ハマヒルガオ

  • 学名…Calystegia soldanella (L.) R.Br.
  • 和名…ハマヒルガオ(浜昼顔)
  • 科名…ヒルガオ科
  • 属名…ヒルガオ属
  • 原産国…日本、朝鮮、中国、ヨーロッパ、アフリカ、南北アメリカ、オーストラリアなど
  • 花色…ピンク色
  • 草丈…つる性
  • 日照…日なた
  • 難易度…星
  • USDA Hardiness Zone:9 to 10

ハマヒルガオとは

ハマヒルガオ

ハマヒルガオは、日本、朝鮮半島、中国、アフリカ、ヨーロッパ、南北アメリカ、オーストラリアを中心に分布するヒルガオ科ヒルガオ属の多年草です。
日本では全土に分布しており、海岸の砂浜に生えています。


ハマヒルガオの花期は5月~6月。
花期になると、葉腋から花柄を伸ばし、漏斗形の花を咲かせます。

花柄は茎の下部では長く葉を超え、上部ではしばしば短くなります。
花は直径4~5㎝の淡いピンク色で、中央に5本の帯が入ります。

▼ハマヒルガオの花

ハマヒルガオの花

稀に白い花を咲かせるものがあり、シロバナハマヒルガオ(Calystegia soldanella f. albiflora)と呼ばれます。

▼シロバナハマヒルガオ

シロバナハマヒルガオ

雄しべは5個、葯は白色。
雌しべは1個、柱頭は2個。

▼ハマヒルガオの雄しべと雌しべ

ハマヒルガオの雄しべと雌しべ

苞は萼に接して付き、萼を包み込みます。

▼ハマヒルガオの萼と苞

ハマヒルガオの萼と苞

果実は球形の蒴果。
中には5㎜程度の黒い種子が入っています。

▼ハマヒルガオの果実

ハマヒルガオの果実

葉は互生し、長さ2~4㎝の腎形です。
厚く光沢があります。

▼ハマヒルガオの葉の様子

ハマヒルガオの葉の様子

白い地下茎を伸ばして増え、地表を這うように広がります。

▼広がり成長したハマヒルガオ

広がり成長したハマヒルガオ

関連図鑑

よく似た花を咲かせる植物にヒルガオ、コヒルガオ、セイヨウヒルガオがあります。
ヒルガオ、コヒルガオはハマヒルガオと同じヒルガオ属の在来種、セイヨウヒルガオはセイヨウヒルガオ属の帰化植物です。

セイヨウヒルガオ属の植物は観賞用として栽培されることもあり、コンボルブルスの名前で流通します。

-草本, 多年草・宿根草, 野の花