宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

多年草・宿根草 低木

コエビソウの育て方

投稿日:

学名…Justicia brandegeeana
和名…コエビソウ(小海老草)
別名…ベロペロネ
科名…キツネノマゴ科
属名…キツネノマゴ属
原産国…メキシコ
花色…赤、黄、白
樹高…30~100㎝
日照…日なた(夏は半日蔭)
難易度…星星
USDA Hardiness Zone:9 to 11

コエビソウの特徴

コエビソウ

コエビソウは、メキシコの熱帯地域に分布するキツネノマゴ科の常緑性低木です。
コエビソウが属するキツネノマゴ属の植物は、熱帯アメリカに約30種が分布しており、観賞用として世界の熱帯や亜熱帯地域で栽培されています。
現在では栽培を逸失したものが、アフリカのエクアドル、アメリカのフロリダ州で帰化しています。

日本で栽培されるキツネノマゴ属の植物は、本種コエビソウ(Justicia brandegeeana)のみです。
コエビソウは熱帯植物ですが、比較的耐寒性が高く、関東地方南部以南の平地であれば戸外での冬越しが可能です。
ただし冬場は寒さで落葉します。

「ベロペロネ」の名前ので呼ばれることがありますが、これは旧属名が流通名として定着しているもので、現在ベロペロネ属はキツネノマゴ属に統合されています。

コエビソウの花期は6月~10月。
※15℃以上の気温があれば、周年開花します。
花期になると、分枝した茎の先端に唇形花を咲かせます。
唇形花とは、筒状になった花の先が上下に分かれ、唇のような形をした花のことです。
花の下唇の内側には鮮やかな紫の斑点が多数あります。

▼コエビソウの花

コエビソウ

花は5㎝程度の長さがありますが、重なり合った苞の間から顔を覗けるため、目立つものではありません。
コエビソウの見どころは花自体ではなく、この苞です。
苞は茎の先端部分でうろこ状に重なり、美しく色付きます。
クリーム色の苞は日の光を受けることで、黄色からピンク、やがて深いサーモン色から赤へと変化していきます。
「コエビソウ」の和名は、このエビのように見える独特の形状の苞に由来しています。

▼色づいたコエビソウの苞

コエビソウ

葉は先の尖った楕円形で、茎に対生します。
樹高30~100㎝程度に成長し、よく茂ります。

熱帯植物としては耐寒性が比較的高い方ですが、寒さに強い訳ではありません。
関東地方南部以南の平地であれば戸外での冬越しが可能ですが、霜の当たらない場所が望ましい植物です。
また、自生地の熱帯地域では日陰で育つ植物のため、夏の強い日差しで葉焼けを起こします。
暖地、温暖地であれば庭植えも出来ますが、鉢植えで育てた方が季節の管理が容易です。

寒さと夏場の日差しに気を付ければ、病害虫の発生もほとんど無く、丈夫で育てやすい植物です。

コエビソウの主な品種

イエロー・クイーン(Justicia brandegeeana ‘Yellow Queen’)

コエビソウ イエロー・クイーン

淡い黄色に色付く苞が美しい品種です。

バリエガタ(J. brandegeeana ‘Variegata’)

斑入りコエビソウ

葉に不規則な白い斑が入る斑入り品種です。

スポンサーリンク

コエビソウの育て方

コエビソウの育て方

栽培環境

日なたから半日蔭の場所で育てることが出来ますが、半日蔭の場所では徒長し、花付きも悪くなります。
夏場の直射日光で葉焼けを起こしたしまうため、夏は強い日差しが当たらない場所で育てて下さい。

冬越し、夏越し

冬越し

関東地方南部以南の平地であれば戸外での冬越しが可能です。
何度も霜に当たると枯れてしまうので、霜の当たらない場所で冬越しをさせて下さい。
寒さで落葉しますが、枝が生きていれば春に再び芽吹きます。

心配な場合は、室内に取り込んで管理して下さい。
15℃以上の気温があれば、冬の間も花を咲かせます。

夏越し

鉢植えの場合は、強い日差しの当たらない半日蔭の場所に移動します。

水遣り

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫ですが、長く乾燥が続くようなら水やりをして下さい。

鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。
冬越し中の株はやや乾燥気味に管理します。

肥料

庭植え、鉢植え共に、生育期の5月~10月の間に、緩効性化成肥料を定期的に施します。
花期が長いので、肥料切れをさせないように注意して下さい。
鉢植えの場合は、花の多い開花期の間、液体肥料も併用します。

植え付け、植え替え

適期は4月~6月です。

植え付け

庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作って下さい。
さらに元肥として完熟堆肥を混ぜ込んでおきます。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの一般的な配合土を使います。

植え替え

根詰まりを起こすと生育が悪くなるので、鉢植えの場合は1~2年に一度、植え替えを行います。
根鉢を軽く崩して、新しい用土で一回り大きな鉢に植え替えて下さい。

庭植えの場合は特に植え替えの必要はありません。

摘芯

春に枝が伸びてきたら、先端の芽を摘んで摘芯をします。
枝数が増えて締まった草姿になり、花数も増えます。

剪定、切り戻し

枝が伸びすぎているようなら、適宜切り戻しをして下さい。
冬の寒さで枯れ込んだ枝は、株元から切り取って下さい。

花がら摘み

苞が変色して見苦しくなった場合は切り取って下さい。

増やし方(挿し木)

挿し木で簡単に増やすことが出来ます。

挿し木

適期は生育期の5月~9月です。

枝を5~10㎝程度の長さに切り取って挿し穂にします。
下の節の葉を取り除いて水揚げをしたら、挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して発根を待ちます。

病気・害虫

病害虫の発生はほとんどありません。

-多年草・宿根草, 低木
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2017 All Rights Reserved.