宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草 山野草 水生植物

ハンゲショウ(半夏生)の育て方

更新日:

学名…Saururus chinensis
別名…ハンゲショウ(半化粧、半夏生)、カタシログサ(片白草)
科名…ドクダミ科
属名…ハンゲショウ属
原産国…日本、中国、フィリピン
花色…白
草丈…50cm~120cm
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:4 to 9

ハンゲショウ(半夏生)の特徴

ハンゲショウ

ハンゲショウは北海道を除く日本、中国、フィリピンなどに自生するドクダミ科の多年草です。
自生地は日当たりの良い湿地で、太い地下茎を伸ばして群生します。
古くから茶花として親しまれて来たハンゲショウですが、近年では、環境の変化から絶滅が危惧されている地域もあります。

ハンゲショウの花期は6月中旬~7月。
花期になると茎の頂部の葉の付け根から、花序を伸ばし小さな花を穂状に咲かせます。
花穂の長さは10~15㎝程度で花には花弁も萼片も無く、花自体は観賞価値の高いものではありません。

▼ハンゲショウの花

ハンゲショウ

葉は卵形で基部は心形になり、茎に互生します。
茎は分枝して草丈50~120㎝程度に成長します。
葉茎は傷がつくとドクダミのような匂いがします。

ハンゲショウの主な見どころは、この葉の花期の様子です。
花の咲く頃になると花穂のすぐ下の数枚の葉が、付け根の部分から先端にかけて白く変色します。
白い斑の面積はまちまちで、花が終わる頃には緑に戻ります。
群生している姿はとても風情があり、幻想的で美しいものです。

▼ハンゲショウの白い葉

ハンゲショウ

日本に自生している野草だけあって、耐寒性、耐暑性ともに高く強健な性質です。
冬には地上部を枯らせて宿根し、春に再び芽吹きます。
環境が合えば地下茎で非常によく増えます。

ハンゲショウの名前の由来

ハンゲショウを漢字で書くと「半夏生」または「半化粧」となります。

「半夏生」の名前は、夏至から11日目の7月2日を半夏生といい、その頃に花を付けることに由来します。
「半化粧」とは、花の咲く頃に葉の一部が白くなり、半分化粧をしたように見える事から付けられました。

ハンゲショウの葉が白くなる理由

花が咲く頃に葉が白くなり、花が終わると緑に戻る。
ハンゲショウの葉は不思議な性質をしています。

ハンゲショウの白い葉は、ドミダミの花の白い部分と同じ役割を果たします。
ドクダミの花の白い部分は、葉が変化した苞葉(ホウヨウ)と呼ばれるもので、花を目立たせ、昆虫を呼び寄せる役割があります。

▼ドクダミの花

ドクダミ

ハンゲショウの白い葉は、苞葉(ホウヨウ)になりきれていない葉だとされています。
花の下の数枚が白くなり花弁の役割を果たしています。
白い部分は葉の表側だけで、裏側は白くありません。
片側だけ白くなることから「カタシログサ」とも呼ばれています。

植物の葉が緑に見えるのは組織の中の葉緑体のためですが、ハンゲショウの白い葉の表側には葉緑体がありません。
花が受粉を終えると白い葉の役目は終わり、葉緑体が作られ葉は徐々に緑に戻ります。

スポンサーリンク

ハンゲショウ(半夏生)の育て方

ハンゲショウ(半夏生)の育て方

栽培環境

日当たりの良い、湿り気の多い場所が適しています。
半日蔭でも育ちますが、日当たりが良い方が白い斑が美しく入ります。

株元が少し水につかる状態でも育てることが出来ます。
また、水持ちの良い土壌なら庭植えにすることも可能ですが、池の周辺やビオトープ、水連鉢などで育てた方が乾燥の心配がなく、手がかかりません。

冬越し

日本の本州以南に自生する植物ですが、耐寒性はそこそこです。
強い霜が降ったり地面が凍るような寒冷地では、防寒対策をして下さい。

水遣り

乾燥を嫌い、常に土が湿っているような環境を好みます。

鉢植えの場合は、大きめの鉢に植え、受け皿に常に水が溜まっている状態を保って下さい。
庭植えの場合は、土が完全に乾いてしまわないように注意します。

肥料

庭植え、鉢植えともに、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込んでおきます。
追肥は春に、緩効性化成肥料か固形の油粕を土中に埋め込んで下さい。

鉢植えの場合は、その後、緩効性化成肥料を1か月に1回程度施します。
美しい斑入りの白い葉を出すためには、肥料が必要ですが成分には注意して下さい。
ハンゲショウは窒素肥料が過剰になると蕾を付けません。
蕾が付かないと白い斑も出ませんので注意が必要です。

植え付け、植え替え

適期は2月~3月です。

植え付け

鉢植えの場合は、荒木田土などの粘土質の重い土が適しています。
赤玉土などの一般的な土でも育ちますが、田んぼの土の方が生育が良いです。

植え替え

鉢植えで根詰まりしているようなら、株分けを兼ねて植え替えを行って下さい。
適期は2月~3月です。

土地が合っているとあっと言う間に繁殖します。
増えすぎた場合は間引いて下さい。

増やし方(株分け)

株分けで簡単に増やすことが出来ます。

株分け

適期は、芽を出す前の2月~3月です。
掘り上げた地下茎を切り分けて植え付けて下さい。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草, 山野草, 水生植物
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.