ガーデニングの図鑑

宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

一年草・二年草

ノースポールの育て方

更新日:

学名…Leucanthemum paludosum(Chrysanthemum paludosum)
和名…ノースポールギク
別名…レウカンセマム・パルドサム、クリサンセマム・パルドサム
科名…キク科
属名…フランスギク属(レウカンセマム属)
原作国…北アフリカ
花色…白
草丈…15㎝~30㎝
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:5 to 9

ノースポールの特徴

ノースポール

ノースポールは、北アフリカ原産のレウカンセマム・パルドスム種(Leucanthemum paludosum)を改良した園芸品種です。
サカタのタネが作出した品種で、1970年頃から市場に流通するようになりました。
「ノースポール」という名前は商品名ですが、種苗登録などがされていないため、現在ではレウカンセマムの代名詞として定着しています。
狭義ではサカタノタネの園芸品種を指しますが、広義ではノースポールを含むパルドスム種全体を指すこともあります。

パルドスム種は、アフリカのナイジェリアを中心に、ヨーロッパのスペインやポルトガルなど地中海沿岸域に広く分布するキク科の一年草です。
現在はレウカンセマム属(フラクスギク属)に分類されていますが、以前はクリサンセマム属に分類されており、その名残でクリサンセマム・パルドスムと呼ばれることもあります。

ノースポールの花期は12月~5月。
花期になると茎の頂部に、花径3㎝程度の頭花を咲かせます。
花は中心部分の黄色い筒状花と、花弁のように見える白い舌状花から成り、花期の間、次々と開花します。
冬の間はぽつぽつと開花しますが、春の最盛期を迎えると株が白い花で覆われます。
「ノースポール」の名前は、白い花で覆われた最盛期の様子を白銀で覆われた北極に見立てたものです。
花色は白のみ。
ノースポールよりやや花大きく、花径3.5~4㎝程度の花を咲かせるスノーランドという品種も流通しています。
こちらも花色は白花のみです。

▼ノースポールの花

ノースポール

葉は6㎝程度の長さで周囲に深い鋸歯を持ち、茎に互生します。
茎はよく分枝して花を咲かせながら成長し、草丈20~30㎝程度になり、株はこんもりと茂ります。

▼ノースポールの葉

ノースポール

耐寒性は比較的高く、通常は秋に種をまいて春に花を楽しむ秋まき一年草として扱います。
※寒冷地では春まきにします。
丈夫な性質で手間がかからず、こぼれ種でよく増えます。
冬から春にかけて花壇の定番の植物です。

スポンサーリンク

ノースポールの育て方

ノースポールの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。
半日蔭程度の日照でも育ちますが、徒長して花付きが悪くなります。
締まった草姿でたくさんの花を楽しむためには、よく日の当たる場所で育てて下さい。

冬越し

比較的耐寒性があり、関東以西の平地では戸外でそのまま冬越し可能です。
強い霜や寒風で葉が傷むことがありますが枯れることはありません。

寒冷地の場合は、強い霜や雪の心配のない場所で冬越しをするか、春に苗を植え付けます。

水やり

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。

肥料

庭植えの場合は、元肥として用土に緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。
追肥は10月~5月の間に、緩効性化成肥料を1か月に1回程度、置き肥して下さい。

鉢植えの場合も同様で、緩効性化成肥料を1か月に1回程度、置き肥して下さい。

植え付け

適期は3月~4月、10月~12月です。

植え付け(用土)

庭植えの場合は、用土に腐葉土や完熟堆肥を混ぜ込んで水はけの良い環境を作っておきます。
さらに元肥として、緩効性化成肥料を混ぜ込んで下さい。
株間は20㎝程度です。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。
60㎝コンテナに3~5株が目安です。

種まき

適期は9月~10月です。
発芽温度が15℃~20℃とやや低めなので、涼しくなってから種をまいて下さい。
※寒冷地では3月下旬~5月上旬が種まきの適期です。

種は播種箱やポットにまき、覆土は種が隠れる程度。
水を切らさないように管理し、播種箱にまいた場合は本葉が2~3枚程度になったらポット上げします。
ポットに根が回ったら定植して下さい。

増やし方(種まき)

種まきで増やすことが出来ますが、こぼれ種でもよく増えます。

種の採取

ノースポールの種は花の中心の黄色い部分にあります。
天気のいい日を選んで花柄を摘み取り、新聞紙などの上で数日間乾燥させて下さい。
乾燥させたら種を揉み出して採取して下さい。
採取した種は封筒などに入れて冷暗所で保管します。

種まきについては上記「種まき」の項目を参照下さい。

病気、害虫

ヨトウムシ、ネキリムシ

苗を植え付けた直後に発生しやすい害虫で、根や茎、葉を食害します。
夜行性のため、昼間は土の中に隠れています。
食害を見つけたら、株元を土を軽く掘り返すと潜んでいることがあります。
見つけ次第、捕殺して下さい。

アブラムシ

新芽や蕾に発生しやすい害虫です。
見つけ次第、駆除して下さい。

-一年草・二年草
-, ,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.