宿根草・多年草、一年草・二年草の草花、庭木などガーデニング植物の特徴、育て方、増やし方などについて紹介しています。

ガーデニングの図鑑

低木 庭木

オオデマリの育て方

投稿日:

学名…Viburnum plicatum f. plicatum
和名…オオデマリ(大手毬)
別名…テマリバナ、テマリカ、ジャパニーズ・スノーボール
科名…レンプクソウ科
属名…ガマズミ属
原産国…日本、中国、台湾
花色…白、ピンク
樹高…2~3m
日照…日なた
難易度…星
USDA Hardiness Zone:5 to 8

オオデマリの特徴

オオデマリ

オオデマリは、レンプクソウ科ガマズミ属の落葉性低木です。
日本、中国、台湾に分布するヤブデマリ(Viburnum plicatum f. tomentosum)が手毬咲きになったもので、園芸品種だと考えられています。
※葉の形状からヤブデマリの変種であるケナシヤブデマリ(V. plicatum f. glabrum)から作出されたとする説が有力です。

オオデマリは日本では古くから栽培されている栽培種ですが、こちらが先に発見され学名「Viburnum plicatum」を命名されたため、その後に発見された原種であるヤブデマリは、学名上はオオデマリの一品種、あるいは変種ということになっています。

ヤブデマリは、日本では本州の太平洋側、四国、九州に、ケナシヤブデマリに北海道東部、本州の日本海側に分布しており、沢や水辺の林縁など、やや湿り気のある場所に自生しています。

▼ヤブデマリの花

ヤブデマリ

花序はガクアジサイに似ており、花のように見えるのは咢が大きく発達した装飾花と呼ばれるもので、雄しべと雌しべを持たないため、中性花とも呼ばれます。
本来の花は中央に密集している小さなもので、雄しべと雌しべを持つ両性花です。
オオデマリはこの両性花がすべて装飾花に変化した品種です。

オオデマリの花期は4月中旬~5月。
花期になると、分枝した枝の頂部に、径10㎝程度の花序を出し多数の花を咲かせます。
花序は花が密集してボール状になっており、花は径2~3㎝程度で花冠が不揃いに大きく5裂しています。

▼オオデマリの花の様子

オオデマリ

この花姿から、ジャパニーズ・スノーボール(Japanese Snowball)の英名を持ちます。
花色は基本種の白の他、ピンク。

▼ピンク色の花を咲かせるオオデマリ

ピンクのオオデマリ

葉は広卵形~円形で、縁に鋸歯があり、対生します。
葉の表面には葉脈に窪みがあり、くっきりとした陰影が美しく浮かび上がります。
枝は水平に伸び、樹高2~3m程度に成長します。

▼オオデマリの葉の様子

オオデマリ

耐寒性、耐暑性に優れており、丈夫な性質です。
自然樹形が美しく、剪定の手間もそれほどかかりません。
育てやすい花木です。

名前の似ている樹木にコデマリがありますが、コデマリはバラ科、オオデマリはレンプクソウ科で、全く類縁関係のない植物です。

オオデマリの主な品種

ロサケ(Viburnum plicatum f. plicatum ‘Rosace’)

オオデマリ ロサケ

Photo credit: Woffenden on Visual hunt / CC BY

新葉は銅葉で淡いピンク色の花とのコントラストが美しい品種です。
葉は後に暗緑色に変化します。

メリーミルトン(V. plicatum f. plicatum ‘Mary Milton’)

ピンクの装飾花が美しい品種です。
花は咲き進むに従って淡い色合いへと変化します。

他にも様々な品種が流通しています。

スポンサーリンク

オオデマリの育て方

オオデマリの育て方

栽培環境

日当たりが良く、水はけの良い環境が適しています。
日当たりを好みますが、強い乾燥が苦手な性質です。
夏場に株元まで強い西日が差し込んで乾燥しすぎるような場所では、葉焼けを起こしたり、花付きが悪くなるので注意して下さい。 

水平に枝を伸ばし、樹形は横に広がるので、植栽にはそれなりのスペースが必要です。

冬越し、夏越し

耐寒性、耐暑性ともに優れており、特に対策の必要はありません。

水やり

根付けば、ほぼ降雨のみで大丈夫です。
夏場に長く乾燥が続くような場合は、水やりをして下さい。 

肥料

寒肥として落葉期の11月~12月、お礼肥として花後に、固形の油粕や骨粉、または緩効性化成肥料を株元に施します。

植え付け

適期は厳冬期を避けた落葉期の11月~12月、2月下旬~3月中旬です。

腐植質に富んだ土壌を好みます。
根鉢の2~3倍程度の植穴を掘り、用土に腐葉土をたっぷりと混ぜ込み、さらに完熟たい肥を混ぜ込んでおきます。
植え付け後はしっかりと水やりをし、棒などで突いて根と土を馴染ませて下さい。

剪定

オオデマリの花芽は、7月以降に分化します。
剪定は花後すぐに行い、遅くとも6月中には終わらせて下さい。

自然樹形の美しい木で、それほど剪定を必要としません。
不要な枝や徒長枝を基部から切り落とします。
古くなった枝は花付きが悪くなるので、新しい枝を残して切り落とします。

増やし方(挿し木)

挿し木で増やすことが出来ます。

挿し木

適期は5月~6月頃です。

穂木にはその年に伸びた新しい枝を使います。
枝を5~10㎝程度の長さに切り取って、葉を1/2程度の大きさにカットします。
水揚げをしたら、挿し木用土に挿して下さい。
明るい日陰で水を切らさないように管理して発根を待ちます。

病気・害虫

まれにアブラムシが発生することがあります。
発生した場合は、薬剤などで駆除して下さい。

-低木, 庭木
-,

Copyright© ガーデニングの図鑑 , 2018 All Rights Reserved.