ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

多年草・宿根草 一年草・二年草 ハーブ

マトリカリアの育て方

更新日:

学名…Tanacetum parthenium
和名…ナツシロギク、イヌカミツレ
別名…フィーバーヒュー
科名…キク科
属名…ヨモギギク属(タナセツム属)
原産国…西アジア、バルカン半島
花色…白、黄
草丈…20㎝~100㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:5 to 8

マトリカリアの|特徴

マトリカリア

マトリカリアは、西アジア、バルカン半島原産の多年草です。
原産地では多年草ですが、日本では夏の高温多湿の環境で枯れることが多いため、秋に種をまいて夏に花を楽しむ秋まき一年草(二年草)として扱われるのが一般的です。
葉には強い香りがあり、ヨーロッパでは古くからハーブとして庭に植えられてきた伝統的な植物です。
日本へは明治時代に渡来しました。

「マトリカリア」の名前でよく流通しますが、これは旧学名が定着したもので、現在ではタナセツム属に分類されています。
「フィーバーヒュー」はマトリカリアの英名で、ハーブとして流通するときはこの名前が使われています。
和名の「ナツシロギク」は夏に白い菊のような花を咲かせることに由来しています。

花期は5月~7月。
花径1㎝~2㎝の小さな花を、地面を覆うように分枝した枝先いっぱいに咲かせます。
花色は白の他、黄色。
一重咲きの他、八重咲き、中心の筒状花が退化したポンポン咲きなどの品種が流通しています。

▼ポンポン咲きのマトリカリア

マトリカリア

葉は切れ込みの深い羽状複葉で、葉の縁にクリーム色の斑が入る斑入り品種や、黄金葉の品種があります。
草丈20㎝~30㎝の矮性種から、切り花向きの高性種までバラエティに富んでいます。

高温多湿の環境が苦手で、暖地での夏越しは難しいです。
暖地では無理に夏越しさせるより一年草と割り切り、花後にできる種を採取して秋まく方が簡単です。
耐寒性はそこそこあり、暖地では特に対策なしで冬越し可能です。

マトリカリア(フィーバーヒュー)の効能

▼マトリカリアの葉

マトリカリア

マトリカリアは、古代ギリシャの時代から炎症や月経困難などの治療に効果がある薬として用いらてきた歴史があります。
1600年代には、頭痛に対する効能が知られるようになり、イギリスでは鎮痛剤として利用されていました。
近年では研究が進み、マトリカリアに含まれる有効成分パルテノライドに、偏頭痛の原因であるセロトニンの放出を抑制する働きがあることが、イギリスの医学誌に発表されています。
また、このパルテノライドには頭皮の血管の収縮を防ぐ効果があり、男性型脱毛症への効果も期待され、現在も研究が進められています。

有効成分が含まれる葉は乾燥させてハーブティーとして飲用しますが、とにかく苦みが強く、お世辞にもおいしいと言えるものではありません。
香りの強い他のハーブとブレンドすると、多少ではありますが飲みやすくなります。
良薬は口に苦しといったところでしょうか。

ちなみにマトリカリアの葉は生食すると、皮膚炎や口内炎を起こす可能性があるので注意して下さい。
乾燥葉には子宮を刺激する作用があるので、妊娠中の方も飲用することはできません。

スポンサーリンク

|マトリカリアの育て方

マトリカリアの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
夏越しを考えている場合は、できるだけ風通しの良い場所に植えますが、暖地では困難です。

酸性土壌を嫌います。
庭植えの場合は、あらかじめ用土に苦土石灰を混ぜて土壌を中和しておいて下さい。
連作障害を起こしやすい性質があるので、前年にマトリカリアを植えた場所には植えないようにして下さい。

冬越し、夏越し

冬越し

暖地の場合は、そのまま戸外で冬越し可能です。
そのほかの地域では、強い霜や寒さで枯れてしまうことがあるので、ビニールトンネルなどで防寒したり、苗や鉢植えの状態で冬越しさせて下さい。

夏越し

高温多湿の環境が苦手です。
長雨の時期は、風通しが良く、雨の避けられる軒下などに移動して下さい。
株が混み合っているようなら、枝を透かし、風通しの良い環境を作ります。

暖地の場合は、花後に枯れてしまうことが多いので、種を採取しておくと翌年も花を楽しむことが出来ます。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
乾燥気味の環境を好み、過湿な環境が続くと根腐れを起こします。
水のやりすぎに注意して下さい。

肥料

元肥として用土に少量の緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。
追肥は庭植え鉢植えともに、3月~5月、10月~11月の間に、月に1回程度、緩効性化成肥料を株元に置き肥します。

植え付け

適期は3月~4月、10月~11月です。

酸性土壌を嫌います。
庭植えの場合は、あらかじめ用土に苦土石灰を混ぜて土壌を中和しておいて下さい。
さらに腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作り、元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

花柄摘み

種を採取しない場合は、花柄をこまめに摘み取って下さい。

増やし方(挿し芽、種まき)

挿し芽と種まきで増やすことが出来ます。
種まきについては下記「種まき」の項目を参照下さい。

挿し芽

適期は6月~7月、9月~10月です。

株元から伸びる充実した新芽を挿し穂に使います。
3㎝~5節程度の長さに切り取って、水揚げをし挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して発根を待ちます。

種まき

種の採取

花後に種が出来ますが、種は細かく、そのままにしておくと零れ落ちてしまいます。
通気性のあるお茶パックなどの袋を花に被せて、種が熟すのを待って下さい。
花が完全に枯れたら花茎ごと摘み取って、種を採取して下さい。

種まき

適期は9月中旬~10月です。
寒冷地の場合は、春の3月~4月にまきます。
発芽温度は15℃~20℃です。

種が細かいので、播種箱かピートバンなどにまきます。
覆土は種が隠れる程度に薄く。
発芽後、本葉が2~3枚程度になったらポット上げして下さい。
ポットに根が回ったら定植します。

暖地では対策無し冬越し可能です。
その他の地域ではビニールトンネンなどで防寒をしたり、苗のまま霜の心配のない場所で冬越しをさせて下さい。

病気・害虫

アブラムシ

新芽や蕾にアブラムシが発生することがあります。
発生した場合は、薬剤などで駆除して下さい。

-多年草・宿根草, 一年草・二年草, ハーブ
-, , ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.