ツゲ

学名…Buxus microphylla var. japonica
和名…ツゲ(柘植、黄楊)
別名…アサマツゲ、コツゲ、ホンツゲ
科名…ツゲ科
属名…ツゲ属
原産国…日本
花色…淡い黄色
樹高…2m~9m
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:6 to 9

ツゲとは

ツゲ

ツゲは、日本に分布するツゲ科ツゲ属の常緑低木から小高木です。
分布域は関東地方以西から九州の山地にあり、主に石灰岩地や蛇紋岩地に自生が見られます。

ツゲは成長が非常に遅いため、材は硬く極めて緻密です。
そのため、繊細な彫刻を施す細工物、印鑑や櫛、ソロバンの珠や将棋の駒、数珠などの原料として使用されます。
また、枝葉が密に茂るため、生け垣などにも利用されています。

葉は対生し、長さ1~3㎝、幅0.7~1.5㎝の倒卵形で、先が小さく凹み、基部はくさび形となります。
鋸歯は無く、皮質で表面に光沢を持ちます。

▼ツゲの葉の様子

ツゲの葉の様子

ツゲの葉

幹は灰白色〜淡褐灰色で、古くなると樹皮に不規則な割れ目が入ります。
枝は多数分枝しながら、樹高2~9mに成長します。

花期は3月~4月。
雌雄同株で、葉腋に小さな黄色い花を束生します。
花序の中心には1個の雌花があり、その周りを数個の雄花が取り囲む形になっています。

▼ツゲの花の様子

ツゲの花の様子

雌花、雄花ともに花弁はありません。
雌花は舌状の花柱が3個、緑の子房、萼片6個から形成されています。
雄花には4個の雄しべがあり、萼片は4個です。

▼ツゲの雌花と雄花

ツゲの雌花と雄花

▼ツゲの雌花

雄花の雄しべは枯れています。

ツゲの雌花

花後には倒卵形の果実が実り、果実の先には雌しべの花柱が角のように残ります。
果実は熟すと3裂して中の種を出します。

▼ツゲの果実

ツゲの果実

本種はヒメツゲ(広義:Buxus microphylla)の変種(var. japonica)で、日本固有種です。
基本種であるヒメツゲは、日本の他台湾にも分布しています。

※ヒメツゲの名前は狭義では栽培種(var. microphylla)を指します。
栽培種のヒメツゲは、葉が長さ2㎝、幅5mm前後と、小さく細長いのが特徴です。

また、よく似た植物にイヌツゲがあります。
イヌツゲは本種同様に庭木として植栽される低木ですが、ツゲ科ではなくモチノキ科の植物です。
イヌツゲのことを「ツゲ」と呼ぶこともあるため、本種は「ホンツゲ」と呼ばれることもあります。

関連図鑑

-低木, 庭木

© 2020 ガーデニングの図鑑