥地まで様々な栽培環境に適応し、また繁殖力も旺盛です。
美しい花を咲かせることから広く普及していますが、世界各地で野生化して問題になっており、ニュージーランドなどでは侵略的外来種の指定を受けています。

日本には明治時代に導入され、同様に人家の周辺などで野生化しています。
球根で増えるほか、こぼれ種でもよく発芽し、よく増えます。
佐賀県では移入規制種として指定されており、栽培が禁止されています。

ヒメヒオウギズイセンの花期は6月~8月。
花期になると、葉の間から花茎を伸ばして花序を出し、花茎3~5㎝程度の花を咲かせます。
花序には花が左右交互に付き、下から上へと咲き進みます。
花は鮮やかなオレンジ色~橙赤色で、6枚の花被片を持ち、花被片の基部は合着して筒状となっています。

▼ヒメヒオウギズイセンの花の様子

ヒメヒオウギズイセンの花

雄しべは3個、雌しべの柱頭は3裂し、さらに先端で小さく2裂しています。

▼ヒメヒオウギズイセンの雄しべと雌しべ

ヒメヒオウギズイセンの雄しべと雌しべ

葉は長さ30~50㎝、幅1~3㎝程度の剣形です。
一つの球根から5~8枚の葉が出て付け根付近で重なります。
花を咲かせながら草丈30~80㎝程度に成長します。

▼ヒメヒオウギズイセンの株の様子

ヒメヒオウギズイセン

植えっぱなしでもよく育ち、よく増えます。
詳しい育て方については「クロコスミアの育て方」を参照下さい。

クロコスミア(モントブレチア・ヒメヒオウギズイセン)
クロコスミアの育て方

学名…Crocosmia 和名…ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙) 別名…モントブレチア 科名…アヤメ科 属名…クロコスミア属(ヒメトウショウブ属) 原産国…南アフリカ 花色…オレンジ、赤、黄、複色 ...

-多年草・宿根草, 野の花
-

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2019 All Rights Reserved.