宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

ガマズミの育て方

学名…Viburnum dilatatum
和名…ガマズミ(莢蒾)
科名…レンプクソウ科
属名…ガマズミ属
原産国…日本、朝鮮半島、中国、台湾
花色…白
樹高…2m~6m
日照…日なた~半日陰
難易度…星
USDA Hardiness Zone:5 to 8

ガマズミとは

ガマズミ

ガマズミは、日本、中国、朝鮮半島、台湾に分布するレンプクソウ科ガマズミ属の落葉低木です。
日本では北海道から九州に分布しており、丘陵や山地の林内などに自生しています。
春の花、夏に色づく果実、秋の紅葉と四季折々の見どころがあり、世界でも栽培されている日本の花木の一つです。

ガマズミの花期は4月~5月。
葉の展開後、花期になると、分枝した短い枝先から花序を出し、小さな花を多数咲かせます。
花序は径4~10㎝程度の傘形~ドーム形で、花序には花が密に付きます。

▼ガマズミの花序の様子

ガマズミの花序

花は径5~8mm程度の大きさで、基部は筒状、花冠は5裂して平らに開きます。
5個の雄しべは花冠から長く突出し、雌しべは小さく突き出しています。

▼ガマズミの花の様子

ガマズミの花

花後には丸い果実が実り、果実は夏頃から赤く色づきます。
果実には強い酸味があり、果実酒に利用されることもあります。

▼ガマズミの果実

ガマズミの果実

葉は対生し、長さ3~13㎝、幅2~11㎝の倒卵形~広卵形~円形で、縁に鋸歯を持ちます。
枝を広げながら樹高2~6mに成長します。

▼ガマズミの葉の様子

ガマズミの葉

耐寒性、耐暑性共に高く、育てやすい花木です。
春の花、愛らしい果実、紅葉と観賞価値の高い樹木です。

ガマズミの近縁種

コバノガマズミ(Viburnum erosum)

コバノガマズミ

日本、中国、朝鮮半島、台湾に分布するガマズミの近縁種です。
日本では本州の福島県以西、四国、九州に分布しています。

ガマズミに比べると葉の幅が狭く、葉柄の付け根に線状の托葉があるのが特徴です。
ガマズミ同様に春の白い花、秋の赤い果実と紅葉を楽しむことが出来ます。
樹高2~4m程度に成長します。

ガマズミの近縁種

ガマズミが属するガマズミ属は、世界に約200種が分布しており、花の美しい幾つかの種が観賞用として栽培されています。
観賞用として栽培されるガマズミ属の植物には、本種の他以下のようなものがあります。

ガマズミの育て方

ガマズミの育て方

栽培環境

日なた~半日陰の水はけの良い場所が適しています。
基本的に日当たりを好みますが、暗い日陰でなければ、問題なく育ちます。
ただし、花付きは日照時間に比例します。

冬越し、夏越し

耐寒性、耐暑性共に高く、特に対策の必要はありません。

水やり

ほぼ降雨のみで大丈夫です。
夏場に長く乾燥が続くようなら水やりをして下さい。

肥料

あまり多くの肥料を必要とする植物ではありません。
生育に問題が無いようであれば、肥料は施さなくても大丈夫です。

やせ地で生育が遅いようなら、落葉期の1~2月頃に寒肥として固形の油かすなどを株の周辺に埋め込みます。

植え付け

適期は落葉期の11月~12月、2月下旬~3月です。

根鉢の2~3倍程度の植え穴を掘り、用土に腐葉土や堆肥などを混ぜ込んで水はけの良い土を作ります。
植え付け後はしっかりと水やりをし、棒などで突いて根と土を馴染ませて下さい。

必要であれば支柱を立てます。

剪定

自然に樹形が整うので、剪定の作業は必須というわけではありません。
樹形を乱す枝が出た場合や、樹高を抑えたい場合に剪定を行います。

剪定の適期は花後すぐです。

増やし方(挿し木)

挿し木で増やすことが出来ます。

挿し木

適期は梅雨時期の6月中旬~7月上旬です。

その年に伸びた枝を15㎝程度の長さに切り取って挿し穂にします。
葉を1/2程度の大きさにカットし、水上げをしてから挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して、発根を待ちます。

病気・害虫

風通しの悪い環境で育てていると、うどんこ病やカイガラムシが発生することがあります。
どちらも発生すると、完全な駆除が難しい場合があります。
風通しの良い環境で育てて、発生を抑制して下さい。

-低木, 庭木
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2019 All Rights Reserved.