宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

一年草・二年草

オシロイバナの育て方

投稿日:

学名…Mirabilis jalapa
和名…オシロイバナ(白粉花)
別名…ユウゲショウ(夕化粧)、フォー・オクロック
科名…オシロイバナ科
属名…オシロイバナ属(ミラビリス属)
原産国…熱帯アメリカ
花色…白、ピンク、赤、黄色、オレンジ、複色
草丈…50㎝~100㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:9 to 11

オシロイバナの特徴

オシロイバナ

オシロイバナは、熱帯アメリカを中心に約50種が分布する多年草です。
本来は多年草ですが、耐寒性が低く冬の寒さで枯れてしまうことが多いため、春に種をまいて夏に花を楽しむ春まき一年草として扱われています。
主に栽培されるのは、本種オシロイバナ(Mirabilis jalapa)と、ナガバナオシロイバナ(M. longiflora)です。
日本へは江戸時代に渡来し、一部が野生化して帰化しています。

花期は6月下旬~10月。
花径2㎝~3㎝の漏斗状の花を、花期の間途切れることなく次々と咲かせます。
花弁に見える部分はガクで、本来の花弁は退化してありません。
花は夕方4時頃から開き、翌朝の9時頃には萎んでしまう一日花です。
英名の「フォー・オクロック(Four-O'clock)」は、午後4時頃から咲き始めるこの性質に由来します。
花色は白、ピンク、赤、黄色、オレンジ、複色。
絞り咲きや咲き分けの品種は、花ごとに花色が微妙に異なります。
花にはほのかな香りがあります。

▼絞り咲き品種の花

オシロイバナ

葉は先が尖った卵型で対生します。

耐寒性はあまり高くありませんが、暖地であれば根が残って冬越しし、春に再び芽吹きます。
種からも容易に育てることができ、こぼれ種でもよく増えます。

オシロイバナの名前の由来

オシロイバナ

オシロイバナの種は、表皮が固くなる前につぶすと中から白い粉状の胚乳が出てきます。
この胚乳がおしろのようなことから「オシロイバナ」の名前が付きました。
この種や根には毒性があり、誤食すると腹痛や嘔吐、下痢を起こします。

オシロイバナの主な品種

オシロイバナ(M. jalapa)

オシロイバナ

絞り咲きや、咲き分け品種なども流通しますが、品種名のないものがほとんどです。
写真は咲き分け品種で、ピンクの花と白の絞り咲きの花が一株から咲きます。
一株から様々な花が咲くことから、「ペルーの不思議(Marvel of Peru)」という英名も持っています。

ナガバナオシロイバナ(M. longiflora)

ナガバナオシロイバナ

花筒が約10㎝程度と長い品種です。
花色は白のみです。

スポンサーリンク

オシロイバナの育て方

オシロイバナの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
この条件さえあれば、放任でもよく育ちます。
日当たりの悪い場所では生育、花付きともに悪くなるので、よく日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し

関東以西の平野部であれば、地上部が枯れても根が残り、春に再び芽吹きます。
秋になったら地上部を地際で刈り取って下さい。
冬越し中は水やりの必要はありません。

その他の地域では、根が球根のように肥大するので掘り上げて保管しておき、春に植え付けることも可能ですが、種を採取して春に種をまいた方が簡単です。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

やせ地でも育つ植物で、多くの肥料は必要ありません。

庭植えの場合は、極端なやせ地でない限り、肥料を施す必要はありません。
鉢植えの場合は、6月~9月の生育期の間、緩効性化成肥料か液体肥料を施します。

植え付け、植え替え

植え付け

適期は5月~6月です。

庭植えの場合は、水はけが悪いようなら、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土を使います。

植え替え

鉢植えの場合は、数年に一度植え替えを行うと生育が良くなります。
冬の休眠期に球根を掘り上げて、新しい用土で植え付けて下さい。

庭植えの場合は、植え替えの必要は特にありません。

切り戻し

大きくなりすぎた場合や、不要な枝は節の上で切り戻して下さい。

増やし方(種まき)

種まきで増やすことが出来ます。

種まき

適期は4月中旬~6月中旬です。
発芽温度が20℃~25℃と高いので、暖かくなってからまいて下さい。

直根性で移植を嫌います。
種は花壇に直まきするかポットにまいて下さい。
覆土は種が隠れるように5㎜程度。
ポットにまいた場合は、本葉が2~3枚程度になったら、根を傷つけないように注意して定植します。

病気・害虫

まれにアブラムシが発生することがあります。
発生した場合は、薬剤などで駆除して下さい。

-一年草・二年草
-, , , , , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.